金杉由香選手のインタビュー

JTマーヴェラスのウイングスパイカー、金杉由香選手のインタビューです。

真剣に取り組めるスポーツはバレーボールだけ

幼心に悔しくて本格的に始めました

バレーボールを本格的に始めたのは小学校3年生からです。もともとお母さんがママさんバレーをしていたので、その練習場に赤ちゃんのころから連れて行ってもらっていました。だから私にとってバレーボールは幼少期から身近なものだったんです。物心つくころには、お母さんが練習しているコートの端っこで、バレーボールで遊んでいました。ある日、私が「お母さんとパスをしたい」と言うと、「邪魔だからどいて」と言われたことがあって(笑)……それが幼心に悔しくて。“私だってできる”と思い、通っていた小学校のバレーボール部に3年生から入部して本格的に始めました。悔しくて始めたというのはあるんですけど、幼いころからバレーボールに触れていたので、真剣に取り組めるスポーツはバレーボールしかないとずっと思っていました。

私の通っていた小学校のバレーボール部は男女混合だったので、女子チームが出場する公式戦には出ることができませんでした。だけど、出場できた非公式の大会では、地区レベルではあるんですけど一度も負けたことはありませんでした。私の身長は、小学校6年生のときに168cmあって、周りの子よりも高く体格が大きかったので、そのころからスパイクのパワーはありましたね。私がスパイクを打つと見ている人たちが沸いていましたよ(笑)。私と一緒にサイドのポジションを担っていた選手も女の子で大きかったですし、センターも背の高い女の子でした。だから私たちのチームは、セッターやリベロを担当する男の子たちがチームを支えて、女の子たちが打って勝つという感じでした。もし、大きな大会に出場できていたら、結構上まで勝ち進んだんじゃないのかなと思っています。それだけ自信はあったんですけど、チームとして大きな大会での実績がなかったので、個人として選抜チームに選ばれることもなく、「私のスパイクを見てよ」と思っていました(笑)。

バレーボールが楽しくて仕方がなかった

中学校でももちろんバレーボール部に入部しました。ただ、中学校のバレーボール部は強くなかったので練習時間も短くて、個人的には物足りないと感じていました。だから家の近くにあった、埼玉県でトップを争う強いクラブチームにも入って練習をしていたんです。中学校での練習が終わった後に、19時から22時ぐらいまでクラブチームで練習をしていました。幼いころから夜はほぼ毎日お母さんのママさんバレーについて行っていたので、遅くまで練習をするのは当たり前ぐらいに思っていました。とにかくバレーボールが楽しくて仕方がなかったんですよ。それに、中学校から初めて公式戦に出られるようになったので、改めて本当にバレーボールって楽しいなって思っていました。全国の舞台で戦ってみたいという思いもありましたしね。

クラブチームでは、1年生のころからレギュラーとして試合に出て、全国大会の舞台にも立ちました。ただ、全国大会になると、ネットの高さが2m24cmで今プレーしているVリーグのネットと同じ高さになるんですよ。当時の私にとってはネットが高すぎて、スパイクをうまく打てずにいました。ただ、それでも監督は、「できるから」と言ってずっと私をレギュラーとして起用してくださっていました。1年生のときは全国でベスト16まで勝ち進んだんですけど、2年生のときは埼玉県で2位だったので全国大会にはいけませんでした。

お母さんたちが作った過去最高記録を打ち破ったんです

中学校3年生のときには、中学校とクラブチームの両方でキャプテンを任されました。レベルも意識も違う2つのチームでキャプテンを両立させることは大変で、いろいろと悩みましたね。中学校の方のチームでは、もっとハードに取り組みたいと思っていたんですけど、当時はうまく伝えることができなくて……練習メニューを組むのも私の役目だったので、あえてハードなメニューを組んで体力面でみんなを追い込んだりしていましたね(笑)。

