小川杏奈選手のインタビュー

JTマーヴェラスのミドルブロッカー、小川杏奈選手のインタビューです。

みんなから信頼される選手になりたい

小学校時代は語れるような成績は何も残していないんですよ

バレーボールは、小学校3年生から始めました。何かスポーツをしようと思い、バレーボールにするか、お父さんがやっていたバスケットボールにするかで悩んでいたんです。最終的には、私が通っていた小学校にバスケットボール部がなかったので、バレーボール部に入部することにしました。チームは、市の大会で1回戦を突破できるかできないかぐらいのレベルだったので、厳しい雰囲気はなく、毎日楽しく練習をしていました。身長は小学生のころから高くて、6年生のときには174cmありました。ポジションはレフトを任されていたんですけど、スパイクをうまく打てなくて、本当にバレーボールが下手な子だったんです(笑)。それでも毎日楽しくバレーボールをしていました。チームとしても個人としても何か大きな目標があるわけではなかったので、小学校時代のバレーボールについて、周りの人に語れるような成績は何も残していないんですよ。

食事を摂る練習から始めました

中学校は、就実中学校(岡山県岡山市)の監督に声を掛けていただいたので、地元の中学校ではなく就実に進学しました。ただ、声を掛けていただいた当初は、就実に行くつもりはありませんでした。就実と言えば、私の中では岡山県の強豪というイメージだったし、そんなチームでバレーボールをやっていく自信もなければ熱意もなかったんです。親には、「地元の中学校に行く」と言っていたのですが、お母さんからは「就実に行きなさい」と言われ続け……いつもその会話の繰り返しで、私、毎日泣いていました(笑)。結局、最後は母の熱意に負けて就実に行くことにしたんです。

入部後、私の場合はバレーボールをする以前に、きちんと食事を摂る練習から始めました。身体づくりの一環として、たくさん食べなければならなかったのですが、当時の私は周りの同級生よりも食べる量が少なかったんです。就実でバレーボールをするとなると、きちんと食事を摂らないと体力的についていけないので、無理してでも食べなければいけないんですけど、まったく食べることができず、お昼ご飯のときは一人だけ取り残されていました。だから、毎朝これまでよりも1時間早く起きて、お母さんに朝ご飯を多めに作ってもらって食べる練習をしていたんです。その甲斐があってか、3年生のときには逆に食べるのが早い方でしたよ。

バレーボールはというと、初めて就実の練習の様子を見た瞬間に、今までの私が知っているバレーボールの雰囲気とは明らかに違うなと思いました。「うわっ、こんなレベルの高いところに来てしまった!」と。練習時間は長いですし、毎日練習があるわけじゃないですか。とにかく周りのみんなについていくことで精いっぱいでした。ただ、意識は一気に変わりましたね。最初は、「みんなについていかないと」という気持ちで、とにかく一生懸命がむしゃらに練習に取り組んでいたんですけど、慣れてくると徐々に「もっとうまくなりたい」「バレーボールをもっと知りたい」という向上心が芽生えてきたんです。それに、同級生に井上愛里沙(筑波大学)がいたんですけど、彼女は小学校から強豪校でプレーをしていて、私と同じぐらいの身長でとても技術が高かったので、彼女を目標にして日々の練習に取り組んでいました。

私のバレーボール人生が大きく変わった3年間

試合に始めて出場したのは、2年生のときの新人戦でした。そのころには、「就実の選手として全国の舞台で戦うんだ」という強い気持ちを持ってプレーしていました。その後、全国大会に出場はしたものの、大会の時期にインフルエンザが流行り、私もインフルエンザにかかってしまったんです。それによって全国大会では試合には出場することができず、不完全燃焼のまま終わってしまいました。

3年生のときの全国大会は、地元岡山県での開催でした。地元での開催ということもあり、1年生のときから目標にしてやってきていたんです。大会には日本一を目指して挑んだのですが、結果は全国ベスト4。それなりにいい成績だとは思いますが、日本一だけを目指してやってきていたので、嬉しい気持ちよりも悔しい気持ちの方が大きかったですね。でも、就実に行ったからこそ全国の舞台で戦うことができたと思うし、今の自分があると思うんです。そう思うと、中学校での3年間は私のバレーボール人生が大きく変わった3年間だったなと思います。

中学校で成し遂げられなかった日本一を目指したい

高校は迷うことなく就実高校(岡山県岡山市)を選びました。中学校と高校の練習のコートは同じ体育館だったので、どのような雰囲気なのかは分かっていました。厳しさを知っているからこそついていけるかどうか不安な気持ちもありましたが、就実高校でやるしかないと考えていたし、他の高校に行くという考えはありませんでした。就実高校で、中学校で成し遂げられなかった日本一を目指したいと思っていたんです。

だけど、入部して高校バレーのレベルの高さを実際に肌で感じてからは、高校で日本一になることは本当に難しいことなんだなと思いました。1年生から試合に出させてもらってはいたんですけど、中学校までは決まっていたスパイクが決まらなくなり、伸び悩んだんです。チームとしても全国大会でなかなか結果を残せずにいたということもあり、日本一という目標を口にしていいものなのかどうかも分からなくなりました。

本当に悔しくてさすがにへこみました

結局、1年生のときは全国ベスト16くらい、2年生のときは全国大会1回戦敗退。そして、高校生活最後となる3年生のときは、全国大会に出場することすらできませんでした。そのことは本当に悔しくて、さすがにへこみました。実は私、3年生のときにキャプテンを任されたんです。チームの中でバレーボールがうまい方ではなかったので、プレーで引っ張るというよりは、自分が頑張っている姿を見せて周りの選手たちを引っ張るタイプのキャプテンでした。だから、誰よりも最初に練習を始めて、最後まで残って練習をすることを心がけていました。また、キャプテンとしてチームのことを思い、本音では言いたくないことも意見として言うように心がけていました。もともと自分の考えや思いを伝えたり、感情を表に出したりするタイプではないので、どのように伝えればいいのか結構悩みました。そういったこともあり、高校生活最後の大会で全国大会に出場できなかったときは、本当にへこみました。それまでは、一度もバレーボールを辞めたいと思ったことはなかったのですが、ボールを見るのも辛くなり、一度バレーボールから離れたいと思いました。JTマーヴェラスへの入部は決まっていたし、本来であればトレーニングを継続しなければならないと思うんですけど、うまく気持ちの整理ができず、体育館に足を運ぶことすら嫌になっていたんです。

ただ、当時のコーチから「辛いのはあなただけじゃないんだよ。高校でのバレーボールが終わっても、次のバレーボール人生があるんだから」と喝を入れられたのをきっかけに、徐々に立ち直っていきました。次に向けて前向きに進めるようになり、後輩の手伝いをしたりトレーニングをしたりして、JTマーヴェラスへの入部に向けて準備をするようになったんです。

強い気持ちを持って入部することを決めました

入部する前のJTマーヴェラスのイメージは、竹下佳江さん(元JTマーヴェラス)や大友愛さん(元JTマーヴェラス)、キム・ヨンギョンさん(韓国代表/元JTマーヴェラス)など有名な選手たちが在籍していたとても強いチームというイメージでした。それに、高校時代にJTマーヴェラスで合宿をさせていただいたときに、選手たちから強いオーラを感じて、怖いという印象も受けていました(笑)。実際に入部してみると、みんな明るくて面白い人たちばかりだったんですけどね。だから、声を掛けていただいたときは、JTマーヴェラスのような強いチームでバレーボールをすることが信じられないというか、すごいチームから声をかけていただいたと思いました。最初は、私の実力が通じるのかどうか不安に思うこともあり、「私なんかが入部してもいいのか」と考えることもあったんですけど、最終的には一生懸命頑張って、JTマーヴェラスの一員としてやっていくんだという強い気持ちを持って入部しました。

JTマーヴェラスに入部してから思ったのは、分かってはいたものの、改めてレベルが高いなと思いました。私はまだまだ実力が足りていないなと。そんな中、1年目は途中までケガをしていたのでリハビリをメインに取り組んでいました。コートでプレーしてチームを支えることはできなかったのですが、裏方の仕事をやりながらリハビリに取り組むと同時に、Vリーグで戦うための身体づくりにも取り組めていたので、今となってはプラスの時間だったなと捉えています。

初めて公式戦に出場したのは、1年目のときでした。ピンチサーバーとして出場したんですけど、突然監督に名前を呼ばれ、「うわぁー」って舞い上がりましたね(笑)。すごく緊張しました。ただ、いざコートに入ってボールを持つと落ち着くことができて「よし、やるぞ!」という気持ちでサーブを打つことができたことを覚えています。相手の守備陣形を崩すことができたものの得点には繋がらなかったのでそのワンプレーで終わったんですけど、今でもあのときの感覚は覚えています。

バレーボールに対する考えは間違いなく変わったと思います

常にもっとうまくならないといけないと思うタイプなので、入部して2年が経ちますが自分自身がどの程度成長しているのかは正直よく分からないんです。ただ、1年目からV・チャレンジリーグを経験し、チームとしてすごく大変な時期を経験したことは自分にとってプラスになっていると思うし、バレーボールに対する考えは間違いなく変わったと思います。入部当初のチーム状況は、1年目の選手であろうと先輩たちに頼ってばかりいてはいけないという感じだったので、今まで以上に責任感を持ってバレーボールに取り組むようになりました。これからは後輩もどんどん入部してくるし、思いや考えを表に出して周りの選手にもっと伝えていかないといけないと考えています。もともとそういうことが得意な方ではないので、今はまだ、うまく周りに伝わっていないこともあるんですけど、心の中では考えていたり、みんなと同じように熱い思いもあります。そういう思いを伝えてチームにとってプラスの存在にならなければならないですし、プレーの技術はもちろん精神的にも強くなって、みんなから信頼される選手になりたいと思います。そして、JTマーヴェラスの一員としてV・プレミアリーグ優勝を目指し、優勝した先の世界はどんな感じなのかを見てみたいと思います。

※本記事は2016年10月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス