JTマーヴェラス

深萱知代選手のインタビュー

JTマーヴェラスのリベロ、深萱知代選手のインタビューです。

チームに安心感を与えられるリベロになりたい

好奇心旺盛な少女時代

子どもの頃から好奇心旺盛な性格だったので、水泳やヒップホップと習い事はいろいろしていました。バレーボールとの出会いは母のママさんバレーについていったことでしたが、当時は習い事をするまでは至りませんでした。けれど小学校4年生の時に友達に「バレーボールやろうよ」と誘われて始めてからすっかりバレーボールにハマってしまいました。その後はバレーボールひと筋。運動神経は良い方でしたし、それまでの習い事もそれなりに最初からできていたので、厳しい練習も嫌になることなく、毎日「楽しい!」と思っていました。

人見知りとは無縁で、いつも「自分が一番になりたい」と前に出るタイプ。バレーボールのプレースタイルもまさにそうで、小学校、中学校の頃はスパイカーでいつも自分が打って決めたいと思っていました。何でも自分がやりたいと思っていたので、サーブレシーブをして打つのも嫌ではなかったし、むしろそのほうが楽しかったですね。キャプテンも務めて、全国大会にも出場できましたし、大げさではなく中学校までは挫折知らずのバレーボール人生でした。

最初の転機は高校入学です。小学生の頃、地元の京都橘高校(京都府京都市)のバレーボール教室に参加して以来、ずっと京都橘高校に憧れていたんです。京都では絶対的な存在でとにかく格好よかったですね。「絶対ここでやるんだ、私は京都橘に入る!」と決めて、中学の頃から速いバレーを意識して練習に取り組んでいました。

いざ入学が決まってからはとにかく嬉しくて、練習が厳しいことも入学前から分かっていたので、あまり抵抗はありませんでした。ただトレーニングにはそれなりについていくことはできたのですが、実戦練習になると全く違いました。中学までずっと「私に上げてくれれば絶対決める」と思っていたのに、ゲーム形式の練習でもなかなか簡単に決められませんでした。当然決まらなければ自分よりもうまくて、決定力のある選手が試合に出るので私は出られませんし、チャンスをもらえても活かせなければすぐに交代させられてしまいますよね。ずっと「自分が一番」と思い続けてきたので、初めて直面した壁の前に、「私って全然すごくないんだ」と思い知らされたし、すごく悔しい思いをしましたね。

憧れの京都橘で学んだ厳しさが成長の糧

一方で私にとって初めての「挫折」は人生に大切なことを教えてくれるきっかけになりました。試合に出るのが当たり前になっている時は、出られず悔しい思いをしながらチームのためにサポートしてくれる仲間のありがたさも、分かっているつもりで何も分かっていませんでした。チームメートと衝突することがあっても、常に「私が正しい」と思っていたので、違う意見を言われても「そういう考えもあるのか」と考えることができず、「それは違う」と否定してしまっていました。実際に自分が試合に出ることができず、悔しさを味わった時、「外から見ていた選手はこんな思いだったんだ」と初めて気がつきました。

学んだのはそれだけではありません。京都橘は上下関係もきっちりしていたので、あいさつや振る舞い、社会に出てから役立つことがいくつもありました。毎日の練習後にバレーノートに練習で先生に言われたことをまとめて書き、次の日先輩にチェックしてもらうのですが、字が汚かったり、自分だけが分かるような走り書きで書いた時にはやり直しをさせられるので(笑)、書くことがたくさんあっても丁寧に書かないといけなかったですね。毎日意識しながら繰り返すうち、おかげで字もきれいに書けるようになりました。

ケガをして知った「努力の大切さ」

もう一つ、苦しかったのはケガとの戦いです。スパイカーとしては背が高くなかったので、常に全力でジャンプをしなければならず、なおかつレシーブもしないといけませんでした。結果、気付かぬうちに酷使してしまって膝を痛め、ある日突然、スパイクを打とうとしてもジャンプすることすらできなくなってしまいました。

大きなケガではなかったのですが、治りかけたら今度は足首の捻挫をしたり、また治りかけた時に反対側を捻ったり、今度は肩が痛くなったり。あまりに続いたせいか、「何でこんなにケガばっかりしてしまうのだろうか」と喪失感を抱いていました。

バレーボールがうまくなるためには練習をしなければならないのですが、やりすぎればケガをしてしまう。何が原因なのかを自分なりに考えて、体が硬いことも一つの原因なのではないかと思い、インターネットやDVDでストレッチ方法を勉強して、毎晩必ずストレッチをすることを習慣づけるようにしました。最初は硬くて、開脚もできませんでしたが、続けるうちに可動域が広がったので、届かなかったボールを拾えるようになったり、何よりケガをしにくくなりました。何も考えず、感覚で「どうにでもなる」と思っていた頃には自分の体について真剣に考えることなどありませんでしたが、ストレッチを続ければ効果は顕著に出ました。それに1日でもサボれば体が硬くなってしまったので、どれだけ疲れていたり、面倒でも続けることと努力することの大切さを学んだのも高校時代でした。

