JTマーヴェラス

ヒックマン・ジャスティス選手のインタビュー

JTマーヴェラスのアウトサイドヒッター、ヒックマン・ジャスティス選手のインタビューです。

「もっと自分を表現できるように努力していきたい」

“軽い気持ち”で始めたはずが……

バレーボールは友だちに誘われたのがきっかけで小学校2年生から始めました。でも私、そもそもバレーボールがどんなスポーツかも知らなくて……。友だちが入るなら「じゃあ、私も」ぐらいの“軽い気持ち”で始めたんです。地元のクラブチームに入ったんですけど、そのチームの練習がとにかく厳しく、先生も厳しい方で、毎日泣いてましたね。1回入ったらもう抜け出せない環境でした……。小学校のクラブでの練習が私にとっては一番きつかったと言っても過言ではないです。

中学校は家庭の事情で宮崎県の学校に通うことになりました。まったく知らない土地で友だちもいなかったので、まずは部活に入って友だちをつくろうと思い、それなら今までやっていたバレーボールかなぐらいの気持ちで入部することにしました。絶対にバレーボール部でなければならないという強い意志はなかったんです、正直。
いざ入ってみると、先輩は怖いし、部のルールも厳しく、練習以外の雑用がとても多かったので、初めは上下関係など、その環境に慣れることができませんでした。とにかく先輩におびえて、自分をなかなか出せないことが多かったです。
今思うと、小中学校時代は、とにかく「怒られないように」ということばかりに一生懸命になっていましたね(笑)。

でも、徐々に友だちも増え、環境にも慣れてくるとだんだんバレーボールが楽しくなっていきました。自分で言うのも何ですが、小学校のクラブの経験もあって、他のメンバーと比べると頭一つ抜きん出ていて、何をやってもできてしまうんです。そうするとやっぱり楽しくなってきて、県大会で上位争いをするぐらいの成績は残しました。

恩師との出会い、そしてキャプテンとして

高校は山口県の強豪・誠英高校(山口県防府市)に入学しました。九州をはじめ、たくさんの強豪校からお誘いいただいたのですが、一番熱心に声をかけてくれたのが誠英でした。言わずと知れた伝統校ですし、実際に体育館に見学に行った際、他の高校にはない独特の雰囲気があり、そこに惹かれました。なによりずっと地元に戻りたいという気持ちがあったことも、選んだ理由の一つなんですけどね(笑)。

高校時代はとにかく大変のひとことでした……。でも、私の人生の転機ともなった田渕正美先生との出会いもこの時でした。田渕先生は、誠英高校の前身・三田尻女子高校で、メグさん(栗原恵選手)のコーチもされた方です。その当時は、今では考えられないぐらい“バシバシ”と指導されていたようです。私の時はそういった意味での厳しさはありませんでしたが、バレーボール以外の「ものの考え方」や「生活面」などを厳しく指導されました。親以上に厳しくて、「普通そんなこと言う?」みたいなことも平気で言われましたしね。でも、私の考えの甘さや間違いを的確に指摘してくださるんです。先生には何もかも見透かされてしまうんですよね。正直うんざりすることもありましたが、先生の愛情を感じてもいました。だからこそ、つらい高校生活を耐えることができたんだと思います。

高校生の時にキャプテンを務めることになったのですが、それも苦労の種でした。後輩って先輩のことをよく見ています。私が後輩に厳しく指導したところで、行動が伴わないと「先輩だってやっていないのに……」という悪い空気がチームに広がってしまうんです。だから人に厳しくする分、自分にも厳しく、行動で示すことを意識していました。人を動かすことの難しさを学びましたね。

全力を出し尽くした最後の春高バレー

高校生の時の思い出深い試合は、3年生の春高バレー3回戦の鹿児島南高校との試合です。前年は鹿児島女子高校に準々決勝で負けていたので、同じ悔しさを味わいたくないという気持ちでした。試合経過は1セット目を先取、2セット目は取られ、3セット目、確か8-12とリードされている状態でタイムアウトを取りました。正直、「またここで終わるのか……」と一瞬あきらめに近い気持ちが生まれたのですが、その時、練習中にコーチからよく言われていた「負けて泣かないでね」という言葉が頭をよぎりました。私は正直、そのコーチとはあまりうまくいっていませんでした。キャプテンである私は厳しいことも言われましたし。でもだからこそ、その時、「この人の言う、負けて泣く状況は絶対嫌だ」という闘争心が芽生えたんです。それと、私たちは、普段の練習で12点になるまで、1点のところが2点入るという「12点になるまで倍ゲーム」というものをやっていました。そのゲームでは、8-12というスコアから逆転を目指していくという状況がよくありました。タイムアウトの時、普段はあまり目立たないセッターの後輩が「この状況は『12点まで倍ゲーム』と一緒だよ!」とメンバーに声をかけたんです。それで「この練習はまさに今日のためにやってきたのだ」と思えて気持ちが軽くなったことを覚えています。練習での指導者の言葉は意味があるものなんだと思ったし、その当時はうまくいっていなかったコーチでしたけど、私たちのことを思って、あえて嫌なことを言ってくれていたんだなって思えました。あのひと言を発したセッターの子も普段はあまり発言しないおとなしい後輩でしたけど、チームの危機を救うきっかけをつくってくれました。まさに「チームの力」を感じた試合でした。

そして、無事に勝ち進んだ準決勝・東九州龍谷高校との試合も思い出深い一戦です。私自身は、1セット目で足をケガして5セット目での途中交代となりましたが、第5セット11-14の場面でコートに戻りました。最後まで戦い切りたいという思いも強かったですし、負けるにしても、キャプテンの私がコートにいることがチームとメンバーに対する誠意だと思っていました。結局負けてしまったんですけど、勝負を決した最後の1点は覚えていません。後でビデオを観たら、私はレフトで倒れていて、バックのレシーバーもコートに倒れていました。チームとしても、個人としても全力を出し尽くした一戦でした。今でも忘れることができません。

企業チームで自分を試したい

JTマーヴェラスへの入部を決めたのは、高校3年生のインターハイが終わった秋ごろでした。高校選抜に選ばれた時、メンバーの中で進路の話が出たんです。大学進学する選手が多いのかなと思っていたのですが、意外にも企業のバレーボール部に進む選手が多いことを知りました。私自身は企業でプレーするレベルに達していないと感じていましたが、「私もチャレンジしたい」という気持ちが生まれたんです。
その当時、JTマーヴェラスには誠英高校の先輩もいらっしゃいましたし、高校生のころ、合宿でお世話になった経験もあったため、親しみがあったことが決め手の一つになりました。恩師の田渕先生も挑戦を後押ししてくれ、特にJTマーヴェラスの厳しい環境でプレーすることを勧めてくださったことで心が決まりました。
実際に入部して一番に感じたことは、「スピードの違い」です。企業チームの試合もよく見学していたので、当然頭の中では理解はしていましたが、実際に感じた球速は、けた違いでした。もちろん今では対応できるようになってきましたが、当初は自分にサーブが飛んできたら弾いてしまうのではないかとビクビクしていましたね……。

同期には、高校生のころから私が一方的に影響を受けていたリン(林琴奈選手)がいます。普段は何というか“チャラチャラ”しているのですが(笑)、本当は謙虚で心配性なんですよね。良い意味でそれがプレーにも表れているなと思っています。彼女と私ではプレースタイルが違いますが、良いところは積極的に盗んで、切磋琢磨していきたいです。これまでは、自分よりずば抜けて実力が上の人がいなかったので、学ぶことの多い今の環境は本当に貴重だなと思っています。

チームに良い影響を与えられる選手になるために

徐々に企業のバレーボールに慣れてきたとはいえ、足りないところもまだまだあります。他のメンバーとは経験も違いますし、練習でも試合でも結果を残せていないので、「この人だったらやってくれる!」という周囲の信頼を勝ち取ることが今の私の一番の課題です。バレーボールって6人のメンバーのうち、1人メンバーが変わるだけでも、良くも悪くもチーム全体が変わることがよくあります。コートの内外問わず、チームに良い影響を与えるためには、自分の意思を伝えることが必要だと思っています。私はまだまだ表現力が足りないし、自分の考えは間違っているんじゃないかと遠慮してしまうことがあるんです。表情や声一つでも自分の意思を伝えることはできるので、小さなことですが、自分を表現できるように努力していきたいと思っています。昔から“ムードメーカー”とか“いじられキャラ”とかよく言われてはいるんですけど(笑)、自分の中ではあんまりピンと来ていないんですよね。それがコートでも出せたら良いんですけど。

私にとって、バレーボールは「たくさんの人に出会わせてくれる存在」です。これまでもいろいろな方との出会いを通じて多くの貴重な考えを学ばせていただきました。人によって言葉のニュアンス、表情や考え方は違うので、それを読み取ることのできる人間になりたいです。それがバレーボールにもつながってくると思うんです。これからもバレーボールを通じて多くの人と出会い、バレーボール選手として、そして、一人の人間として、成長していきたいですね。

※本記事は2018年9月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス
JTマーヴェラス