位田愛選手のインタビュー

JTマーヴェラスのウイングスパイカー、位田愛選手のインタビューです。

会場の皆さんからの「がんばれ!!」って声に応えたい

「バレーボールをやる!」って決めたからには、やり続けたかったんです

バレーボールを始めたのは、小学校低学年(常磐小学校/三重県四日市市)の頃です。両親がバレーボールをやっていて、母のママさんバレーボールについて行ったり、父にバレーボールを教えてもらったり……。
ボールをさわる程度なんですが、自然とバレーボールに接していて、楽しんでやっていました。

本格的にバレーボールを始めたのは、中学校1年生(常磐中学校/三重県四日市市)のとき。バレーボール部に入部してからです。
中学校のバレーボール部は、3年生が2人しかいなくて、2年生はゼロ。3年生はすぐ引退しちゃうし、1年生のときから、ほとんどの試合に出させてもらっていましたね。でも、一緒に入部した同級生も中学校からバレーボールを始めた子ばかりだったので、最初の頃は、ちゃんとトスも上がってこない状態だし、つなぐのでいっぱいいっぱいでした。練習はきついし、休みもほとんどないし、辛くてやめてしまう子もいたんですが、私はやめようとは思いませんでした。中学校までやっていた水泳をやめて始めたバレーボールだったし、「バレーボールをやる!」って決めたからには、やり続けたかったんです。でもそれ以上に、バレーボールが好きでしたね。

影響を受けた秋津修先生との出会いと今でも忘れられない言葉

津商業高校で監督の秋津修先生と出会えたことは、とても大きいですね。
秋津先生は、「第1回春高バレー」で優勝したチームのセッターなんですよ。嫌味っぽいことを言って、精神的に追い詰めたりもするんですけど(笑)、その後のフォローもしっかりしてくれる先生でした。中でも、印象に残っているのは、3年生最後の岡山国体。山口県の誠英高校と対戦したんですが、相手チームの応援がすごくて、精神的な面でも押され気味だったんですね。第1セットを取ったんですけど、第2セットは劣勢で、チームのみんなも落ち込んでいたんです。そんなときに、秋津先生が「俺がみんなの分も応援してやるから」って言ってくれたんですよ。今まで、秋津先生からそんなことを言われたことはなかったし、「先生も一緒になって戦ってくれているんだな」って思って嬉しかったです。秋津先生の言葉を聞いて、みんな泣いていましたね。そこからみんなのプレーが変わったんですよ。この試合は負けてしまいましたが、先生の言葉は今でもよく覚えています。
秋津先生には、プレーだけではなく、精神的にもいっぱい教えられたことがありました。他の高校に行っていたら、秋津先生とも出会えなかったし、きっと、今こうやってバレーボールをしていないと思います。

落ちるところまで落ちたから、あとは上がるしかない

JTマーヴェラスに入って、1年目からV・プレミアリーグに出場できたのは、自分自身びっくりしましたし、ラッキーでしたね。試合に出場する12人のメンバーの名前が呼ばれるとき、最後に「アイ」って呼ばれて「え? えぇ?? 私?」って思いました(笑)。そのときは、何も考えられなくて……。先輩から「試合に出られない人もいるから、声を出して頑張ろうね」って声をかけてもらって、「やるしかない」と思いました。
一番最初に、えらいサーブミスをしましたけど(笑)。真っ青になりましたね。びっくりしました。なんでサーブを入れるだけができないんだろうって(笑)。でもあのプレーで、落ちるところまで落ちたから、あとは上がるしかないですもんね。コートに入ったら、緊張するし、サーブなどで狙われますけど、とにかく走り回って喜んだり、声を出したりしています。そういう役割だなって思うんで……。

「2006/07V・プレミアリーグ」でとても印象に残っているのは、2月18日のNECレッドロケッツ戦です。外国人選手をブロックで止めたんですよ。ホントに嬉しかったですね。ガッツポーズが反り返っちゃうくらい興奮しました。しかも、相手チームがシュンとなっていたんで、「これは勝てる!」って思いましたね。あとは、立ち向かっていくだけ。フルセットで勝ったときは、とても嬉しかったです。とても楽しんでプレーができた試合でしたね。

サーブレシーブだけは誰にも負けたくない

JTマーヴェラスの中では、私は身長が高い方ではないので、普通に打ったらシャットアウトされてしまいます。攻撃面では、打ち方とかも、ちょっとの高さの差を意識して練習していますね。それに、レフトはサーブレシーブもレシーブもしなきゃいけません。サーブレシーブは好きなので、それだけは誰にも負けたくないって思います。スパイクではナツさん(谷口雅美さん/元JTマーヴェラス)、レシーブではユウさん(菅山かおるさん/元JTマーヴェラス)を目標にしていますね。JTマーヴェラスはお手本の宝庫ですよ。見て学ぶことがたくさんあります。

「2007/08V・プレミアリーグ」では、レシーブ面で、「同じチームでよかったな」って思われる選手になりたいです。バレーボールはチームプレーなんで、周りからどれだけ信頼されるかだと思うし……。プレーでも、攻撃面でも、守りでも、もっと技術を高めていかなきゃいけないと思いますけど、とりあえず、いっぱいプレーをして、会場のファンの皆さんからの「がんばれ!!」って声に応えていきたいです。

※本記事は2007年8月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス