JTマーヴェラス

栗原恵選手のインタビュー

JTマーヴェラスのアウトサイドヒッター、栗原恵選手のインタビューです。

もう1度、“栗原 恵”を信じてくれている人たちのために−−

自然な流れで「バレーボールを始めたい」

バレーボールは小学4年生の時に始めました。父がママさんバレーボールの監督をやっていて、母がそのチームでプレーしていたので、私も小さい時からずっと練習についていってました。ボールと触れ合う機会がすごく多かったので、自然な流れで「バレーボールを始めたい」って言ってましたね。
そんなこともあって小学校のバレーボールチームに入り、センタープレーヤーからスタートして、徐々にセンターエースに変わりました。
そのチームはバレーボールを専門に教える監督がいなくて、学校の先生が監督をしてくれていたんですけど、私が6年生になったタイミングで父がそのチームの監督になりました。
それまでは、普通のクラブチームとして楽しく活動していましたが、父が監督になってからは熱血指導が多くなりました。その結果、本当に小さな大会ではあるんですけど、勝ち進んで出られる試合が増えたことがすごく印象に残ってますね。

メグは途中で帰るんじゃないか

中学校は特にバレーボールが盛んなところに入学したわけではなく、地元の中学校に進みました。中学1年生の時にはすでに176cmを超えていました。私は広島県佐伯郡能美町(現・江田島市)の出身なんですけど、“広島の小さい島に大きい選手がいる”って噂になっていたみたいです。中学2年生の夏休みぐらいに、兵庫県の姫路市立大津中学校から突然「バレーボールを真剣にやってみないか」というお話をいただきました。
バレーボールを始めた頃は、「幼稚園の先生」か「バレーボール選手」になりたいという夢があったので、そのチームの練習を実際に見に行かせてもらいました。故郷を離れることになるのですごく悩んだんですけど、夢のために転入する決意をしました。

大津中学バレーボール部は「全国優勝」を目標にするチームでしたので、練習量、バレーボールへの意識の高さなど、全てがこれまでと別次元でした。
転入前の中学校のチームはいわゆる“学校の部活”で、練習量も決して多くなく、楽しくやろうという感じだったのでとにかく衝撃的でした。
こんなに上手な選手見たことないって思う選手ばかりの中に、急にぽんと入ったので、ついていくのが精一杯でした。
本当に厳しいチームで、「メグは途中で帰るんじゃないかと思っていた」と卒業後に先生から聞かされました。でも、「行くからには絶対にやり抜く」という決意があったので、とにかくきつかったですけど、辞めて帰ろうとは思わなかったですね。

バレーボールへの想いが培われた高校の3年間

中学時代、週末は兵庫大学附属須磨ノ浦高校の合宿へ毎週のように通って、高校生の皆さんの練習試合によく参加してました。先輩たちも優しかったし、仲良くしてもらっていたんですけど、バレーボールを続けるならここではないのかも、という漠然とした思いがありました。

そんなこともあり、一般的な公立高校を受験しようかなと思っていたのですが、その時たまたま、三田尻女子高校(山口県防府市/現・誠英高校)の監督から「今度の日曜日に練習を見に来ませんか?」というお誘いをいただきました。

そういう話があるなら見ないで断る理由はないと思って、父と一緒に練習を見に行きました。バレーボールに真剣に取り組む三田尻女子の練習風景に魅力を感じ、そのまま入学のお返事をさせてもらいました。決めた後に他の高校からもお誘いをいただいたのですが、私には三田尻女子という選択しかなかったですね。

当時の監督の河村充先生は本当に厳しくて、相当ハードな高校生活を送っていたので今でも「あの時には戻りたくない」って思ってます(笑)。でも、バレーボール人生の一番の分岐点は、非常に濃い時間を過ごさせてもらった高校の3年間です。今もつながっているバレーボールに対する想いは、間違いなく高校の3年間で培われました。

高校生のバレーボール大会は、夏のインターハイから始まり、秋の国体、年明けの春高と続きます。1年生の時は先輩たちのおかげで三冠を取ることができました。2年の時はインターハイで優勝できたのですが、国体では調子が上がらず……、準々決勝で負けてしまいました。ずっと勝ち続けてきたチームだったので、負けた時はすごく悔しくて涙を流しましたね。とても苦い思い出として今も心に残っています。頑張ってきた先輩たちにとっての最後の戦い、「絶対優勝して終わりたい」という想いが伝わってきて、そのプレッシャーから身体がうまく動きませんでした。
「メグのせいだ!」って言われてすごく傷つきましたが、全国制覇の翌日には普通に練習をするようなチームだったので、国体で負けた次の日も普通に練習があって、バレーボールをやるしかない環境の中、落ち込む暇もなく自然に立ち直っていったなと思います。

できないんだったら克服するまでやらないといけない

高校時代の印象深い出来事は、高校2年生の時に日本代表に選出されたことです。
日米対抗という小さな試合に途中合流したのですが、テレビで見ていた日本代表選手たちと一緒にプレーする状況で、右も左もわからず、どうしたらいいか分からない状態でした。自分より先に合流していた同級生の大山(大山加奈さん/元・東レアローズ)にいろいろと教えてもらったことを覚えています。
当然のことですが、いくら厳しいといっても高校と日本代表のバレーボールはレベルが全然違います。ましてやアメリカのチームと戦う経験なんてありませんでしたから、壁にぶつかった時期ですね。

先輩たちもチームに残るために必死でやっているので、本当に戦場だなっていうのを高校生ながらに感じました。
“育ててもらう場所”だった高校から“できないんだったら克服するまでやらないといけない場所” “自覚とプライドも持たないといけない場所”の日本代表、もう本当に目まぐるしかったです(笑)。

すべてのことについていくのが精一杯

高校の時から日本代表選手として必死にプレーしていたことを評価していただき、卒業後はNECレッドロケッツに入部しました。でも、すぐに日本代表から招集いただいたので入社式に出た後はしばらくチームを離れることになりました。今よりも日本代表の拘束期間が長かったので、リーグ開幕前にチームに合流して、すぐにチームのことを覚えて……、と大変でしたね。Vリーグ1年目はまだまだ技術的にも未熟でしたが、「起用して伸ばす」という監督の方針から、たくさんのチャンスをもらいました。ただ、起用されても、なかなか結果が出せないという狭間で、すごく悩み、もがき苦しむ1年でしたね。

技術以外にも体力面で劣っていることを痛感しました。高校の時はトレーニングといえば長距離走だけで、ウェイトトレーニングに触れていませんでした。でもVリーガーたちはウェイトトレーニングで体力面を強化しているので、スピード、パワー、高さが全然違います。始めてすぐの頃は重りも全然持てなかったです(苦笑)。でも、いっぱいいっぱいになりながらも続けていくとボールのスピードやパワー、高さが徐々に強化されて、格段にレベルアップしていくのを自分でも感じましたね。

苦い思い出ばかりが浮かぶアテネ五輪

必死にトレーニングを重ね徐々に力をつけている中、2004年のアテネ五輪代表に選ばれました。その時は知さん(吉原知子現JTマーヴェラス監督)がキャプテンを務め、柳本監督(柳本晶一さん/元・日本代表女子監督)がチームを引っ張っていました。コート内では、五輪を経験している知さんが監督のような存在でいろいろと教えてくれました。「行きたいって気持ちだけじゃ行けないよ。絶対行くという覚悟が必要だよ!」と喝を入れてくれることもありました。

アテネ五輪は5位入賞とチームとしては良い結果を残せたと思いますが、“四年に一度の五輪”という重圧に気持ちの中でも引いちゃうほど緊張していました。体調面も決して良かったとは言えず、もっとケアをしてコンディションを作っていれば、結果ももう少し良くなったのかなと思っています。今思えば苦い思い出ばかりが浮かぶ大会です。

アテネ五輪の後は、パイオニアレッドウィングス(2014年廃部)に移籍しました。パイオニアでの4年間は足の種子骨の骨折など、怪我に苦しめられて離脱してる期間も長かったです。パイオニアでも知さんと一緒にプレーしていたので、今でも知さんは“大先輩の仲間”というイメージの方が強いんです。その後、ディナモ・カザン(ロシア)や岡山シーガルズ、日立リヴァーレといろいろなチームを経て、現在のJTマーヴェラスに入部しました。
JTマーヴェラスに入ってすぐは話したことがない若い選手が多くて、対戦した経験からプレーの特徴ぐらいは知ってはいるんですけど、一番知っている人となると知さんっていう……、ちょっと不思議な感覚でしたね。

知さんが練習の中で発する言葉一つ一つに今までの経験からくる裏付けがあって、腑に落ちる部分がたくさんあります。監督という立場になってもストイックさは変わらないなと思いながら一日一日を過ごしています。

JTマーヴェラス入部の決め手は、知さんが監督だったから

実は、日立リヴァーレを退部した後は、ほぼ引退を決めていました。
“引退”という言葉を早く口にして、ファンの方々に誠意ある対応をしたいなと考えていましたが、母は「急いで“引退”って口にしなくても、ちょっとの可能性でも残しておいたら?」と言っていました。「私はやり残したことはないって思ってるよ」と返事をしたのですが、今まで親の言うことの逆方向にばかり進んでいたので、今回だけは従おうと思い、引退発表を少し先に延ばしました。

オールスター戦は辞退も考えましたが、結局出ました。そうしたら、オールスターの監督を務めていた知さんから「もう一回、一緒にやってみない?」と声をかけられたんです。声をかけてもらったものの、中途半端な気持ちでは絶対にお受けできないというプレッシャーが大きく、あの時は真剣に悩みました。
答えが出ないまま、知さんに再びお会いする時が来てしまいました。その時、「メグは今までこういう風にやって来たよね」「もっとこうしたらいいよ」とか、そこまで見ていてくれたのかと思うようなアドバイスをくださったんです。
私が「見ててくださってたんですね」って言ったら、「ずっと見てたよ」って知さんにさらっと言われたのがすごく嬉しかったです。
違うチームの監督なのに、そして、いろいろな怪我もして出会ったころとは違うのに、今の私・栗原恵を必要って言ってくれる。その意味を考えた時に、本当に心からありがたいなって思いました。JTマーヴェラス入部の決め手は、知さんが監督だったからっていうのがすごく大きいです。

出会いとつながりがバレーボール人生を支えてくれた

これまでのバレー人生を振り返ると、いろいろな人に支えられてるんだなということをつくづく感じます。特に私にとって母の存在がすごく大きいです。母から「頑張れ」と言われたことは今まで一度もありません。学生の時に送ってくれた手紙には「いつ帰ってきてもいいよ」って毎回書いてありました。「もう十分頑張ってるから、帰りたくなったらいつでも帰っておいで」と。その言葉にいつも助けられていました。母という存在がなければここまでバレーボールを続けてこられなかったと思います。

そして、怪我をした時に知り合ったトレーナーやドクター……、出会いには本当に恵まれているなと思います。今回も知さんとの2度目の出会いがありましたけど、いろいろな方との節目節目の出会いでここまできているなってすごく感じます。

JTマーヴェラスは他のチームと比べると少人数なので、その分深くつながりができるチームだと思ってます。プレー中に相手の思いを瞬時に察知し、動けるチームはすごく強いと思います。みんなより入部したタイミングが遅い私ですが、深いつながりを作っていきたいですね。

東京五輪出場への第一歩

東京五輪もいよいよ迫ってきました。実は私、まだ出場を諦めていないんです。
アテネ五輪を経験した当時「この五輪が自国開催される時に出場できる人はどれだけ幸せなんだろう」と、荒木(荒木絵里香選手/トヨタ車体クインシーズ)と話をしたのを今でも覚えています。
私が現役選手の時に、東京開催が決まったのは本当にすごいことだなと思うし、そこを目指してほしいと言ってくれる知さん、“栗原恵の可能性”を信じてくれているファンの方たちがいるのは、ありがたくて幸せだなって思います。
でも、選手として出場した経験から、「五輪の舞台に立ちたい!」という言葉を簡単に言えない私もいます。選手が背負うプレッシャーや責任は想像を絶するものです。それを思うと正直複雑な気持ちもあります。

それでも東京五輪を目指すためには、まず国内リーグで、JTマーヴェラスの選手として結果を出さないと日本代表チームへ招集されません。今はJTマーヴェラスの選手として、チームとしても個人としても高みを目指していきたいと思います。五輪出場への第一歩が今まさに始まったと思っています。
今年JTマーヴェラスは国内三大大会制覇を目指しています。今までの経験を生かしてチームに貢献し、一丸となって頑張っていきたいです。その先に、結果として“五輪”という舞台に立てれば、最高だなと思いますね。

※本記事は2018年9月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス
JTマーヴェラス