JTマーヴェラス

橋本梨紗選手のインタビュー

JTマーヴェラスのセッター、橋本梨紗選手のインタビューです。

一日一日、悔いは残さない。全力のバレーボール人生を

ついていくのに必死だった中学時代

中学校に入学して部活でバレーボールを始めました。
本当はバスケをやりたいと思って母に相談したんです。でも、母は高校時代に本気でバスケをやっていた人で娘がバスケをやるとしたら口出ししてしまうと言われたので、バレーボール部に入ることにしました。
でも、入ってみたら他の子たちは小学生時代からジュニアチームでバレーボールをやっていた子ばっかりで、みんな上手でしたね。
私は初めからセンターポジションでコーチからクイックの練習をさせられていたんですが、下手だし「初心者のくせに」って仲間に入れてもらえないこともあって辛かったです。ただもう頑張って上手くなるしかなくて、ついていくのに必死で、ひたすらスパイクとブロックの練習をしていました。
当時(中学1年生)は、部活での人間関係の築き方も知らなかったし、雑用などの仕事もあって、バレーボールだけじゃなくていろんなことが初めてで、ただただ一生懸命“頑張った”という記憶しかないです(笑)。

初めて試合に出たのは中学1年生の冬、他校との親善試合だったと思います。それから練習試合を積んで、公式戦に初めて出場したのは中学2年生のときでした。県ベスト16で当時福岡でもトップの中学校と対戦して、負けはしましたが、ずっと練習してきたことを試合で出せて「やっとチームに貢献できた」という気持ちがして嬉しかったことを覚えています。

どうせやるなら強豪校へ

高校は真子さん(小幡真子選手)や瑞稀さん(田中瑞稀選手)と同じ九州文化学園高校(長崎県佐世保市)です。もともと、高校でもバレーボールを続けるつもりだったので、どうせなら九州の強豪校に行こうと決めていました。
それまで、九文杯で試合させてもらったり、瑞稀さんが九文2年生のとき、長崎選抜として出場した試合で優勝したときの活躍を『月刊バレーボール』で見たり、一緒に練習させてもらったりするなかで、とにかく九文の強さに圧倒されることが多くて「ここで頑張りたいな」って思って進学しました。
入部してみたら、練習がキツくて最初は体がついていかなかったです。9mのロングパスをオーバー100本、アンダー100本、ミスしたら最初からやり直しだったり、九文ならではの独特な技術もあったり、体にしみこませるのが大変でした。
高校時代は同期9人がいなかったら辞めていたかもしれませんね。一緒に馬鹿なことやったり、相談しあったり、何気ない話をすることが支えでした。私にとってとても大切な時間だったんだなーって思います。
思い出してみたら中学・高校時代、人間関係のスタートダッシュに失敗していて(笑)。でも、最後には一生付き合っていきたいと思える親友と呼べるような人たちと出会えて、本当に私ってラッキーガールですね(笑)。

「この先もバレーボールを続けていいのか……」

一番印象に残っているのは3年生で迎えた夏のインターハイです。予選の直前まではレギュラーメンバーとして練習をしていたんですが、実際大会ではスタメンから外されて……。
この大会次第で私自身も今後の視野が広がると思って練習に取り組んできたので、予選から活躍したかったし、何よりも出たい気持ちが強すぎて、悔しくてネガティブな感情にのみ込まれそうになりました。
でも、それまで頑張ってきたことを無駄にしたくなかったので、自分の気持ちを押し殺して、今、チームのためにできることを全力でやろうと思って挑みました。
そして決勝戦、2枚替えの場面で私と後輩がコートに入ることになったんです。もう、このチャンスにすべて賭けるしかないと思って「思いっきりやるよ」って後輩に声をかけて。自分を出しきりました。
その試合では重要な場面でブロックを決められたし、きっちり得点を重ねられて「こんなリサ見たことない」って言われるくらい気迫を出せた試合でした。

それまで「この先もバレーボールを続けていいのか」ってずっと悩んでいたんです。高校2年生の全国大会で、ベスト8以下を経験したことのないこのチームで初戦負けをしたということもあって。
とにかく私は、ここぞというチャンスを逃して勝てないことが多くて“私が出ると負ける……”という不安を抱えて迎えた大会だったんです。
この試合でやっと心と体がリンクしたプレーをすることができて「やっとチームに貢献できた」って思えました。
でも、勝つことができたのは、自分の代わりに外れた同期の選手がそれまで戦ってきてくれたからだということは忘れないようにしたいです。

JTマーヴェラスは一生懸命で魅力的なチーム

進路を決めたのは、高校3年生の夏のインターハイのさらにあと。わかやま国体が終わったころです。
練習中に先生に呼ばれて「JTから声が掛かった」と聞かされました。他のチームからお誘いもありましたが、スカウトの方からお話を聞いて親も勧めてくれたし、以前から一生懸命なチームだということに魅力を感じていたので入部を決めました。
1年目にまずびっくりしたのは、午前ラントレをしてから午後ボール練習をするということでした。学生時代の午前は授業だったので、こんなにキツいのかと(笑)。
技術面の練習では、それまでのやり方と違ったので、一からクセを直して、プレーの質を上げるよう努力しました。
練習メニューも知らない状態ですごい選手たちに囲まれて、まさに右も左も分からない感覚でした。

今日、終わってもいいと思えるように

バレーボールは私の人生です。人との出会い、関わり方、必死になることの楽しさ、学校の授業では習わない大切なことを教えてくれました。
その私のバレーボール人生を支えてきてくれたのは中学時代の赤田コーチ、高校時代の井上先生、そして両親だと思います。全員誰が欠けても今の私はありません。九文にも入らなかったし、今こうしてJTマーヴェラスでバレーボールをしていることもなかったと感謝しています。

そういう思いもあって、これまで一生懸命指導してくれたコーチのため、先生のため、親のために「頑張らなくちゃ」という気持ちでやってきました。
でも、JTマーヴェラスに入ってから“自分のため”に頑張っている気がします。
高校までは3年間という決められた枠の中、終わりが分かっていてそこに向かって頑張れば、次へのステップが見える状況でした。でも、これからは先が決められていないなかでの挑戦になる。
そんな舞台で“誰かのために”という気持ちでは何も成しえないと思うんです。自分が選んだバレーボール人生に悔いを残さないように、現役を終えてもバレーボールで得た経験を誇れるように“自分のため”に、自分の進む道に責任を持つ。
自分の成長次第でいつまででも現役でいられるし、限界を決めるのも自分。
いつ終わりが来るか分からないからこそ、今日終わってもいいと思えるように、一日一日を後悔がないように過ごしたいんです。
中学・高校、そして今も、ずっと周りには上手い選手たちばかりで毎日「上手くなりたい! 上手くなりたい!! 上手くなりたい…」っていう一心でやっています。

みんながひとつになる姿を見てほしい

バレーボール人生を振り返ってみたのは初めてで、これまで毎日が必死すぎて忘れていたことをたくさん思い出せました(笑)。
最近入ってきた選手たちは本当にみんな明るくて元気なんですよ。プライベートでもたくさん遊んで、たくさん元気もらっています。
ファンの皆さんには、そんな私たちがコートの中のメンバーも外のメンバーも全員が一丸となっている姿を見てもらって、この元気をおすそ分けすることができたらいいなと思います!

※本記事は2018年8月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス
JTマーヴェラス