中学校のチームは強くはなかったんですけど、私たちの代は小学校でバレーボールをしていた子が多かったということもあり、頑張れば県大会を狙える位置につけていたんです。しかも、過去最高の成績は、私のお母さんが中学生のころに記録した県大会一回戦突破だったんですよ。その記録を破りたい一心で大会に挑みました。そして、県大会に出場して準々決勝まで勝ち進むことができました。準々決勝では敗れてしまったんですけど、お母さんたちが作った過去最高記録を娘である私たちの代が打ち破ったんですよ、何十年ぶりかに(笑)。クラブチームの方では、全国大会でベスト16まで勝ち進んでいたので、それには及ばないものの、中学校で記録を作れて本当によかったです。

中学校最後の大会を終えた後は、埼玉県選抜に呼ばれたのですが断りました。無名の中学校の選手だった私が呼ばれるなんて、とても光栄なことだと分かってはいたんですけど、私の目標は高校バレーボール界で活躍してVリーガーになることだったので、早く高校の練習に参加したほうが自分にとってプラスだと思ったんです。だから、八王子実践高校(東京都八王子市)への進学が決まってからは、埼玉から八王子まで車で1時間ぐらいかけてお母さんに送り迎えをしてもらい、練習に通っていました。お母さんや家族には本当に感謝しています。

絶対に私の方がうまくなっているから

八王子実践高校は、八王子実践中学校出身の子が多いんです。しかも、私の代の八王子実践中学校は全国大会で準優勝に輝いていたので、実績に裏打ちされた強い雰囲気があって、やっぱり私とは違うなと思いました。ただ、負けるつもりはなかったし、3年生になるころには絶対に私の方がうまくなっているからと思っていました。そんな心境で迎えた1年目なんですけど、気が付いたら私、レギュラーになっていました(笑)。私たちの代は全国で優勝を狙える代と言われていたこともあり、私のほかにも1年生から2人の選手がレギュラーに選ばれていました。レギュラー7人のうち3人が1年生という構成でその年の春高バレーに挑み、結果はベスト16でした。

2年生になると、私たちの代が中心となってチームを引っ張っていかなければならないとみんなが自覚していたと思います。そんな中、監督が代わって八王子実践中学の監督だった方が高校の監督になったんです。周りの子は、中学校時代に指導を受けていたので、監督の考えや練習のやり方に慣れていて、すぐに新監督の指導に適応できていたんですけど、私は初めてだから戸惑いがあり、なかなか適応できずにいました。高校2年生の間はずっと監督の言うことが理解できず、もやもやした日々が続きましたね。

この監督について行きたい

監督の考えや指導方法が理解できるようになったのは3年生になってからでした。東京都のインターハイ予選ではベスト8で敗退してしまい、すごく悔しい思いをしたんですけど、国体に向けて東京都選抜の活動が始まりました。私たちの高校を含む4つの高校から、私自身も含めてそれぞれ3名ずつ選出されました。だけど、八王子実践高校から選出された私たち3人はあまり試合に出場できなくて……悩んだ時期がありましたね。インターハイ予選で負けた対戦校の選手や、全国で私たちよりもいい成績を残している高校の選手たちも選ばれていたので、この選抜チームでも負けてしまうのかと思うとすごく悔しくて。

ただ、選抜チームでの状況について、高校の監督に話をすると檄を飛ばされたんですよ。「やるって決めたなら、最後までやり切れよ!」って。そして、本番の国体では私たち3人のことを心配して、学校を休んで試合会場まで応援に来てくれたんです。本当に私たちのことを心配してくれているというのを感じられて、すごくうれしくて、それをきっかけに監督への信頼が芽生えて距離が近づいたと思います。この監督について行きたいと思いましたね。そして、監督の応援が励みとなって、試合でも準決勝、決勝と負けそうになった窮地の場面で、私たち3人が活躍して優勝することができたんです。すごくうれしかったんですけど、高校に戻ると、全国1位に輝いた選手として、監督からの指導はそれまで以上に厳しくなりました(笑)。けど、信頼する気持ちもあったし、言っていることを素直に聞けるようになり監督の言っていることを理解できるようになりました。今では、私の尊敬する人です。