リベロ転向が人生の転機に

2度目の転機はリベロに転向したことです。関東大学リーグ1部の東海大学(東京都渋谷区)への進学が決まり、高校の卒部式の時に、恩師の三輪欣之先生(京都橘高校バレー部監督)から「お前は良く言えばオールラウンドプレーヤーだ。ただ悪く言えばどっちも中途半端。今のままだと、スパイクもレシーブもできるけれどそれだけ。大学では強みを見つけて頑張れ」と言われました。

高校最後の春高バレーでも肩の痛みでレギュラーになれず、自分の中では「肩が治ったらスパイカーとしてまた勝負しよう」と思っていましたが、その言葉を受けて意識が変わりました。大学に入ったらリベロで勝負しよう、と決意しました。

とはいえ、リベロになろうと決めたからといってすぐにできるほど簡単ではありませんでした。そもそもスパイカーの中ではレシーブが得意だったというレベルと、リベロとして勝負するというのでは根本が違っていました。それまでは「1本レシーブを弾いてもスパイクで取り返そう」と切り替えができていても、リベロはレシーブのミスはレシーブでしか挽回できないので、気持ちの切り替えが難しかったです。また、そもそも守備の専門職である以上、1本弾いただけでもスパイカーの時とは重みも違います。それぐらいのプレッシャーがかかるポジションです。

もともと「私が決める」と我の強い性格の私が、自分が決めて勝たせる立場ではなく、レシーブを拾ってつないで、周りを支える立場に徹するのも初めは至難の業でした。プレーの面ではレシーブ位置やパスの質、どれをとっても自分の理想像のリベロには程遠く、自分には無理だと思うこともありました。また、言いたいことを言おうにも、自分のプレーがついてきていなかったので周りに意見することもできませんでした。

ただリベロになってからいろいろなことを考え、悩み、自分が苦しい経験をしたおかげで、高校の頃以上に周囲の意見に耳を傾け、受け入れることができるようになったのかなと思います。高校時代までの友達には「性格が丸くなったね」とよく言われます(笑)。

「私が拾ってチームを勝たせる!」

高校時代と同様、大学も上下関係があり、1年生のうちはバレーボールだけでなく練習の準備や片づけなど、やることは山積みでした。毎日遅くまで練習して、終わってからもミーティングをするので寝る時間も少なく、結構大変でしたね。ここだけの話…高校時代は禁止だったお菓子やアイスクリーム、ジュースが解禁になったので、「今日は遅くなったし疲れたからご褒美にしよう」とコンビニでアイスを買って食べていたので、それだけ厳しい環境だったにも関わらず、大学1年の時は太ってしまいました(笑)。

入ったばかりの頃はリベロにも慣れず、毎日「きつい、苦しい」と思っていましたが、少しずつ慣れてくると最上級生がどれだけの覚悟を持っているのか、私たちにも伝わってきました。高校時代までは、先生に叱られたりするのが当たり前で、正直怒られないようにと動いていることも多かったのですが、大学では監督から怒られることはほとんどなく、問題があれば選手同士で話し合って解決しなければなりませんでした。私が1年生の時の4年生は、練習から妥協せず、必要だと判断すれば意見をぶつけ合っていました。またその年の全日本バレーボール大学男女選手権大会(全日本インカレ)で優勝した時には、「大学で日本一になるためには、ここまで必死でやらないと勝てないんだ」と思いました。

自分が上級生になるにつれて、少しずつリベロとして動けるようになり自信もつき始め、周りを鼓舞して、「私が拾ってチームを勝たせるんだ」と思っていました。高校時代以上に体にも気を配るようになり、食事も気を付けるようになりました。入学した最初の年に全日本インカレで勝つ喜びを味わわせてもらっていたので、自分が4年生の時も絶対に勝ちたかったですね。実際、春季リーグも秋季リーグも優勝することができて、「最後の全日本インカレも絶対に勝って優勝しよう」とみんなが思っていました。

最後の全日本インカレ、届かなかった日本一

初めて挫折を味わった高校時代、毎日必死で練習してきましたが、一度も日本一になることはできませんでした。最後のチャンスと臨んだ春高も、準々決勝で東九州龍谷高校(大分県中津市)にあっさり負けてしまって、「こんなに頑張って来たのに、終わっちゃったんだ」と思うだけで、完全燃焼できたかと言えばそうではありませんでした。もう二度と同じ経験はしたくなかったし、高校と大学、カテゴリーは違っても全カレは学生生活の中で日本一になれる最後のチャンス。「絶対に優勝する」と思う中、ひそかにライバルとして意識していたのが日本女子体育大学(東京都世田谷区)でした。

春季リーグも秋季リーグも10勝1敗で優勝したのですが、両方で1敗を喫した相手が日本女子体育大でした。シーズンを通して、唯一勝てなかった相手にリベンジして完全優勝したいと考えていましたね。

今思えば、それがよくなかったのかもしれません。日本一になるためには全部の相手に勝たなければならないのですが、リーグ戦で負けた日本女子体育大に勝てば日本一になれるんだと本気で思っていました。だから、日本女子体育大が準々決勝で筑波大学(茨城県つくば市)に負けた時、「よし、これはいくしかない」と正直、心の中でガッツポーズしていましたね(笑)。でも、準々決勝で松陰大学(神奈川県厚木市)にフルセットの末、負けてしまいました。日本女子体育大とは反対に、春も秋も練習試合も一度も負けたことがない相手でしたので、最初は実感がなかったのですが、自分もコートに立っていた分、落ち着いたらとにかく悔しかったですね。当たり前ですが、負けることなど考えていませんでしたし、優勝することしか考えていなかったので、これで終わってしまったということが信じられませんでした。

ただ少し落ち着いて振り返ると、私たちの代はみんな真面目で、大きな問題やもめ事はありませんでしたが、その分、もっとぶつかり合わなければいけないところで言い合うこともあまりありませんでした。技術を高めることも大切でしたが、チームとして一つになるために、大事なことをやり残したのかな、と後になってから感じました。

負けてしまったことは本当に悔しかったですが、リベロになって、スパイカーだった頃とは違う考え方もできるようになったり、本当に自分自身を成長させてくれた大学時代でした。最後は残念でしたが、東海大学に進んだからこそ、得られたこと、学べたことがたくさんありました。

憧れのリベロとチームメートに

4年生の春季リーグでリベロ賞をもらって、自分もやっとリベロとして認められたんだ、と嬉しかったのですが、まだまだ自信はありませんでした。周りからも「自分が思っているよりすごいところがいっぱいあるよ」と言ってもらえたので、頑張ればいいこともあるんだな、見ていてくれる人もいるんだなと思いましたね。その言葉がうれしかったですし、大学を卒業してからもバレーボールは続けたかったのですが、自分がVリーグのトップでできるような実力は正直ないと思っていましたね。

そもそも日本にはとても上手なリベロの選手がたくさんいます。私の憧れは高校の先輩だった琴絵さん(井上琴絵選手/デンソーエアリービーズ)でした。レシーブもうまいですし、トスも上手でどうやったらこんなプレーができるのかといつも思っていました。

そして、プレーの面はもちろんですが、コートの中でリベロはこういう役割を果たさなければならないと教えてくれたのが真子さん(小幡真子選手)です。大学の頃から「私が勝利に導く」とばかりに、まさに私が目指すリベロ像を体現していたのが真子さんでした。まさかその憧れの人がいるチームに自分が入るなど、人生って何が起こるか分からないですね。真子さんとは一緒にプレーした時間はまだあまりありませんが、日頃からいろんな話を聞いてくれるいいお姉さんで、相談すると「そんなことを考えてたの? 意外と繊細だね」と笑われます(笑)。でもバレーボール選手として1本のレシーブや絶対にボールを落とさないプレーの姿勢と人間性は本当に見習わなければいけないですね。私もコートの中では積極的に周りへ指示を出しているつもりでしたが、真子さんを間近で見ると、その時々で状況を見ながら誰にどんな言葉をかけるか。苦しい場面で自分がどんなプレーをすればチームを救えるか。すべてが桁違いで、自分はまだまだだなと未熟さを感じます。

真子さんは憧れで、目指すべき人。同じリベロとしては乗り越えなければならない大きな大きな壁ですが、真子さんに近づき、追い越すことができたとしたら、私もリベロとして成長できたということなので、真子さんを追いかけて、これからも頑張ろうと思います。

リベロとして成長してチームの役に立ちたい

JTマーヴェラスに入り、もう一つ嬉しかったのが高校時代の同級生である美沙(山本美沙選手)とまたチームメートとしてプレーできていることです。中学の頃から一緒にやってきた美沙は誰よりも練習する選手で、ポジションは違ってもいつも頑張っている美沙の姿を見るたび私も「負けられないな、もっと頑張ろう」と思って前を向いています。学生時代、一緒に日本一を目指した仲間とまたこうして日本一を目指して戦えることを、本当に嬉しく思っています。

憧れだったVリーグ、憧れのJTマーヴェラスでプレーできること、そしてまたこうして美沙と一緒に戦えることは運命だと思いますので、この巡り合わせに感謝して、リベロとして成長してチームの役に立ちたいです。それが今の目標です。

レシーブでチームを救うのはリベロとして当たり前のことで、大切なのはそこにプラスしてどれだけ力を出せるのかということです。周りの選手から「後ろにトモヨがいたら安心だ」「トモヨがいれば助かる」と安心感を持ってもらい、レシーブを上げるだけでなくチームを引っ張り上げられる存在になりたいですね。声でも人を助けて、周りを動かして、そして、二段トスを上げる時もセカンドセッターとしてただトスを上げるだけでなくコンビも組めて、チームの良さを引き出せるような、そんな存在になって上のレベルで堂々と戦いたいです。

Vリーグという特別な場所で1試合でも多くの試合に出て、会場を沸かせられるようにしたいです。リベロは目立つポジションではないですが、チームを救う1本のレシーブやつなぎで見ている人を感動させられるようなプレーができるように頑張ります。

※本記事は2019年8月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス
JTマーヴェラス