寺井有美選手のインタビュー

JTマーヴェラスのミドルブロッカー、寺井有美選手のインタビューです。

存在感のあるミドルになれるように頑張りたい

バレーボールができなさ過ぎて悔しかったんですよね

バレーボールを始めたのは高校生からです。それまでは陸上のクラブチームでハードル競技をしていました。陸上を始めたのは、小学校3年生のときです。ちょうど家の近くに陸上チームができて、走るのが好きだったので入部したんです。自分で言うのもなんですけど、そこそこ足が速かったんですよ(笑)。三重県で優勝して、全国大会にも出場しましたから。もともと、母と姉はバレーボールをしていたんですけど、私が通っている小学校にはバレーボール部がなかったんです。でも、中学校にはあったんですけど、当時は陸上しか考えてなかったんです。中学校でも全国大会への切符をつかんだこともありましたから。

バレーボールを始めたきっかけは、津商(津商業高校/三重県津市)の秋津監督(秋津 修監督/津商業高校監督)です。姉が中学生のとき、監督が津商に姉を誘うために私の家に来たんです。そのとき、私も監督に挨拶をしたんですけど、当時、170cmくらい身長があった私に、「背が高いね。バレーボールをしないか?」と言われたんです。その後、姉は津商のバレーボール部に入部したんですけど、試合の応援に行ったときに、また監督から声をかけていただいたりして。そして、進路を決めなければいけない中学校3年生のときには、「陸上のためにもなるから」と監督に言われて、週に1回、津商のバレーボール部の練習に参加するようになったんです。そうしたら、高校で陸上をするか、バレーボールをするかで悩み出しちゃったんです。当時はまだ陸上の方が好きで、バレーボールの楽しさは分かっていなかったんですけど、バレーボールができなさ過ぎて悔しかったんですよね。身長も176cmくらいまで伸びていたので、この身長を生かしてバレーボールをした方がいいのかなとも考えたり。それに、親もバレーボールをしてほしそうだったんです。そういうこともあって、バレーボールをすることに決めたんです。

自然と、自分の得意なプレーになっていきました

そこからは週に1回ではなく、放課後はほぼ毎日、津商に通ってバレーボール部の練習に参加していました。別メニューだったんですけど、少しずつコーチに教えてもらったりして。でも、最初は全然できなかったですね。4月に津商に入学してからは、みんなと同じメニューになりましたけど、相変わらず他の同級生たちほどはできていなかったです。ただ、ミドルブロッカーというポジション柄、レシーブ練習よりはブロックや速攻などの練習が主だったので、なんとかみんなと同じ練習についていけていたのかなと。それに、一つだけ私の武器となるものがあったんです。それは、陸上で培った“片足ジャンプ”です。ハードルをはじめ、高跳びや幅跳びをしていたこともあるんですけど、全ての競技が片足でジャンプするという共通点があったんです。そのおかげで、片足でジャンプするブロード攻撃は最初からスムーズにできましたね。自然と、自分の得意なプレーになっていきました。

何もできない自分をよく使ってくれていたな

初めて試合に出場したのは、高校1年生の夏です。新人戦でブロックやスパイクがいい感じに決まったんですよ。とても楽しかったですね。そこから本格的にレギュラーになったのは、3年生が引退した秋です。ちょうど、国体が終わってからですね。全然、うまくプレーできなかったんですけど、監督が私を育てようとして、すごく我慢して使ってくれていたんだと思います。私自身もそのときは、「自分が試合に出るんだ」という、強い気持ちを持って戦っていました。今思えば、あんなに何もできない自分をよく使ってくれていたな、と思うんですけどね(笑)。というのも、当時の津商は、レベルの高い先輩たちが揃っていて、強かったんですよ。でも、春高バレーではベスト16という結果でした。私が活躍できていれば勝てた試合もあったので、「もっと私がうまければ……」と痛感させられましたね。

私がチームを引っ張る

2年生のときの12月に、全日本ジュニアの選考合宿に参加させてもらえる機会がありました。私は早生まれなので、1つ下の学年の子たちに混じって参加していました。他の子たちは、以前から他の選抜などでも一緒に練習をしていて、すでに知り合い同士だったりしたんです。そんな中、私は高校からバレーボールを始めたので、知っているのは一緒に参加していた津商のチームメート1人だけで。だから、とても緊張しながら練習していました。練習の内容もレベルが高いので、慣れることに必死でしたね。しかも、みんな本当にバレーボールが上手だったんです。「たくさん頑張っている選手がいるんだな」と、刺激を受けましたね。だからこそ、合宿に参加して得るものも大きかったです。津商に戻ってからは、「今まで以上にもっと頑張ろう」と思いながら練習していました。それに、3年生の先輩が抜けて私たちの代になってからは、「私がしっかりしないといけない」という自覚も出てきましたね。チームは、ミドルブロッカーが攻撃の主軸で、私ともう1人のミドルブロッカーが得点源だったので、“私がチームを引っ張る”という思いで必死でしたね。そういう中で、春高バレーとインターハイに挑んだんですけど、結果はべスト16。もっと上を目指して大会に臨んでいたので、今思い出しても悔しいですね。

とにかく頑張ってアピールしていましたね

高校では、ベスト16止まりだったのですが、大学では日本一になりたいという思いがありました。嘉悦(嘉悦大学/東京都小平市)に決めたのは、監督と直接話したことが大きいですね。いくつかの大学から声をかけていただいてはいたんですけど、嘉悦の監督は津商まで来てくれたんですよ。それに、東京に行きたいという気持ちもちょっとだけあったから、嘉悦に決めたかな(笑)。嘉悦への進学を決めてから、高校3年生の12月に、全日本インカレの試合を観に行きました。その年の嘉悦は準優勝だったんですけど、「とても強いな」と思いましたね。高校のバレーボールとは全然レベルが違うという印象を受けました。しかも、嘉悦の選手が載っているパンフレットを見たら、ミドルブロッカーの選手が5人ぐらいいたんです。「え? 試合に出られないんじゃない」と思いました。だから、2月に仮入寮して嘉悦の練習に参加し始めてからは、早く試合に出場できるように、とにかくアピールすることに必死でした。でも、意外と機会は早く訪れたんです。春ぐらいだったと思うんですけど、ライトのレギュラーの選手がケガをしてしまったので、ミドルブロッカーの麻依さん(奥村麻依選手)がライトポジションに入ることになったんです。それで、ミドルブロッカーの枠が一つ空いたんですよ。とにかく頑張ってアピールしました。「少しでも練習試合とかに出場するチャンスがあったら」と思って。その結果、大学1年生の4月から試合に出ることができたんです。

大学1年生のときの全日本インカレでは、もちろん優勝が目標でした。だけど結果はベスト8だったんです。私の調子が本当に悪くて……。試合前の練習からコンビもあんまり合わなくて、それが本当に悔しくて……。それに、最後の大会となる4年生の先輩たちに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。試合に出場し始めて、1年生の4月から、春リーグでスパイク賞、秋リーグではスパイク賞とブロック賞を受賞していたんですけど、少しだけ浮かれている自分がいたんでしょうね。「このままじゃだめだ。もっと頑張らないと」と思い、そこから意識が変わりましたね。

課題が見つかったので、とても良い経験になったと思います

2年生のときに、初めてユニバーシアード代表に選ばれたんです。そのチームでは私が一番年下だったので、先輩たちについて行くのが必死でしたね。とにかく、ちょっとでも貢献しようと思ったんですけど、全然できていなかったです(笑)。肝心の試合はというと、これも基本的に全然ダメでした……。選抜というのもあって、いつも合わせているセッターではないので、それほどミドルブロッカーの打数が上がってこなかったんです。でも、そういうところも課題だと思いましたね。そういう状況でも決められる選手というか、ボールを持ってきてもらえるようにならないといけないと思ったんです。ブロックも全然ダメだったし……。ただ、とてもいい経験でした。高さのある世界のバレーボールを体験でき、日本人が目指すべきバレーボールを肌で感じることができました。ユニバーシアードを通して、バレーボールに対する考え方の視野が広がったし、とても勉強になりましたね。

個人賞3冠とインカレ優勝

ユニバーシアード後に行われた全日本インカレでは、スパイク賞を受賞しました。全国の大きな舞台で、初めて個人賞を受賞したことは自信になりましたね。だけど、チームとしては3位という結果に終わったので、とても悔しかったです。準決勝で、優勝した東海(東海大学/東京都渋谷区)にフルセットの末に負けて、しかも私自身があまり活躍できなくて……。私は、いつも大会があるごとに、反省ばかりしてしまうんですよね。うまくプレーできたなという試合が少なくて、いつも試合の後は、「あー、ここがダメだったな」と反省ばかりしているんです。

ただ、3年生のときの全日本インカレは良い思い出として記憶に残っています。その年代のメンバーは、私が入学したときからずっと試合に出場している4年生が多かったので、チームが完成されていて、全日本インカレで優勝するならその年しかないと思っていました。だから、私たち3年生も、今年が大学最後の年だというぐらいの気持ちでバレーボールに打ち込んでいました。全日本インカレでの優勝を目指して、毎日バレーボールのことしか考えていなかったですね。だけど、全日本インカレの前の秋リーグで、最後の青学(青山学院大学/東京都渋谷区)との試合で、1セットでも取れば優勝だったんですけど、まさかのストレート負けで、優勝を逃してしまったんです。それで、このままじゃ全日本インカレで優勝できないと思い、「どうすれば勝てるのか」「インカレで優勝するためにしなければいけないことは何か」を美咲(田中美咲選手)やチームのみんなと考えて紙に書き出したんです。そして、その内容に沿って練習メニューを組んだんです。全ては全日本インカレで優勝するため、それだけのために毎日頑張っていましたね。

全日本インカレでは、順当に勝ち進んでいったんですけど、準決勝の前に美咲がケガをしてしまって、無理をして試合に出場したんです。美咲とは、大学でずっと一緒にバレーボールをしてきたし、「一緒に絶対優勝しようね」といつも話していたので、“私が美咲をフォローしないと”と思い、どんなトスでも決めてみせるという強い思いで準決勝に挑んだんです。試合は私たちが勝ったんですけど、終わった後に周りからは「どんなトスでも決めていたよね」と言われました。「そうだったんだ」と、自分が活躍したことに気づいたぐらい、試合中は必死でしたね。あのときの私は覚醒していました(笑)。続く決勝戦も勝利し、念願の日本一に輝いて、本当に最高でした。そして、個人的には、ブロック賞、スパイク賞、ベストスコアラー賞を受賞して3冠を達成したんです。大会期間中はそんなに活躍した感覚はなかったんですけど、終わってみたら結果がついてきたという感じですね。初めての個人賞3冠と全日本インカレ優勝で、あのときは本当にうれしかったです。

チームとしても個人としても試練の年でしたね

4年生のときは、チームとしても個人としても試練の年でしたね。全日本インカレ優勝を果たしたメンバーは4年生が主体だったので、私たちが4年生のときは、本当に一からチームを作り直すという感じでした。3年生のときも試合に出ていた私や美咲がチームを引っ張っていかないといけなかったと思うんですけど、4年生のときの私は満足のいくプレーができなくて、チームに迷惑をかけていたと思います。3年生のときに結果を残したことによって、相手チームからのマークが厳しくなり、それに対応できず、それまでは決まっていたスパイクが決まらなくなってしまったんです。実際に、1年生のときから春のリーグでは毎回スパイク賞を獲っていたんですけど、4年生のときは、初めてスパイク賞を獲れませんでした。そのうえ、8月に全治1カ月程度のケガをしてしまったんです。その間にレギュラーの座を奪われて、秋リーグではベンチスタートが多くて、とても悔しい思いをしたんです。監督としては、ケガから復帰してすぐは、無理をさせたくないという考えがあったと思うんですけど、私はとにかく悔しかったです。全日本インカレでは、試合に出てはいたんですけど、ベスト8でした。なんとかベスト8で終わったという感じですね。3年生のときほど現実味はなかったけど、一応チームの目標は“優勝”だったので、悔いが残る最後の大会となりました。

Vリーグで活躍して恩返しがしたい

大学卒業後の進路を考え始めた当初は、「Vリーガーに絶対なりたい」というような強い気持ちはなかったですね。だけど、親を喜ばせてあげたいという思いがあって、徐々にVリーグでバレーボールを続けようと考えるようになったんです。それに、いろいろな大学の監督たちにユニバーシアード代表として選んでいただいたことも大きな後押しになりましたね。多くの方々に期待していただいた分、Vリーグで活躍して恩返しがしたいという思いもあったので。大学出身の選手でも活躍できるというのを見せたいなと。今は大学出身の選手も増えてきて、活躍している選手もたくさんいるけれど、その中の1人として頑張りたいという思いがありました。陸上の方が楽しいと思いながらバレーボールを始めた私が、まさかVリーガーになるとは、という感じですよね(笑)。そんな中、JTマーヴェラスへ入部を決めたのは、大学の先輩が2人(高橋昌美選手、奥村麻依選手)いたというのも大きいかな。あとは、大卒の選手も何人かいたのでJTマーヴェラスに決めました。

あの悔しさは、絶対に忘れない

Vリーグの試合に初めて出場したときは、わくわくしていました。ワンポイントブロッカーで出場したので、特に何もしないまま、あっという間に出番が終わった感じでしたね(笑)。その後、3試合くらいスタートから出場したことがあったんですけど、チームのバレーボールにまだ慣れていなかったということもあり、自分の力を発揮できませんでした。今考えてみると、もう少しできることがあったんじゃないのかなと思うんですけどね。これからは、コートでしっかりと自分の実力を発揮して、活躍できるようにしたいですね。「あのミドルブロッカーがいるから強いね」と言われるような、存在感のあるミドルブロッカーになれるように頑張りたいと思います。そして、何よりもJTマーヴェラスというチームが強くなれるように、チーム全員で一緒に頑張りたいという気持ちが強いですね。

※本記事は2014年11月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス