橘井友香選手のインタビュー

JTマーヴェラスのウイングスパイカー、橘井友香選手のインタビューです。

もう一度真剣にプレーできるなら、きっと楽しいと思ったんです

全部のポジションをやっていました

北海道恵庭市の出身です。塚崎さん(塚崎祐平選手/JTサンダーズ)と同じところですね。実家が近所なんですよ。親同士も知っていて。私はJTマーヴェラスに入ってから知ったんですけどね。バレーボールを始めたのは小学4年生のときです。兄と姉、私の3人兄弟で、小さいころは兄の後をくっついて回っているような子だったのですが、兄の友達にバレーボールをやっている人がいて、その人に誘われてクラブチームに入りました。

当時から背も高い方でしたね。全部のポジションをやっていました。セッターもレフトもライトもセンターもバックも、全部。身長のせいもあると思うんですけど、バレーボールを始めてわりとすぐにアンダーパスもできたし、スパイクも打てちゃったんですね。レシーブして腕が痛くなるとか、そういうのもなかったですし(笑)。だからいろいろなポジションができたのかな。でも、他の球技も得意だったかというと、そんなこともなくて。サッカーみたいに足を使う球技は苦手でしたね。

自分でも伸びているという実感があったし、挫折もなかった

小学校のときのクラブチームは、北海道の中ではまあまあ強いチームでした。でも練習自体は軽くて、きついとは思いませんでしたね。まあまあ強い子たちが集まっていたので、試合でもまあまあ勝てる、みたいな(笑)。どちらかといえば遊び感覚に近かったですね。負けても「はい、帰ろう」っていう感じで、勝ちにはこだわっていなかったです。中学校でも最初はバスケットボール部に入りたくて、練習見学に行ったりしていたくらいです。でもなぜか最後は流れでバレーボール部に入ることになったんですけど。

だから本格的にバレーボールをやり始めたのは、中学2年生になってからですね。私、一度転校しているんですよ。最初は恵庭市立恵み野中学校(北海道恵庭市)というところにいたんですけど、江別市立中央中学校(北海道江別市)からお誘いをいただいて、2年生の夏に転校しました。転校先の学校はバレーボールが強くて、全道1位になるようなところ。そこで本格的にやり始めたわけなんですが、私は他の部員と比べると怒られない方だったんですね。だから楽しくやれていました。小学生のころから「中学校に入ったらバレーボールはやめてバスケットボールをやる」って周りに言い続けていたから、怒ったら本当に辞めちゃうと思われていたのかもしれない(笑)。

思えば、中学校時代がいちばんしっかりと真面目にバレーボールをやっていましたね。プレーもいきいきとしていましたし、充実していたと思います。純粋に「楽しい!」と思いながらプレーできていた時期ですね。自分でも伸びているという実感があったし、挫折もなかった。勝ち続けているという感覚がずっと続くような……。チームも強く、周りもできる子ばかりだったので楽しかったです。

「ああ、自分は山の手に行くんだな」

高校の進学先は、流れるように決まりました(笑)。どこに進学したいか自分が決める前にもう、周りの人からは「友香は山の手(札幌山の手高校/北海道札幌市)だよね」って言われていたし、小学校から高校までの監督が全員、つながりがあったりもしたので、それで決まりましたね。どちらかといえば私自身は「ああ、自分は山の手に行くんだな」と受け止めた感じ。ちょうど私が入学したころは札幌山の手高校のレベルが高い時期で、中学校の先輩も進学していましたし面白そうだなとは思っていました。

高校では中学校までとは違い、部活中だけではなく学校生活すべてに関してきっちり指導されました。何でも自分でやらなくちゃいけなかったですし、人に頼らず自立して考えながら行動するようになったと思います。高校1年生のころはまだ元気に楽しくやっていましたね。でも、冬にケガをして1年間練習ができなくなってしまって。高校2年生の間はリハビリと、ちょっと練習に参加するくらいでした。

周りやチームのことを考えてやるのが初めてで、しんどかったですね

高校3年生のとき、選抜合宿に呼ばれたんですけど、戻って来たら「明日からキャプテンな」って監督に言われて。私は断ったのに結局、やることになったんですけどそこからはもう、辛いことしかなかったです(笑)。キャプテンって初めてだったんですよ。中学校までは副キャプテンだったから何もしなくてよかったんですけど(笑)。

高校生にもなると、みんな自分の意見を持っているじゃないですか。そんな中で、なかなか自分が作りたいチームを作ることができなくて。言ってもうまく理解してもらえないこともありました。自分が山の手に入学するきっかけになった当時の3年生の先輩たちはすごく迫力があったんです。練習も厳しくて威圧感もあって、私はそういうチームにしたいと思っていました。そういう練習をしたかった。でも、だんだん緩んでいってしまって……。私も含めてわりと自由な人が多い代でもありましたし、強いチームの雰囲気はなかったと思います。私自身、それまではこんなに周りのことを考えてバレーボールをやったことがなかったので、周りやチームのことを考えてやるのが初めてで、しんどかったですね。

私、結構強く言う方なんですよ。いまだに後輩からは「友香さんの代が一番厳しかった」って言われます。もう二度とキャプテンはやりたくないんですけど(笑)、やらなければ分からなかったこともあったとは思いますね。言いすぎるのもよくないとか、言うだけではダメなんだな、とか。もっとこうしておけばよかった、と思うことはあります。でもまあ、終わってしまったことなんですけどね。

高いレベルでバレーボールがやりたい

もっとちゃんとバレーボールをやりたいというのはずっと思っていました。練習もしっかりやって、周りとも気持ちを一つにして、高いレベルでバレーボールがやりたい。そう思ったので、大学ではなくJTマーヴェラスへの入部を決めました。結局、高校では不完全燃焼に終わってしまったんですが、中学校のときはすごく充実していたし、ちゃんとやれば楽しいっていうのを経験していたから、もう一度真剣にプレーできるなら、きっと楽しいと思ったんです。もし、高校で悶々としながらやっていた時期がなかったら、今ごろは大学で楽しくバレーボールをやっていたかもしれない(笑)。

JTマーヴェラスに入部する前は、みんな背も高いし圧があるし、ちょっと怖いイメージがあったんですけど、入ってみたらすごく優しい人ばかりでしたね。入ってすぐのころはよく分からないままやっている感じで、とりあえずみんなについていって、仕事をやって……。そうこうしているうちに入れ替え戦があって「あ、勝った!」みたいな。探り探りやってましたね。だから最初は辛いこともありましたけど、バレーボールに対する意識の持ち方も今までと全然違いますし、その中で自分もやれてすごく楽しいです。

私はまだ年齢的には下の方ですけど、JTマーヴェラスでは年齢に関係なく自分の意見を言おうというのがチームのテーマなので、自分が思ったことは発信していきたいですね。後輩に対してもちゃんと教えられるように、プレーも生活面もしっかりとやっていきたいと思っています。

出られないのも辛いし、出たら出たで辛かったです(笑)

昨シーズン(2016/17シーズン)は初めてリーグ戦(V・プレミアリーグ)を通しで経験したんですけど、試合に出られないのも辛いし、出たら出たで辛かったです(笑)。精神状態のコントロールがとても難しかったですね。試合は毎週ありますから、勝っても負けても気持ちを切り替えていかなくちゃいけない。切り替えられないまま練習に入っても、気持ちが入っていなければ練習にならない。そこが高校までとは違いましたね。何よりもまず、勝たなくちゃいけないっていうのもありますし。

もともと性格的に気持ちの「浮き」はあまりないんですけど「沈み」はあるんですよ。もう毎日沈んでいます(笑)。人からは朗らかで悩みがなさそうに見られるんですけどね。人に頼るのがあまり好きじゃないので自分で消化するしかないんですけど、消化しきれないと昨シーズンみたいに練習に身が入らなくなっちゃう。でも昨シーズン、リーグ戦を経験できたので、今シーズンは大丈夫だと思っています。始まったらもう、やるしかないですから。頑張らなくちゃですね。

すべてのプレーで結果を残せる、魅せることができるのはサイドの選手だけ

私のポジション(ウイングスパイカー)は攻撃のイメージが強いかもしれないけれど、それだけがメインじゃない。レシーブもブロックもスパイクも何から何までやって、それで点を獲れるっていうところが魅力かな。私自身もどちらかといえばディフェンシブな方でもあるので、拾ったり打ったり、何でもできるのがサイドポジションのいいところですね。すべてのプレーで結果を残せる、魅せることができるのはサイドの選手だけなので。

私自身の特徴は、すべてのプレーをそつなくこなせること。どのプレーでも苦手意識がない、バランスの取れているところですね。でも逆にいえば長所といえる何か、「これだけはずば抜けている」というものがないところは短所でもあるので、自分のすべてのプレーのレベルを上げていくことが今の課題です。

目標、というよりも今はただ上手くなりたいという気持ちが強いですね。上達することだけを考えてやっています。すべてのプレーで何をやってもできる、安定感のある選手を目指しています。できていることよりも苦手なプレーの方が目に付くし、目立っちゃうじゃないですか。できないってことが嫌なので、もっともっと上を目指してやっていきたいです。

※本記事は2017年9月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス