高橋昌美選手のインタビュー

JTマーヴェラスのウイングスパイカー、高橋昌美選手のインタビューです。

JTマーヴェラスのバレーボールを自分のプレーで伝える

バレーボールが楽しくてしょうがなかったですね

バレーボールを始めたのは、小学校2年生のとき。ママさんバレーをやっていた母親の知人にジュニアのコーチをされている方がいて、その方に誘われたのがきっかけです。始めた当初は楽しくてしょうがなかったですね。「早く練習をしたいな」って思いながら通っていました。平日に2日練習して、週末は練習か試合だったので、結構バレーボールをしている時間が多かったですね。

本格的に試合に出るようになったのは、4年生のときです。それまで父は、あまりバレーボールに興味がなかったんですけど、私たちのチームの試合が徐々に本格的になっていくにつれて、バレーボールにはまっていきましたね。それで最終的には、バレーボールの経験者ではないのですが、ついに私たちのチームのジュニアのコーチになっちゃったんですよ。しかも、父の教え子が1人、私の母校である成徳(下北沢成徳高校/東京都世田谷区)のバレーボール部に入部したんです。なかなか入部できる学校ではないので、「お父さんすごいな」と思いましたね。ただ、今は仕事が忙しくて辞めているんですけどね。私に対しては、ちょいちょい意見を言ってきてはいたんですけど、あまりガツガツは言ってこなくて、見守っている感じでした。逆にそのジュニアチームのコーチをしていたころは、私にいろいろと意見を聞いてきたりしていましたね。バレーボールでは私の方が先輩ですからね(笑)。

小学校6年生のとき、身長が163cmくらいあったんです。だから、スパイクはほとんど決まっていましたね。身長が高いから(笑)。チームの中でほとんどの点を私が取っていたので、本当にバレーボールが楽しかったです。エースみたいな感じでしたね(笑)。小学校の最後の大会では、静岡県で優勝したんですけど、それがすごくうれしかったんです。練習はとてもきつかったんですけど、優勝したときのうれしさを考えたら、やっぱり中学校に進んでもバレーボールを続けたいと思ったんです。

中学校3年間はあまり負けなかったので、辛いと感じたことはなかった

中学校は、地元の袋井中学校(静岡県袋井市)に進学し、バレーボール部に入部しました。少しだけ「ソフトボールをやりたい」と思ったりもしたけど、「やっぱりバレーボールだな」と思って。練習はそんなに厳しくはなかったけど、毎日練習があったので、当時は遊びたいと思ったりもしていましたね。でも、常に県大会では決勝戦に進み、優勝か準優勝だったりしたんですよ。それで、県のベスト4のチームが出場できる東海大会にも出場しました。東海大会ではベスト8ぐらいだったんですけど、もともと私たちの目標が“東海大会出場”だったので、出場が決まった時点でみんな「どうしよう、どうしよう。目標達成したけど、とりあえずできるところまでやろう」みたいな感じでした。東海大会で負けたときも「私たち頑張ったわ」みたいな感じで(笑)。中学校3年間はあまり負けなかったので、辛いと感じたことはなかったですね。とにかくバレーボールが楽しかったです。

両親にはとても感謝しないといけないなって

高校は、「地元で強い高校に行けばいいや」と思っていたんです。それが、春高バレーの決勝戦で下北沢成徳高校の大山加奈(元東レアローズ)さんの試合をテレビで見て、私感動したんですよ。それで、「成徳いいな」と思ったんですよね。中学校の監督に「成徳のバレーボールが楽しそうなんですよね」と話してみたら、監督が下北沢成徳高校に連絡してくれたんです。そうしたら、小川先生(小川良樹さん/下北沢成徳高校監督)から「1回練習に来てください」と連絡をいただいて。それで練習に参加したんです。「ダメだったらダメでしょうがないな」と思っていたら、静岡に帰ってきてから連絡をいただいたんです。小川先生から「成徳に来てみないか」って。それで、成徳に行くことが決まったんです。だけど、成徳は東京だし、寮がないので、親元を離れることになるんですよね。最初は、母が一緒に東京に行くと言っていたんですけど、最終的には私1人で行くことになったんです。同期の子の家に下宿させてもらうことにしたんですけど、両親はすごく心配だったと思います。私、一人っ子なので。でも、結局やりたいことをやらせてくれて、東京へ送り出してくれたんですよね。今は、両親にはとても感謝しないといけないなって思っています。