高校生活最後の大会となる春高バレーの東京都予選では、準々決勝で夏の大会で負けた高校と当たりました。私自身は捻挫で最初はその試合に出場していなかったんですけど、1、2セット目を取られて3セット目になったときに、このままだとやばいと思い強行出場したんです。負ければ高校のバレーボール部を引退ですからね。ジャンプとかまったくできていなかったんですけど、気合で頑張りました。そして、何とか逆転勝ちしたんです。そして、最終的には2位で全国大会への切符を手にしました。全国大会に行けなかった東京都選抜でチームメートだった子たちからは、「スギに託したから」と声を掛けてもらったんですけど、全国大会では2回戦で負けてしまいました。ただ、個人的には全力を出しきった上での負けだったので、悔いなく高校生活最後の試合を終えられたなと思っています。

自分のプレースタイルでJTマーヴェラスに貢献したい

JTマーヴェラスには、高校時代に練習に参加したことがあったんですけど、みんな明るいし、このチームでバレーボールができたらすごく楽しいだろうなと思っていました。それにチームには私と同じようなタイプのスパイカーがいなかったので、JTマーヴェラスの色に染まりたいというよりは、自分のプレースタイルでJTマーヴェラスに貢献したいと考えていました。

入部が内定してからは、高校3年生の1月ぐらいからJTマーヴェラスに加わりました。当時は主力選手がケガをしていたということもあり、V・プレミアリーグで負けが続いていました。そのような状況もあり、私も試合に出場することがありました。初めは不安もあったんですけど、試合を重ねるごとに徐々に慣れていきました。また、試合に出場するということは、私のプレーで負けることだってあるわけだから、練習には人一倍取り組んで、私が持っている伸びしろを少しでも伸ばさなければいけないと思っていました。だけど結果は2013/14シーズンのV・チャレンジマッチで敗れ、V・チャレンジリーグへ降格。そして、1年後のV・チャレンジマッチでも敗れてしまい、本当に悔しい経験をしました。でも、今は、自分にとってあの経験がマイナスだったとは決して思わないですね。若いうちにあんなに辛い経験をしたからこそ、早い段階で自分がチームを引っ張らないといけないという自覚が芽生えたし、責任を持ってプレーするようになったと思います。

チーム全員で気持ちを切り替えて挑んだV・チャレンジリーグ2シーズン目は、今までで一番チームも私も成長したシーズンになったと思います。私自身は1年間を通してケガなくやれたし、1年目よりも力が付いたと思います。チームとしてもリーグ戦を全勝で終えていい流れができていたし、「2015/16V・チャレンジマッチ」では負ける気が一切しなかったですね。もし、試合中にチームが1回崩れたとしても絶対に負けないと思っていました。それぐらい、持てる技術を試合で発揮するための強いメンタルが鍛えられたと思います。私自身、入部1年目は自分のことで頭の中がいっぱいだったんですけど、2年目はチームや応援してくれている人のために頑張ろうと思いながらプレーできるようになっていたし、1年目とは全く違いました。入部してから今日までの2年間は、本当に濃い2年間だったなと思います。

私の良さは人一倍の伸びしろ

今シーズン(2016/17シーズン)から3年ぶりのV・プレミアリーグでの戦いになりますが、チームとしての目標はもちろん優勝です。個人としては、もっともっとうまくなってチームに貢献したいと思っています。私の良さは人一倍の伸びしろです。JTマーヴェラスとしていい成績を残しつつ、私自身も成長できれば、その先には2020年東京五輪も見えてくると思うんです。でも、今のままでは全日本には入れないということも自覚しています。今よりも上達し、経験も積んで東京五輪に備えたいですね。今の私にはやらないといけないことがたくさんあるんですけど、一つ一つ焦らずに進んでいきたいと思います。

※本記事は2016年8月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス