JTマーヴェラス

神田さくら選手のインタビュー

JTマーヴェラスのミドルブロッカー、神田さくら選手のインタビューです。

どんな場面でも頼られる選手になりたい

子どもの頃から夢は「バレーボール選手」

子どもの頃から背が高かったので、小学2年生の時に友達に誘われて、地域のクラブチームに入りました。練習は週5でバレーボールの基本だけではなく、あいさつや時間厳守など当たり前のことをきちんとすることを教わりました。最初は下手でしたができることが増えるにつれてバレーボールが楽しくなり、さらには全国大会にも出場することができたので、どんどんバレーボールにはまっていきました。

小学生で全国大会に出場した経験から、中学入学の時に他県の学校から声をかけていただくこともありましたが、中学から親元を離れる勇気はなかったですね(笑)。家の近所にある中学校はあまりバレーボールが盛んではなかったので、電車で少し離れた中学校へ通っていました。小学校ではレフトでスパイクを打っていましたが、中学校からはミドルブロッカーに転向しました。

テレビでバレーボールの試合を見ていて、どんな苦しい場面でも必ず決める栗原恵さん(元JTマーヴェラス)が憧れでした。子どもながらに「将来はメグさんのようなバレーボール選手になりたい」と思っていました。そんな中、全国中学生長身選手発掘育成合宿に呼んでもらい、自分よりも背が高い選手がいろいろなプレーを上手にやっている姿を見て「自分なんて大したことがないんだ」と落ち込みました。

「これじゃあ無理だな」と思って、選手ではなくてもバレーボールに関われる仕事に就きたいと考えていました。

反抗期を経て「もっとうまくなりたい」

真面目なバレーボール少女のように見えますが、中学の頃は反抗期でしたね(笑)。特に中学2年生の頃がピークで、監督に注意されたり、怒られるたびに「何で私がそんなことを言われなきゃいけないんだ」と露骨に顔や態度に出して、また叱られるという繰り返しでした。あまりに私の態度が悪かったのでボールを投げられたこともあって、ボールを投げ返したり、打ち返したこともあります(笑)。

ゲームキャプテンもしていて、自分のプレーに対してもいろいろと言われましたが、周りの選手のことで「お前が悪い」と言われるのが理解できなかったです。でも中学3年になって「怒ってくれるのは、全部私のためなんだ」ということが分かって、言われることを素直に聞き入れられるようになりました。ずいぶん長い反抗期だったので、今思い返すと恥ずかしいです(笑)。

厳しく指導していただいたおかげで、中学では島根代表としてJOCジュニアオリンピックカップにも出場したり、小学校の頃とはまた違う世界が広がりました。中学進学の時は「親元を離れたくない」と思っていましたが、全国のすごい選手たちを目の当たりにして、「私ももっとうまくなりたい」と思うようになりました。

全国中学生長身選手発掘育成合宿に呼んでもらったこともあり、高校を選ぶ時もいくつかの学校から声をかけていただきました。どこが強いとかどこが有名だとか、あまり詳しくは分かっていなかったので、声をかけてくださった学校のいろいろな方にお話を聞きました。その中で一番心に響いたのが就実高校(岡山県岡山市)の西畑美希監督の「しっかり育てて、いい選手にしてあげるから一緒に頑張ろう」という言葉でした。

西畑監督の言葉には熱があり、「この監督のところでやってみたい」と素直に思えました。家族と離れることは寂しく感じましたが、バレーボール選手としてもっと成長するために、就実高校に進学しました。

毎日の500本パスで培った基本

厳しいことも覚悟の上で入学しましたが、想像以上でしたね。先輩も同級生もみんな仲が良く、人間関係で苦労することはありませんでしたが、とにかく練習がきつかったですね。基礎体力をつけるための走り込みやトレーニング、ボール練習も基本のプレーをまずしっかりやりました。特にきつかったのが、オーバーハンドでの500本パスです。

コートの横幅9mに2人が立って、端から端までロングパスで500本、一度でも床に落ちたりミスをしたらまた0からやり直しでした。体力や技術が身に付いている2、3年生はすぐにクリアできるのですが、1年生の頃は1時間でも2時間でもできるまで延々とパス練習が続き、ひどい時はこの500本パスだけで練習が終わってしまったこともありました。練習を重ねるうちにクリアできるようになるのですが、クリアすると今度は本数が増えて、最大で1000本パスもありました。今振り返るだけでも汗が出るぐらい(笑)、とにかくきつい練習でした。

でもそれだけの練習をすれば効果も顕著で、高校に入ったばかりの頃はスパイクを打っても全然威力がなかったのですが、だんだんとジャンプ力やパワーがついてきて体育館の高い壁にバーンと当たることも増えました。苦しい時は仲間同士で「今日もきつかったけれど、頑張ろうね」と話して、モチベーションを高められたこともあって、継続できたんだと思います。

私が入った時は先輩方も強くてうまい選手が多く、高校1年のインターハイでベスト4まで勝ち進みました。島根にいた頃は、全国大会に出たことはありましたが、全国でベスト4など夢のような成績でした。憧れの全国大会で、憧れのセンターコートを経験できたことで意識も高まりましたね。高校に入学した頃から、「目標は日本一」と言ってきましたが、インターハイのベスト4で一気に距離が近づいて、その時から本気で「日本一を目指そう」と思いました。

最初の春高バレーで準優勝

日本一を目指すためには、それぞれがクリアしなければいけない課題がありました。就実はレフトだけでなくミドルからの攻撃も軸としていたので、速い攻撃だけでなく、少し高めのトスを打つ練習もしました。特にラリー中は相手も「レフトから打ってくる」というイメージがあるので、ラリーの時にどれだけミドルの攻撃を決められるかが大きなテーマでした。

インターハイでは下北沢成徳高校(東京都世田谷区)に負けたのですが、24-21でリードした状況からの逆転負けでした。その時に、もう二度と悔しい負け方はしたくないと思いました。20点以降の立ち回りの甘さを打ち破るために、ゲーム形式の練習も20点から始めたり、終盤の競り合いで勝ちきるための練習を夏から冬にかけて、必死で取り組みました。

夏のインターハイのリベンジは春高で果たしたいと思っていたので、春高出場が決まった時は、嬉しいというよりも「やるぞ!」という感じでした。途中交代で試合に出させてもらうことも多かったので、春高も途中から出させてもらえるのではないかと思ったら緊張してしまい、開会式前日に40度の高熱を出してしまいました。

他の大会なら、きっとそんな状況で試合に出ることはないと思いますが、春高は3年生にとって最後の大会で、チームにとっても特別な大会だったので、1回戦と2回戦は微熱のまま試合に出ました。監督からも「体がきついならちゃんと言うんだよ。無理だったら交代するから」と心配されていたのですが、熱があってもきついと感じることがなかったので、「大丈夫です、やります」と言ってコートに立ち続けました。

試合を重ねるたびに緊張もほぐれ、熱も下がり、連戦の疲労も勝ち続けることで吹っ飛んでいました。チームも試合を重ねるごとに強くなり、準々決勝、準決勝と勝ち進んで決勝に辿り着きました。インターハイでもセンターコートは経験していましたが、春高のセンターコートは格別で、決勝戦の前はとても緊張しました。対戦相手が成徳だったので「絶対に勝ちたい」と力が入っていました。西畑監督からは「勝つことはもちろん大事だけれど、いつも通りに自分たちがやってきたことをしっかり出せたら大丈夫」と言われて気持ちが落ち着き、「やるべきことをやろう」とシンプルな気持ちで決勝に臨むことができました。しかし、成徳は強く、結果は準優勝で終わりました。春高の決勝という特別な舞台に立てた喜びよりも、やはり負けた悔しさのほうが大きく、「これから2年間必死で頑張ろう」という気持ちになりました。

頑張った日々が一番の財産

準優勝の悔しさを味わったからこそ「絶対に勝ちたい」と私を含めた1、2年生が全員思っていましたが、勝負の世界はそこまで甘くなかったです。主力だった3年生が抜け、今まで試合に出ていないメンバーが主力になった新チームは県大会でも優勝することができず、監督からは「今までにないぐらい最悪の成績だ」と言われました。

日本一どころか県でも勝てずに、周りからも「春高で準優勝したのに県で3位なんて」という言葉が重くのしかかり、初めて精神的に大きなプレッシャーを抱きました。

何かを変えないといけないと思い、春高準優勝メンバーの中で唯一試合に出ていた2年生と1年生の自分で何とかしなくてはと必死でした。みんなが経験していないセンターコートに立つことができたのだから「私たちが引っ張ろう」とお互い励まし合い、苦しい時は絶対に自分が得点を決めようと思っていました。

県大会3位という結果で、西畑監督からもこれまで以上に厳しく指導されましたが、私たちを必死に勝たせようとしてくれているのが伝わってきました。チーム練習後、自分のプレーに納得できない時は自主練習をしていたのですが、どんなに遅くなっても監督が最後まで練習に付き合ってくれて、練習後に監督のご自宅で手料理をごちそうになったこともありました。

一生懸命向き合ってくれる監督、支えてくれる人たち、一緒に戦う仲間のためにも「日本一になりたい」という思いが一層強くなりました。しかし、インターハイも国体もベスト16の壁を破ることができないまま、最上級生になりました。ラストチャンスの春高、準決勝では対戦相手の古川学園高校(宮城県大崎市)の方が強いと言われていましたが、そう言われるのが悔しくて、絶対この試合は勝つんだと必死な思いでした。

チームメンバー全員が思い通りのプレーができて、私自身も試合終盤で相手のエースをブロックで止めることができました。古川学園に勝った瞬間は涙が出そうなぐらい感動しました。ブロックが成功した時の感触・感覚は今でも忘れられません。何よりも、この2年間で一番良いバレーボールができたということが本当に最高でした。

センターコートまであと1つ、対戦相手は優勝候補に挙げられる金蘭会高校(大阪府大阪市)でした。相手チームの主力はアンダーカテゴリーに選ばれる能力の高い選手ばかりなので、自分たちはチームワークと粘りで勝負しようと思っていました。試合が始まると常に相手にペースを握られてしまい、自分たちの力を出させてもらえないまま負けてしまいました。インターハイでも金蘭会相手に負けたので、とても悔しかったです。

途中で同級生が何人も辞めるというつらい時期も経験し、最後に西畑監督から「負けて悔しいと思うけれど、最後までよく頑張った。インターハイも国体もベスト16の壁が破れなかったのに、最後の最後でその壁が破れてよかった。本当によく頑張った」と言われ、こらえていた涙が出ました。

1年生でインターハイベスト4、春高準優勝を経験したのに結果が出せず、悔しい思いもしましたが、就実で高校3年間バレーボールをやりきってよかったです。結果以上にみんなと毎日頑張ったその日々が一番の財産だと思っています。

吉原監督のもとで何が何でも日本一になりたい

JTマーヴェラスの合宿にも何度か参加していたのですが、選手同士で何でも言い合っているところが魅力的で、こんなチームでバレーボールをやってみたいと思いました。

何よりも「JTマーヴェラスでバレーボールがやりたい」と思った決め手はトモさん(吉原知子監督)の存在でした。西畑監督から「とにかくすごい人だった」と聞き、映像を見たらプレーも存在感もすごくて、改めて憧れました。

高校時代も私は女性監督に教わってきたので、女性同士は妥協がなく、練習も厳しいというのを理解しています。「日本一」という目標を決めたら、何が何でも勝たせようとしてくださる情熱があることも知っています。だからこそ、トモさんが監督のJTマーヴェラスで私も日本一になりたいと思いました。

ミドルブロッカーとして存在感を出したい

まだ試合に出る機会は少ないですが、日々の練習からレベルの高いプレーばかりで、何よりミドルブロッカーという立場からすればスピードが圧倒的に違いました。高校時代は自分が打つボールも速さより高さを活かすために少しゆっくりした大きめのトスを打っていたのですが、Vリーグの選手は高さを活かしながらなおかつスピードがあります。高校ではブロックが得意だと思っていたのですが、今は練習でもスピードが速すぎて全然ついていけないので、ブロックが嫌いになりそうです(笑)。

トモさんもミドルブロッカーだったので、時に厳しく、でもとても丁寧にいろいろなことを教えてくれます。チームとしても攻撃枚数を増やせるように、いろいろなチャレンジをしているのですが、そこでもミドルブロッカーの役割はとても大きいですね。トモさんからも「ミドルが止まったらチームも止まってしまうから、どんな時でも動き続けないとダメだよ」と言われているので、苦しくてもトレーニングも頑張って、常に動き続ける体力もつけようと頑張っています。

毎日の練習がハードで、今はまだついて行くのに精いっぱいですが、憧れだったメグさんのように私もできる限り長く現役選手としてバレーボールをやり続けたいです。ミドルブロッカーはアウトサイドヒッターのようにレシーブで繋いでからスパイクを打つというポジションではありませんが、だからこそネット際に張り付くブロックやスパイク、サーブでチームに貢献したいです。この1点を絶対に取りたいという場面やラリーが続くとアウトサイドの選手にトスが集まりがちですが、そこでも安心して使ってもらえるように、日々の練習からコンビの精度を上げて、競り合ったラリーの場面でも「さくらに決めてほしい」と思われるような選手を目指してます。

※本記事は2019年8月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス
JTマーヴェラス