成徳は、春高バレーで優勝を目指している学校だし、レベルが高すぎて、1年生の時点ですでに辞めようと思いました。トレーニングを尋常じゃないくらいやるんです。ボール練習よりもウエートトレーニングの方が多かったです。ランニングとウエートトレーニングは、多分日本一やっているんじゃないかって思うくらい。だから、練習についていけなくて……。本当に辞めたいと思って、よく両親に電話していました。たまの休みで静岡に帰省するときなんかは、「もう東京には帰ってこない」と思うんですけど……結局、泣きながら電車に乗って、東京に戻っていました。両親も「頑張ってきなさい」と励まして送り出してくれるんですけど、見送るのは辛かったと思います。そんな中でも辞めずに頑張れたのは、同級生の仲間に恵まれたからだと思います。私たちの代は、東京出身じゃない子が多かったので、「辛いのは自分だけじゃない、思いは一緒なんだ」と思って頑張っていました。だから高校の同級生との絆は深いです。今でもたまに集まるんですよ。あの時期を一緒に乗り越えた仲間ですからね。仲間がいなかったら、1年でバレーボールを辞めていたかもしれないです。

最初の辛い1年間がなかったら、スタメンとして出場できてなかったと思います

試合に出場するようになったのは1年生の終わりから2年生にかけてですかね。ちょうどインターハイ予選の前ぐらいだったんですけど、レギュラーだった先輩がケガをしたんです。そこで、代わりに私が試合に出場するようになって、私自身も活躍して、チームも勝ち続けたんです。それで私がレギュラーになったんですよ。その時に、「バレーボールって楽しいな」というのを思い出して。2年生になったころには、徐々に練習にも慣れていきましたし、「続けてきてよかった。報われたな」と思いましたね。最初の辛い1年間がなかったら、先輩の代わりにスタメンとして出場して、そのままレギュラーを獲得できてなかったと思います。もともとジャンプ力がなく、パワーもなかったので。だけど、厳しいトレーニングのおかげで、1年生のときの1年間で10cmくらいジャンプ力が伸びたんですよ。そしたら、スパイクコースの幅が広がって。あれはすごかったです。だから、今でもトレーニングだけは絶対に頑張ろうと思ってやっています。だけど実は、成徳に入部する前は、レギュラーになることは考えていませんでした。とりあえず“3年間を無事に終わらせて、卒業する”というのが目標だったので。そのころの私は、いつも目標設定が低かったんですよ(笑)。

高校時代で一番印象に残っている試合は、3年生のときの埼玉インターハイ。結果は古川(古川学園高校/宮城県大崎市)に勝って3位だったんですけど、そこまでいくのに、まず、グループ予選の津商(津商業高校/三重県津市)との試合が激戦だったんです。第1セットを10点ぐらい差をつけられたんです。その時「インターハイ1日目で終わるわ」って思ったんですよ。それが、夏で暑かったけど、みんな最後までパフォーマンスが落ちなくて、逆転して勝ったんです。あれはすごかったです。普段の練習で走りこんでいるせいかな。土壇場でトレーニングの成果が出たなと思いました。相手はすごい息が上がっているのに、こっちは全然上がってなくって。その試合に勝利してチームに勢いがついて、3位になったんですけど、津商との試合が一番印象に残っていますね。ちなみに、3年生のときは、“全国制覇”に目標が変わっていました。結局、全国制覇はできなかったけど、入部前は“3年間を無事に終わらせて、卒業する”というのが目標だったので、それは大きな変化だなって思いました。静岡に帰省しても東京に帰りたいって思ようにもなりましたしね。たまにですけど(笑)。

小川先生の “考えさせるバレーボール”が頭の中に入っている

小川先生は基本、“考えるバレーボール”をしてくれるんです。1年生のころは、小川先生が何を言っているのか分からないし、何をしたらいいのかも分からなかったんですよ。だけど、3年生になってやっと小川先生の意図が分かるようになりましたね。自分たちで考えてバレーボールをするから、勝ったときの喜びは大きかったです。バレーボールの考え方や取り組み方など、バレーボール選手として一番影響を受けたのは、小川先生かもしれないです。今でも、「こういうときはこうだな」と考えてプレーしていますし、小川先生の“考えるバレーボール”が頭の中に入っているので、自分で判断しなければいけない場面で、少しは正しい判断ができているのかなとも思います。小川先生の“考えるバレーボール”は、Vリーガーになった今も生きていますし、すごく感謝しています。

バレーボール選手としてまた変わりましたね

高校卒業後は、バレーボールを辞めて静岡で大学進学か就職を考えていました。でも、小川先生や両親に、「もう少しバレーボールを続けたがいいよ」と言われて、嘉悦大学(東京都小平市)に進むことを決めたんです。とはいえ、4年間も続けるつもりはなかったので、4年制ではなく2年制の短大にしたんですよ。だけど、2年生が終わるころには、監督から編入してほしいと言われて。本当に迷ったんですけど、最終的には小川先生に相談して、編入を決めました。「あと2年バレーボールを続けた方がいい、絶対伸びるから」と言われたんです。小川先生に言われたらどんなに迷っていても、最初から考え直しちゃいますよね。自分では、もう絶対これ以上は伸びないと思っていたし、無理だと思っていたので(笑)。だけど、編入したことによって、2年生のときは全日本インカレの決勝のコートにすら立てなかったのに、4年生のときに優勝しましたからね。しかも4年生のときは、選手が中心となって1年間練習をしていたんです。だから、高校時代の“考えるバレーボール”が生きましたね。そして、自信にもなりました。編入したことによって優勝も経験できたし、バレーボール選手として、変化のときだったと思います。

大学時代は、ユニバーシアード代表メンバーとして経験したことも大きかったですね。初戦はとにかく緊張したことを覚えています。国際大会なので観客も結構入っていて、相手チームの選手は背が高いですし、「もうどうしよう」みたいな(笑)。普通にスパイクを打てばいいのに、アウトにしてしまったりして。2戦目からは正常に戻れましたけど、初戦は、これまでのバレーボール人生で一番緊張したと思います。あの空気感はすごかったです。これまで感じたことなかったですね。世界大会は、全然違いました。 肝心の試合はというと、それまで長身の選手が揃うチームと対戦したことはあまりなかったんですけど、ブロックアウトを有効に使ったりしていたんです。ただ、最初はそれで通用していたんですけど、勝ち進むにつれて、通用しなくなってきて……。決勝戦ではブロックで止められたりして、メンタルがやられていました(笑)。初めての海外での大会はそういう感じでしたね。一応優勝したのでよかったんですけどね。

チームを引っ張っていかないといけないと思っています

私、小学校の文集で、“将来の夢はバレーボールの選手になる”と書いていたんです。でも、本当にバレーボール選手になれるとは思っていなかったので、JTマーヴェラスから連絡が来たときは奇跡だって思いましたね(笑)。JTマーヴェラスは、もともと行きたいチームだったんです。当時、竹下さん(竹下佳江さん/元JTマーヴェラス)や大友さん(大友愛さん/元JTマーヴェラス)がやっていたバレーボールをしてみたいと思って、入部を決めました。JTマーヴェラスは、組織的ではなく目的のあるバレーボールをしているし、目標に向かって、1人1人全員が同じところを向いている印象を持っていたんです。

Vリーグのデビュー戦は、「やばい、しっかりやらないと」と思って、上がったボールをひたすら打っていたら19点取っていました。いつも試合前はすごく緊張するし、誰とも話さないときもあるんですけど、コートに入っちゃえば緊張はしないですね。1本目を触っちゃえば平常心に戻るので、Vリーグのデビュー戦もそんな感じでした。だけどまさか、そこからレギュラーとして試合に出場するとは思っていなかったですね。入部前は、まず1年目はチームに慣れようと思っていました。そして、3年目ぐらいでレギュラーになれたらいいかなって(笑)。だけどチームは負けが続いて、入部1年目とか言っていられない状況になって……。そんな中、同じように試合に出ていた奥村(奥村麻依選手)がいたから、最後までやりきることができたと思います。いつも奥村と、「私たちにできることは、思いきりやって、声を出すこと。後悔だけはしないようにしよう」と話していました。気分転換に2人で出かけたり、長時間にわたって話したりしていましたね。それに、亜友美(中村亜友美選手)にもいろいろと支えてもらいました。亜友美はケガでリハビリ中だったんですけど、コートの外にいる側の目線で意見をくれたりしていましたね。

今後は、チームを引っ張らなければならないと思っています。新人の選手には、JTマーヴェラスのバレーボールはこういうバレーボールなんだということを、自分のプレーで伝えられたらと思っています。私自身は、スパイクの決定率を上げたり、守備では安定したボールさばきができるようにプレーの質を上げていく必要があると思っています。すごくたくさんやることがあるんですけど、でも全部一緒にはできないので、まずは、自分のプレーでチームを引っ張れたらなと思います。

※本記事は2014年9月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス