芥川愛加選手のインタビュー

JTマーヴェラスのミドルブロッカー、芥川愛加選手のインタビューです。

バレーボールだけが唯一自分を表現できるもの

「バレーボールってすごく面白そうだな」って

バレーボールに興味を持ったきっかけは、小学生のときにテレビで見た日本代表の試合です。ちょうどユウさん(大友愛さん/元JTマーヴェラス)が活躍していたときで。ほかにも、菅山さん(菅山かおるさん/元JTマーヴェラス)や大山さん(大山加奈さん/元日本代表)、栗原さん(栗原恵選手/日本代表)やチエさん(吉澤智恵さん/元JTマーヴェラス)もいて、「バレーボールってすごく面白そうだな」って。
それで、中学校に入ってからバレーボール部に入部したんです。私の通っていた中学校は、いろいろな小学校から生徒が集まってきていたので、部活動もたくさんあったんです。小学6年生で168cmあった私は、身長が高かったのでいろいろな部活動から誘われたんですけど、やっぱり「バレーボールをやりたい」と思って。

でも、入ってみたら、まず、オーバーパスですごく苦戦しました。ほかの小学校からきた子たちは、ほとんどがバレーボール経験者だったので、オーバーパスやスパイクができる子が多かったんです。自分と同じような初心者は数人しかいなくて、その中でも私は下手な方で。パスも全然できなくて、身長だけは高いみたいな……。だから、家に帰ってから、お父さんとパスの練習をしていました。早くみんなに追い付きたいという想いがあって。それに、楽しかったです。新しいことをするときってすごく楽しいと思うタイプなので。

そうやって練習していたせいか、1年生のときから――3年生が抜けたくらいのころからですけど、下手なのにレギュラーで試合に出してもらえるようになりました。ただ、ブロックだけできるという感じで……。スパイクもAクイックしか打てませんでしたけど(笑)。今でもそうなんですけど、高いオープントスを打つよりは速攻を打つほうがよかったんです。だから当時は、「速攻だけ入れ」って先生に言われていました。速攻ばっかり練習していましたね。たまにレフトに入ったりもしましたけど、基本的にはそのときからミドルブロッカーです。

3年生の中に自分だけ2年生という状態で――

中学校では、毎年、顧問の先生が変わっていて、バレーボール未経験の先生が顧問だったこともあったんです。だからちゃんと教えてもらった経験がなくて、「あんまり技術が上がんないな……」と思っていたんです。そんな中、熊本県の選抜チームに選ばれて。普通は3年生が選抜されるんですけど、自分は2年生で選ばれたんです。でも、全然プレーはできていなかったから、身長で選ばれたんだと思うんですけどね(笑)。3年生の中に自分だけ2年生という状態でしたが、そこで熊本県内トップの先生たちに、バレーボールの基礎やブロックのやり方などを教えてもらえたんです。それが、自分のチーム(=中学校)に戻ったときにすごく生かされて。早くに選抜メンバーに選ばれたから、中学1年生からバレーボールを始めたわりには、早く上達できたんだと思います。

そのときの選抜チームは、県内でも上位の中学校にいる先輩たちばかりがいたんです。松浦さん(松浦寛子選手/PFUブルーキャッツ)をはじめ、本当にみんなうまい人たちばかりでした。中学校のチームでは主将を務めていたんですけど、土日は選抜チームでいろいろな県へ練習試合に行っていたので、そのときは中学校のチームは主将不在で練習していて。それは申し訳ないなと思っていました。でも、選抜チームでいろいろと経験して、自分がうまくなれば、中学校のチームも強くなるかもしれないと思って。とにかく、信頼される選手になりたかったんです。本当に無我夢中でやっていました。

「いつかはトップになりたい」っていう気持ちが強くなったんです

中学時代の3年間はいろいろと大きかったですね。心の変化じゃないですけど。私は恵まれた環境を与えられたと思っています。中学校からバレーボールを始めて、2年生のときに熊本県の選抜チームに入れてもらえて。やはりそれがあったから、高校は東九州龍谷高校(大分県中津市)に進むことができたと思っています。今振り返ると、一つ一つが「これがなかったら、こうなれていないよなー」と思うことがあります。

例えば、中学3年生のときに、日韓交流戦のメンバーに選ばれたのもそうですね。そこでは、長岡望悠(選手/久光製薬スプリングス)とか栄絵里香(選手/デンソーエアリービーズ)とかとも一緒にやっていたんです。いわば、中学生の日本代表じゃないですか。そういうチームにも選ばれたことで、夢じゃないですけど、「いつかはトップになりたい」っていう気持ちが強くなったんです。

この3年間は、自分の中学校の仲間、熊本県選抜チームの仲間、日韓交流戦の仲間と、いろいろな仲間とやれて、いろいろな考え方を知ることができて、その中で「こういう風にやっていたらトップになれるんだ」と思ったんです。それに、選抜チームで全国大会に行ったときなどは、自分たちよりももっともっと強いチームを見て、「自分たちも日本一になりたい。もっともっと強くなりたい」という想いが強くなったんです。
だから高校は、東九州龍谷高校に行きたいと思ったんです。そうしたら、長岡と栄も東九州龍谷高校に行くと聞いて。「彼女たちとまた一緒に、3年間バレーボールができる」と思い、本当にうれしかったですね。

何よりもバレーボールで負けることのほうが悔しかった

高校と中学校で変わったことは、寮生活になったことですね。ホームシックになることはなかったんですけど、寮生活はいつでも気を遣わなくてはいけない環境ですよね。一人部屋とはいえ、先輩も同級生も後輩も、みんな同じ屋根の下で生活しているので、常に人の目がありますから。だから、自分勝手な行動はできない。本当に、高校でも上下関係をはじめ、礼儀について、さらに学びましたね。
東九州龍谷高校には伝統的なきまりがいくつかあるんですよ。髪を短くするとか。それまではそんなに短くしたことはなかったので、髪を切るのは勇気というか覚悟がいりましたね。でも、全然苦ではなかったです。それよりもバレーボールで負けることのほうが悔しかったし。本当に濃い高校生活でした。

高校では入学と同時にレギュラーでした。でも、速いバレーボールに全くついていけなくて。それまで、自分は結構スピードのある選手だと思っていたんですけど、周りはもっと速かったですね。それに、1年生のときはケガなどが多くて……。なかなかコンディションが整わないことが多かったです。
3年生が引退して新しい代になったとき、ちょうど九州大会があったんですけど……。実は、すごくコンディションを崩していたのに、試合に出続けたんです。
そのときに実感したんですよね。こういう状況でも、私は試合に出場しなければいけない選手なんだって。自分は必要とされている人間なんだって思ったんです。それだったら本当に頑張らなければいけないと、責任感が芽生えたというか、気持ちが固まったというか。
そこからは、変わりましたね。ケガや病気などでコンディションを崩すことはほとんどなくなりました。

春高バレーで優勝しても、目標を失うことはなかった

私たちは毎年、一つ大きな目標を立てるんです。例えば“3冠”とか。だから、たとえ春高バレーで優勝しても、その余韻に浸りすぎて目標を失うことはなかったです。目標への通過点にすぎないというか、すぐに次の大会へ意識を移していました。
私たちのモットーは、相手に関係なく、いつでも“自分たちのバレーボールがいかにできるか”ということでした。もちろん、相手チームの対策も練りますけど、それよりも“自分たちのリズムをいかに作れるか”ということをメインにしていたんです。

「天皇杯・皇后杯」や「黒鷲旗」でVリーグのチームと対戦することもありました。もちろん、ドキドキしたり、弱気になったことが全くないわけではなかったですけど、日々の練習が自信につながっていたというか。苦しい練習をかなりこなしてきていたんで、「あの練習をしたから大丈夫」「自分たちを信じればいける」という想いがあったんです。誰が決めても1本決まればみんなで喜ぶ。フィニッシュした人だけが決めた点じゃなくって、レシーブをした選手、トスをした選手、おとりで入った選手など、1本を決めるのに手を抜く人間は一人もいないから、“1点はチームの1点”だったんです。そして、もちろん“一人のミスはみんなのミス”。そういうことをみんなが分かってやっていたし、それがチームに浸透していたんですよね。
それに、誰かが調子が悪かったら、他の選手がカバーすることも当たり前だったんです。だから、調子が悪い人もそこまで落ち込まずにすむし、心強い。そういう、カバーし合える環境でしたね。

絶対に負けられなかった

思い出に残っている試合は、3年生のときの国体。神奈川との準決勝です。その試合、第5セットにリードされている場面で、エースの長岡がサーブをミスしてしまったんです。それは、試合の流れを左右するくらいの大きな1点でした。だから、誰もが私たちが負けると感じていたと思います。でも、私とセッターの栄が「絶対に行こう」って。言葉を交わしたわけではないんですけど、目で合図ですね。長岡が落ち込まなくてもいいように。ここで1本決めれば、長岡の気持ちは楽になると思って。それで、私が思いっきり速攻に入って、それが決まったんです。まあ、このタイミングで真ん中を使おうと思う栄の度胸もすごいんですけどね(笑)。次に1点を取られた後も、栄はまた私を使ったんです。それで流れが変わって逆転勝ちしたんです。その試合が私たちの代で唯一苦しかった試合で。優勝したわけでもないのに、終わった後、泣いちゃいました。

実は、一つ上の代は地元の大分国体で負けてしまって、目標である3冠を達成できなかったんです。私もそのとき試合に出ていたので、私にも責任の一端はあるんです。だからこそ、この試合は絶対に負けられなかったんですよ。

世界に通用するためには――

ユースやジュニアの代表に選ばれて、国際大会も経験し、アジア大会では、ユースのときもジュニアのときも優勝しました。特に、1年生のときにユースで出場した大会では、同じアジアのチームでもいろいろなプレースタイルがあることや、大きくて体格も違うチームと戦って勝つためには、“日本はこういうバレーボールをしなくちゃいけない”ということを教わりましたね。海外の選手と触れ合って、世界を見ることができて勉強になりました。自分たちと同年代の各国の選手たちは、「こういうレベルでこういうことができるんだ」って思って。世界に通用するためには、もっと速い攻撃をしなければいけないということや、ブロックとスパイクだけができればいいのではなく、もっといろいろなことが上手くならなければいけないとも思いました。いろいろ気付かされましたね。世界にはもっと背の高い人も、もっとうまい人もいる。高校で1位になったからってそれでいいわけではなく、世界を目指すためにはどうしなければいけないかなど、みんなともよく話をしました。

ジュニアのときもコトエさん(井上琴絵選手)をはじめ、最高のメンバーで戦えたんです。それで中国に勝ったり。日本に帰ったら学校が違うからみんな別のチームなのに、本当にチームとして一丸となれたというか。そういうのがすぐできる選手たちの集まりというか。今でもコトエさんと「あのチームでまた戦いたいよね」って話すこともあるんですよ。

一つずつチャレンジしながら自分のスタイルを見付けていくことが楽しい

もともと、JTマーヴェラスに入りたいと思っていたんです。高校の先輩がいたことも大きいし、よくJTマーヴェラスの体育館を借りて合宿をしていて、環境や雰囲気がいいと思って。ただ、入ってみて、いろいろと苦戦したところはありますね。最初のころは本当にひどかったと思います。高校時代は、東九州龍谷高校のスタイルである、スピードバレーの精度を上げていくことを追及していたけれど、JTマーヴェラスではそうではないので。Vリーグのチームというのは、選手それぞれのスタイルがあって、それをいかに最大限に発揮していくかだと思うんです。それが合わさってチームのスタイルになるというか。そういう面で、自分のスタイルを確立するのに時間がかかりましたね。セッターとのコンビネーションや速攻に入るタイミングもそうですし、常によい状況で打てるわけでもない。これまで自分が得意としていたプレーが通じない場合もあるわけですしね。でも、自分のスタイルが定まってきたり、いろいろなタイプのセッターやサイドプレーヤーとのコンビネーションなど、一つずつチャレンジしながら自分のスタイルを見付けていくことは楽しいです。

最初は、同級生がいない中で自分一人でやっていけるかなって思ったりもしました。チエミさん(千葉智枝美さん/元JTマーヴェラス)は同期なんですけど、年齢が違ったので……。でも皆さんが優しく接してくれて。いつでも集まってワイワイやれるし、ここに来てよかったなって本当に思います。

入部したての2010年は、日本代表のメンバーに選ばれたにもかかわらず、ケガをしてチャンスを逃しました。でも、きっとまだ“そのとき”じゃなかったんだと思うようにしています。あのときは、疲労骨折が見つかったことで、逆に長くプレーをできるように治療に専念できましたし。そのシーズンは半年間くらいプレーをしていないんですけど、トレーニングを続けていった結果、基礎体力をつけられたので。

もちろん、落ち込んでいた時期もありましたよ。みんながインドネシアに遠征に行っている間、私はお留守番だったんですよ。会話をする人もいないし、いつも松葉杖をついて歩かなければいけないし、松葉杖が取れるまでがすんごい苦痛でした。みんなに「大丈夫?」って聞かれても「大丈夫です!」って答えていたんですけど、ちょっと暗い人でした(笑)。でも、松葉杖が外れてからはいろいろな人と出掛けたりして、気分転換になりました。もともと、インドア派じゃないので……。松葉杖が取れてからは、楽しい日々に戻りました(笑)。

自分のできることを精一杯しなくっちゃって

バレーボールを始めるきっかけになった世界大会でユウさんを見て以来、ユウさんは憧れの選手ですね。まさか、自分も同じポジションをするとは思っていなかったし、同じチームになるとも思っていなかったので、最初は緊張していました。やっぱりユウさんは、すごくお手本になるミドルブロッカーです。一緒のチームにいられることは、本当に恵まれていますよね。いろいろなことを目で見て、肌で感じて、勉強になることはたくさんあります。それに、直接教えてもらえますからね。ユウさんには、今まで積み上げてきたものがあるわけで、そういうのを聞いていく中で、自分も「それを参考にしてみたいな」と思うことがたくさんあります。やはり、お手本になる選手がいるってすごくうれしいです。

それに、テンさん(竹下佳江さん/元JTマーヴェラス)と同じチームということも大きいですね。日本を代表するセッターでもあるし、やはり世界と戦ってきている人だし、そういう人のトスを打てるということはすごく光栄なことだと思います。「ほかのセッターの人ならこうすると思うけど、テンさんならこうするんだ」って思うことは多いです。やっぱり違うなって。それに絶対に言い訳をしない方(かた)ですし、そういうところを見習わなくちゃいけないと思います。自分のできることを精一杯しなくっちゃって。本当に見ているだけでも勉強になることはたくさんありますね。

バレーボールができることがすごく楽しくて

私は人に勝るものはないんですけど、私にとって、バレーボールだけが唯一余計なことを考えたりせずに取り組めるというか、自分を表現できるものだと思うんです。プレーの中での表情だったりとか、楽しんでバレーボールをしたり、ときには苦しんでやるときもありますけど、そういう自分の感情を唯一表現できるものがバレーボールなんです。今まで生きてきた中で、まだ半分もバレーボールをしていないけれど、スポーツを通してでしか学べないこともあるわけじゃないですか。本当、ここまでスポーツをしていて、それを職業にできる人間になれてよかったと思います。この道を歩いて来られてよかったなと。
バレーボールをできることがすごく楽しくて、例えば速攻が決まらなくても、苦痛ではないんです。“それを次にどう自分が決めるようになるか”と考えることが次のステップにつながって楽しいし、またそれができるようになったら、自分のものになったらうれしい。そういうことがバレーボールの楽しさだって思います。

家族をはじめ、中学校や高校の先生、これまでのチームメート、そして友達……。いろいろな人が応援してくれて、期待もされている分、もっと頑張れるというか。みんなの応援が私の原動力なんです。本当にいつも応援してくれるし、そういうのはうれしいです。自分が活躍することで喜んでくれるなら、という感じですね。

※本記事は2011年10月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス