田中美咲選手のインタビュー

JTマーヴェラスのセッター、田中美咲選手のインタビューです。

目標は大きく持たないといけないと思う

自分の中で“辞める”という選択肢はなかった

バレーボールを始めたのは小学校4年生からです。それまでは、母の影響で、バスケットボールをしていました。ただ、私の通っていた小学校にはバスケットボール部がなかったので、隣の小学校のバスケットボール部に通っていたんですけど、そこのチームの先輩が恐くて(笑)。それで、なかなか馴染めなくて、すぐに辞めたんですよ。ちょうどそのとき、友達から「一緒にバレーボールをやらない?」と誘いを受けたんです。それで、同じ小学校に通っていた従姉と一緒にバレーボール部の見学に行ったんです。そうしたら、従姉が「バレーボール部に入部する」と言ったので、一緒にやりたいと思いバレーボールを始めたんです。始めた当初は、「バレーボールよりもバスケットボールの方が楽しいな」と思いながら練習していましたね。だけど、自分の中で“辞める”という選択肢はなかったような気がします。チームは県大会予選で敗退するようなチームだったので、小学校時代は大きな大会に出場することもなく、淡々と終わったという感じです。だから、あまり小学校でのバレーボールの思い出はないんですよ(笑)。

自信を持ってバレーボールができるようになりましたね

中学校のバレーボール部はそれなりに強くて、栃木の県大会で毎回上位に入るようなチームでした。1年生のころは、夏までずっと基礎練習をしていましたね。先輩たちがコートで練習している横で、壁に向かって素振りやオーバーパスをしたり、スパイクの助走の練習をしたりしていました。初めて試合に出場したのは冬に行われた1年生大会。そこで、小学生のときはまったく歯が立たなかった子たちがいる中学校と当たって、ストレートで勝ったんですよ。そして、その勝利した勢いで優勝までしたんです。大会前までは、基礎練習ばかりでいやだなと思ったときもあったんです。でも、その基礎練習のお蔭で、自分たちが気付かない間にバレーボールが上達していたんだと実感して、モチベーションが一気に上がりましたね。その大会を機に私を含めてみんなが、自信を持ってバレーボールができるようになりましたね。

一歩前進したような手応えを感じました

私たちの代になったとき、みんなで春高バレーを見に行ったんです。そこで、初めて全国大会に出場する高校生のセッターを見たんですけど、衝撃でしたね。ジャンプトスをしていたんですよ。それまで、ジャンプトスというプレーを知らなかったんですけど、そのときにうまくリズムが取れるという印象を受けたんです。それ以来、ジャンプトスの練習に励みましたね。そして、ジャンプトスができるようになると、以前よりもボールをうまく回せるようになっていました。これは、自分の中でセッターとして一歩前進したような手応えを感じましたね。

その後に行われた関東大会では、順調に勝ち進むことができました。そして、あと1回勝てば全国大会に出場できるという大事な試合で、東京のチームと対戦したんです。試合は、第1セットを相手に取られてしまったんですけど、第2セットは私たちが取り返したんです。だけど、最後の第3セットは、あまり内容を覚えていないぐらいあっさりと取られて、負けてしまったんですよ。それで全国大会には出場できなかったんですけど……。実は私、第2セットを取り返したときに、「もしかしたら全国大会にいけるかも」と思ったんですよね。そうしたら負けてしまって。やっぱり試合中にそういったことが頭をよぎるとダメですよね(笑)。

その試合で中学校のバレーボール部は引退したんですけど、「JOCジュニアオリンピックカップ」の栃木県選抜に選ばれたので、その練習に参加していました。関東大会での悔しさを「JOCジュニアオリンピックカップ」でぶつけようと思っていたのですが、練習が本当に厳しくて。毎週、土曜日と日曜日に練習があるんですけど、「もう行きたくない」と思うぐらいきつかったですね。でも、一度やりだしたことは途中で辞めたくなかったので、なんとか最後までやり通しました。普段はあまり表には出さないけど、負けん気が強い一面があるんですよ、私。そういう一面もあって最後まで続けたんです。でも、「JOCジュニアオリンピックカップ」の大会はというと、予選ラウンドで敗退してしまったんですけどね。

「もー、じゃーやります!」という感じで國學院行きを決めました(笑)

“「JOCジュニアオリンピックカップ」の選抜に選ばれた選手は、高校でもバレーボールを続ける”という決まりがあったので、高校でもバレーボールを続けるつもりでした。ただ、当時の私は、キャビンアテンダントになることが夢だったので、外国への留学制度がある県内の進学校に進もうと思い学校見学に行ったりしていたんです。バレーボールはその進学校で続けようと思っていました。でもある日、中学校の監督から「國學院(國學院大學栃木高校/栃木県栃木市)から、誘いの話がきているぞ」と聞いたんです。だけど、強い高校でバレーボールをするつもりはなかったので、断っていたんですけど……。國學院の監督が私の中学校に来てくださり、直接お話しをしたときに、監督の熱意を感じて気持ちが揺らぎましたね。だけど、最終的に決断したのは、「セッターはスパイカーとは違ってコートに1人しか立てない。その1人にお前を選んで声を掛けてもらっているんだぞ」という、中学校の監督の言葉でした。「もー、じゃーやります!」と。半ば勢いで國學院行きを決めましたね(笑)。

きた! チャンスだ!!

高校の練習には、中学校3年生の1月から参加していました。国學院の練習スタイルは、量よりも質重視だったので、練習時間は2時間くらいと短かったですね。必ず夕方の6時30分には練習が終わっていました。その短期集中型の練習方法が私には合っていて、とても充実していたと思います。それに、監督はとても素晴らしい指導者でしたしね。選手1人1人を分析して、その人に合った言葉の掛け方や教え方をするんです。だから高校の練習にはスムーズに入り込めたと思います。ただ、試合には長い間、出場できなかったんですけどね。1つ上の先輩に東北から来た上手なセッターがいたんです。しかも、国學院は、ベンチにセッターの控えを置かず、代わりにスパイカーの控えを置いていたんですよ。セッターの控えをベンチに置くとすれば私だったと思うんですけど、ベンチにすら入れない状況でしたね。だから試合のときは、いつも2階席から応援していました。だけど、その間に自信を失うことはなかったです。むしろ「何で私が入れないの」、「私が試合に出た方が、うまくトスワークできるし」くらいの気持ちでいたんです。今思うと、すごくませていたなと思うんですけどね(笑)。そんな中、2年生の5月に突然チャンスがきたんです。私は「きた! チャンスだ!!」と思い、溜まっていた思いをここぞとばかりにプレーで出し切り、結果を出したんですよ。そうしたら、その日の練習を境に私がセッターのレギュラーになったんです。それ以降、2年生のインターハイ予選からレギュラーとして試合に出場していました。あのときは、本当に嬉しかったですね。

みんなの心を一つにして戦えたという印象的な大会でした

高校3年間で一番印象に残っている大会は、3年生のときの関東大会ですね。インターハイ前に開催されるその大会で私たちは優勝したんです。全ての試合が思い出の試合だけど、その中でもベスト8を決める試合で対戦した成徳(下北沢成徳高校/東京都世田谷区)との試合が一番印象深いかな。試合は、出だしから成徳のサーブに圧倒されていました。当時、私たちのチームが慣れていないロングサーブが多く、リベロの子ですら崩されていましたね。だけど冷静に、焦ることはなく、目が慣れてくれば大丈夫だろうと考えていました。試合が進むにつれて、サーブにも少しずつ慣れてきて、そこからチームは立て直すことができたんです。お互いに1セットずつ取って迎えた第3セットは接戦で、マッチポイントからジュースを何度も繰り返す展開だったんですけど、最後は私たちが粘り勝ちしました。その試合でチームに勢いがついて、そのまま優勝したんですよ。いつも以上に集中して全ての試合に挑めていたし、みんなの心を一つにして戦えたという印象的な大会でした。それに、今思うと決勝の舞台で「優勝するかも」という考えが頭をよぎらなかったんですよ。だから優勝できたのかもしれませんね(笑)。

関東大会で優勝したことによって自信が付いたし、チームにも勢いが付きましたね。当然、インターハイには、“優勝”という思いを胸に挑みましたよ。だけど、結果はベスト16。負けた相手は、古学(古川学園高校/宮城県大崎市)でした。古学は、その年のインターハイで準優勝するぐらい強いチームではあったんですけど、私たちの代は、それまでに何度も古学に負けていたんですよ。だから「何で同じ相手に何回も負けてしまうんだろう」と、とても悔しさが残る大会になりましたね。

自分のバレーボール人生の財産になると思うんですよ

高校卒業後の進路は、大学でバレーボールを続けようと決めていました。いくつかの大学から誘いのお話をいただいていたんですけど、嘉悦(嘉悦大学/東京都小平市)の監督と話したとき、最後に「日本一を取ろう」と握手をされたんですよ。そのときに、根拠はないんですけど、嘉悦でなら日本一が取れそうな気がしたんです。それで嘉悦への進学を決めました。高校3年生の2月には仮入寮して、練習に参加していましたね。高校では、日本一を目指すというよりは、全国の上位に入るということを目標に練習に取り組んでいたんですけど、嘉悦では、先輩たちが日本一だけを目指して練習に取り組んでいて、その意識の高さが練習中からひしひしと伝わってきたことを覚えています。すごいところに来たなと思いましたね。

大学でも最初は試合に出場できませんでした。だけど、それまでの自分を振り返ると、中学校、高校と入部してすぐは試合に出場できないけど、中学校だったら中学校の、高校だったら高校のバレーボールに徐々に慣れていってレギュラーを勝ち取ってきていたので、大学でもまずは大学のバレーボールに慣れてそこからが勝負だと考えていました。それに、逆に試合に出られなくてよかったと思う部分もあるんです。試合に出られない時期を経験することによって、コートに立てない人たちの気持ちも分かるし、そういうのは自分のバレーボール人生の財産になると思うんですよ。だから、最初試合に出られないことに関して焦りはなかったですね。むしろ、常にわくわくしながら練習に取り組んでいました。でも実際は、大学1年生の頃は、夏からレギュラーとして試合に出場していたんですけどね。

あのときの嬉しさといったら、最高でしたね

3年生のときは、選手が中心となって練習に取り組んでいました。自分たちで練習内容を考えたり、試合が終わった後の反省は自分たちで話し合って、改善すべきことを決めていましたね。その結果、春リーグと東日本インカレで優勝したんです。でも、秋リーグでは、最後の試合で青学(青山学院大学/東京都渋谷区)に負けてしまって準優勝でした。それまで優勝することだけを目指して取り組んできていたので、とても悔しかったんですね。だけど、落ち込んでいても次に繋がらないと思い、すぐに気持ちを切り替えました。負けたその日の夜に、有美(寺井有美選手)と話し合って、次のインカレで優勝するために、今の自分たちが取り組まなければいけないことを全部ノートに書き出したんです。そして、それを監督に提出して、その取り組むべきメニューに沿って練習に打ち込みました。私や有美を含めた3年生の子たちは、最後のインカレのつもりで、全力で毎日練習に打ち込んでいましたね。そして、見事インカレで優勝できたんです。それが、インカレでの初優勝だったんですけど、監督に言われて取り組むのではなく、自分たちで考えて練習をやってきた上での優勝だったので、本当に嬉しかったです。もう、あのときの嬉しさといったら、最高でしたね。

ユニバーシアード代表メンバーに選ばれたのは、3年生のときです。嘉悦の先輩(奥村麻依選手、高橋昌美選手)と有美もいたので、初めての国際大会でしたけどいい意味で緊張することもなく、楽しみながら遠征に参加することができましたね。他の大学の選手たちと一緒にプレーすることで、学ぶことも多かったです。やはり、チームそれぞれにバレーボールスタイルがあって、嘉悦とは違う部分もありましたからね。それに、海外のバレーボールを肌で感じられたことも大きかったです。当時の嘉悦は、大学バレーボール界では長身のチームと言われていたんですけど、世界と比べるとやはり日本は低いんだということを感じました。世界と戦う上では、高さは攻略していかないといけない課題なので、それを経験できたことは私にとって、とてもプラスになったと思います。

コートが輝いて見えたことは鮮明に覚えています

大学卒業後は、お話をいただければ、一番レベルの高いところでやりたいという思いを持っていました。そんな中、JTマーヴェラスとは、大学4年生のときに黒鷲旗で対戦したんです。そのとき、JTマーヴェラスを見て、もしこのチームに入ったら、私のプレースタイルが生きるんじゃないのかなと思ったんですよ。進路については悩みましたが、結局対戦したときに感じたことが決め手となってJTマーヴェラスへの入部を決断しましたね。

初めてVリーグの試合のコートに立ったのは、入部直後の「2013/14V・プレミアリーグ」です。全身が熱くなりましたね。あとは、舞い上がっていたと思います(笑)。「ピンチサーバーで出すぞ」と言われたので、急いでアップをして準備を整えたつもりだったんですけど、いざコートに立つと緊張して訳が分からない状態になりましたね。それでもコートが輝いて見えたことは鮮明に覚えています。憧れていたコートだったので、まぶしかったですね。出場時間は短かったけど、Vリーガーとして、私の中では大きな一歩でした。

その年、チームはV・チャレンジリーグに降格してしまって、あのときは本当にショックでしたね。だけど、逆にこれをチャンスにしなければいけないと思いました。V・チャレンジリーグでは、レギュラーとして試合に出場させていただいているけれど、これがV・プレミアリーグだったら、もしかするとそこまで試合に出場できていなかったかもしれません。これから、V・プレミアリーグに昇格して優勝を目指していく上で、試合に出場させていただいている経験を無駄にすることなく糧として取り組んでいこうと思っています。そして、大学までとは違って、今はお金をいただいてバレーボールをしている身なので、感謝の気持ちは常に持って取り組んでいかないといけないと思います。

“目標は大きく”ですよね

竹下さん(竹下佳江さん/元JTマーヴェラス)は同じセッターとして目標にしている人ですね。JTマーヴェラスに入部するまでは、すごい方というのはもちろん知っていたんですけど、すご過ぎて遠い存在というか、目標にする存在ではなかったんです。だけど、JTマーヴェラスに入部すると、竹下さんが所属していたチームだし、プレーしている映像を見る機会が増えたんですよ。改めて竹下さんのすごさを実感したし、目標にするようになりましたね。竹下さんのように日本の代表として、世界で活躍する選手になりたいと思うようになりました。今はまだ先の長い道のりなのかもしれないけれど、やはり目標は大きく持たないといけないと思って。チームとしては“V・プレミアリーグで優勝”、個人としては“全日本の選手として世界で活躍”したいと思います。“目標は大きく”ですよね。

※本記事は2014年11月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス