第67回黒鷲旗 決勝トーナメント準々決勝 日立リヴァーレ戦結果

第67回黒鷲旗 決勝トーナメント準々決勝 日立リヴァーレ戦の結果をご紹介しています。

スコア

5月3日(木・祝) 丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)
JTマーヴェラス
日立リヴァーレ
JTマーヴェラス 3 25-15
25-17
25-20
0 日立リヴァーレ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
106 40 5 37.7% アタック 113 33 9 29.2%
10 5 0 50.0% (内バックアタック) 10 2 3 20.0%
- 7 - 2.33本 ブロック - 4 - 1.33本
73 4 6 9.6% サーブ 54 3 7 4.2%
- - - 65.2% サーブレシーブ - - - 50.0%
  • 出場メンバー

    第1セット
    6
    金杉
    18
    橋本
    12



    4
    橘井
    13
    小川
    7
    田中(美)



    L小幡
    第2セット
    6
    金杉
    18
    橋本
    12



    4
    橘井
    13
    小川
    7
    田中(美)

    (17)
    木村

    L小幡
    第3セット
    6
    金杉
    18
    橋本
    12



    4
    橘井
    17
    木村
    7
    田中(美)



    L小幡
  • マッチレビュー

    いよいよ決勝ラウンド。準々決勝はストレート勝利で完勝!

    第67回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会準々決勝。JTマーヴェラスは、V・プレミアリーグでも対戦経験のある日立リヴァーレと対戦しました。

    第1セット、JTマーヴェラスは金杉のアタックで1点先取すると序盤から相手チームを圧倒します。林のアタックでブレークポイントを取って7-3とした後から一進一退の場面が続きますが、橘井のアタック、小川のブロックなどで連続3得点を挙げ14-10と4点差をつけて中盤を迎えます。その後も林のアタックが決まり18-12とした場面から連続4得点を挙げ22-12と大差をつけます。相手チームもサービスエースなどで食らいつこうとしますがJTマーヴェラスがそのまま押し切り、25-15で1セット目を先取します。

    第2セット、第1セットの勢いそのままに序盤から連続4得点を挙げ4-0とします。その後も金杉が攻守にわたる活躍で連続5得点を挙げJTマーヴェラスが9-4と序盤からリードを広げます。中盤は一進一退の攻防が繰り広げられますが、流れを呼び戻したのは金杉。金杉のアタックが決まり15-12とした場面から連続3得点。その後も金杉の強烈アタックが決まるなど、24-16と大差でセットポイントを取ります。最後は途中交代の木村の速攻が決まり25-17でこのセットも勝ち取ります。

    第3セット、序盤は拮抗した展開が続きます。このセットも金杉がチームに勢いを引き寄せます。相手チームに得点を許し10-10と同点にされた後に金杉のアタックなどで連続4得点を挙げ14-10。その後は相手チームに得点を奪われてもサイドアウトを重ね、17-15の場面から連続3得点を挙げ20-15。終盤も金杉のアタックで得点を重ねたJTマーヴェラスが25-20でこのセットも勝ち取り、準決勝進出を決めました。
  • コメント

    吉原知子監督

    黒鷲旗も4日目に入り、選手たちも疲労が溜まってきているはずですが、それを感じさせないプレーを選手たちはしてくれました。相手の強力な攻撃に対してのブロックとレシーブが機能し、うまく攻撃を展開することができました。
    明日は粘り強い相手ですが、こちらもディフェンスで粘り負けせずに戦っていきたいと思います。
    今日はたくさんのご声援、ありがとうございました。

    橘井友香選手

    今日の試合では、長いラリーの中でも自分たちの武器でもあるディフェンスが機能し得点に結びつくことができました。まだまだ修正しつつ残りの試合も頑張っていきたいと思います。引き続き、応援のほどよろしくお願いします。
JTマーヴェラス