JTマーヴェラス

2017/18V・プレミアリーグ ファイナル 久光製薬スプリングス戦結果

2017/18V・プレミアリーグ ファイナル 久光製薬スプリングス戦をご紹介しています。

スコア

3月10日(土) 日本ガイシホール(愛知)
JTマーヴェラス
久光製薬スプリングス
JTマーヴェラス 0 9 -25
20-25
21-25
3 久光製薬スプリングス
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
118 39 9 33.1% アタック 104 50 3 48.1%
22 10 2 45.5% (内バックアタック) 3 0 0 0.0%
- 2 - 0.67本 ブロック - 8 - 2.67本
51 1 2 7.8% サーブ 74 3 4 9.1%
- - - 52.1% サーブレシーブ - - - 61.5%
  • 出場メンバー

    第1セット
    9
    ミハイロヴィッチ
    7
    田中(美)
    3
    奥村



    1
    芥川
    11
    目黒
    2
    田中(瑞)

    (10)
    井上
    (12)

    L小幡
    第2セット
    9
    ミハイロヴィッチ
    7
    田中(美)
    3
    奥村


    (12)

    1
    芥川
    11
    目黒
    2
    田中(瑞)
    (4)
    橘井
    (10)
    井上

    L小幡
    第3セット
    9
    ミハイロヴィッチ
    7
    田中(美)
    3
    奥村


    (4)
    橘井
    1
    芥川
    11
    目黒
    2
    田中(瑞)

    (10)
    井上

    L小幡
  • マッチレビュー

    ファイナル第1戦は黒星。勝負は次戦東京大会へ

    「2017/18V・プレミアリーグ」ファイナル第1戦名古屋大会。JTマーヴェラスは、ファイナル3勝者・久光製薬スプリングスとの決戦に挑みました。

    第1セット、JTマーヴェラスはミハイロヴィッチのスパイクで先制するも、直後に連続4失点を喫します。吉原監督が早くもタイムアウトを取り冷静さを取り戻そうとしますが、タイムアウト明けにも連続6失点を喫するなど、2回目のテクニカルタイムアウト時には5-16と大量リードを許します。JTマーヴェラスはミハイロヴィッチにボールを集めて追い上げを試みますが、最後まで相手チームの勢いは収まらず、9-25で第1セットを奪われます。

    第2セットも序盤から相手チームの勢いは変わりません。JTマーヴェラスはミハイロヴィッチ、目黒らの必死の攻撃で食らいつきますが点差を縮めることができません。橘井のサーブで相手レシーブを崩し奥村の速攻が決まった16-18の直後も相手チームにサイドアウトを許すなど連続ブレークができないJTマーヴェラス。最後は相手の速攻が決まり20-25で第2セットも奪われ後がなくなります。

    第3セット、序盤は互いに連続得点を取り遭う展開となりますが、JTマーヴェラスはミハイロヴィッチ、目黒の活躍で8-7とこの日初めて1点差を付けてテクニカルタイムアウト迎えます。タイムアウト明けから中盤にかけては一進一退の展開が続きます。田中(瑞)のブロックポイントで17-14と3点差をつけた場面で相手チームがタイムアウトを取ります。するとタイムアウト明けに連続5失点を喫するなど一気に相手チームに流れが傾きます。JTマーヴェラスはミハイロヴィッチの巧みな技で食らいつこうとしますが、相手チームの勢いに負け、21-25でこのセットも奪われます。

    序盤は緊張から自分たちのバレーボールを展開できなかったものの、全員バレーで徐々に相手チームに追いついてきたJTマーヴェラス。次戦3月17日(土)東京大会では、この試合の課題を修正し、“何がなんでも日本一”を狙います。
  • コメント

    吉原知子監督

    試合の方は残念な結果に終わってしまいました。相手の堅いディフェンスを崩すことができず、展開が後手後手にまわってしまったことが敗因だと思います。
    1週間準備する時間があるので、気持ちを切り替えて必ず来週チャンスをものにしたいと思います。
    本日も会場を埋め尽くす応援、本当にありがとうございました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス