山本美沙選手のインタビュー

JTマーヴェラスのセッター、山本美沙選手のインタビューです。

1点1点がうれしいです

「自分もいつかはあんな風に本気になれるのかな」

バレーボールを始めたのは、小学3年生のとき。私には2つ下のいとこがいるんですが、その子がたまたまお友達と強豪のバレーボールチームを見学したらしいんですね。そうしたらそのままハマってしまって。その子に「一人では心細いから一緒に来て」と言われてついて行ったら、私も「バレーボールってすごい!」って(笑)。それで始めました。当時はバレーボールのほかに、ヒップホップダンスを掛け持ちしてやっていたんですよ。でも、バレーボールの魅力がだんだん分かってくるにつれて、ヒップホップダンスを辞めてバレーボール1本に絞りました。

所属していたバレーボールチームは、高学年と低学年でコートが分かれていて、それぞれ違う練習メニューをやっていました。低学年の方はまだボールと戯れているという感じでしたけど、高学年の方は全国制覇を狙っているようなチーム。だから、隣のコートは空気からして違いましたね。熱量がすごくて。自分はそれを見て、「自分もいつかはあんな風に本気になれるのかな」っていう憧れから入ったようなものだと思います。

違う自分、新しい発見がたくさんあって

小学校高学年になると、どんどん新しいことを教えてもらえるようになりました。違う自分、新しい発見がたくさんあって……。あのころは「もっとやりたい」っていう、ただただ本当に楽しい気持ちだけでやっていましたね。

当時の自分は、全部こなすプレーヤーでした。トランジション(守備から攻撃に転じる場面)ではセッターをして、チャンスボールが来たときやレセプション(サーブレシーブ)からの攻撃のときはキャッチ(レシーブ)に入ってスパイクも打つ。センターではブロックに飛んでトスを上げるといったように、全部やらせてもらっていましたね。だからいろいろなポジションの気持ちが分かるようになったし、自分でもいろいろなプレーができるようになったので、すごく楽しかったです。

自分で考えて行動するということを学んだ

中学校に入ると、セッターとアタッカーをやるようになりました。2つ上には真果さん(柴田真果選手)がいました。真果さんとは幼稚園から高校までずっと一緒にバレーボールをしてきたんですけど、すごく優しいんですよ。だから、中学校のときもただただ楽しくやらせてもらえました。バレーボールをやるために進学した中学校ではありましたけど、ガチでやっているという感じはあまりなかったですね。どちらかといえば「小学校でプレーしたみんなと中学校でも一緒にやりたい」という気持ちでした。その学校も今はもう、合併してなくなってしまったんですけど。

中学校では途中から顧問の先生がいなくなってしまって、自分たちで一からメニューを考えてやらなくてはいけなくなりました。当時は練習場所を押さえたり、大会の出場登録をしたりといった事務的なことも全部、自分たちでやっていましたね。それまではバレーボールだけを自由にやっていたけれど、それ以外のことも経験することができた。大変でしたけど、自分で考えて行動するということを学んだように思います。

もう寝不足の日々でした

でも、楽しかったのは中学校まで。高校からは鬼の3年間が始まりました(笑)。中学3年生のときにいくつかの高校から推薦をいただいたんですが、最初は京都橘高校(京都府京都市)とは別の高校への進学を考えていたんです。他の高校に入って伝統の京都橘を倒し、「歴史を変えてやる」って思っていて。でも、京都橘の監督とお話をしたときに「今のウチにはお前の力が必要だ」と言ってくださったんです。それを聞いて、「あっ、私必要とされているんだ」って素直に受け止めてしまって(笑)。その時点で180度、くるっと考えを変えて「伝統を守る側も悪くない」って(笑)。真果さんも京都橘に進学していたし、「また一緒にプレーできるんだ」と思って、京都橘に決めました。

実際に入ってみたら、想像以上の厳しさでした。練習はもちろんですけど、上下関係もすごく厳しいし、独自のルールもたくさんあるし、後輩の仕事も多いし、バレーノートをきれいな字で書かなきゃいけないし――、もう寝不足の日々でした。それに、京都橘では毎朝小テストがあるんですけど、合格するまで終われないから、受からないと放課後の練習に行けないんです。練習に出られなかったら監督や先輩に謝罪しなければいけない。だから勉強もしなきゃいけないけど、バレーノートも書かなきゃいけないから夜は勉強できなくて、通学電車で毎日勉強するという生活でした。バレーボールのことだけを考えるというのができなくて、常に頭がこんがらがっている状態でした。

ようやく解放されたのは2年生になってからですね。1年生の役割であるバレーノートと部の仕事がなくなったし、3年生もいるからチームのこともまだそこまで考えなくてもいい。コートに2年生のメンバーが多く入っていたこともあり、のびのびと自由に自分のプレーができていたと思います。

自分のことよりもチームのために言わなきゃいけないときもある

高校3年生のとき、選抜の選考に呼ばれました。いい刺激は受けたんですけど、結局代表には選ばれなかったんです。そうして高校に戻ったら、私がいない間に2年生の後輩がすごく伸びていて、監督に「セッターは2年生のこいつで行く」って言われて。今までは当たり前にコートに入れていたのに、「ああ、私はここでも落とされるんだ……」って。それまでは「正セッターは私だから」って思い込んでいたんですね。で、いろいろ重なってプレーも全然うまくいかなくなっちゃった。自分は副キャプテンだったから、本当ならそんなときでもチームのことを考えなくちゃいけないのに、Aチームに入っていないから何も言えないという状況が続いていました。「どうやって取り戻せばいいんだろう」って悩んで、モチベーションも上がらないけど周りに心配をかけられないからとりあえずいつも通り笑って……。

でも、考え直したんですよ。チームが勝つことを考えたら、自分のことよりもチームのために言わなきゃいけないときもあるって思ったんです。試合に出ていないからといって遠慮してる場合じゃないなって。「私は副キャプテンだ!」って堂々とするようにしていたら、そのうち自分のプレーもよくなってきて、チャンスをつかんでインターハイ予選からスタメンに戻してもらうことができました。そこで少し成長できたのかもしれないと思います。「自分はここまでできたんだ」っていう自信に変わりました。

“バレーボールをやる”っていう一択でした

高校卒業後の進路を考えたときに出てきたのは、“バレーボールをやる”っていう一択でした。自分からバレーボールを取ったら何も残らないと思っていたので、あとはどこで続けようかな、というくらい。本当は、大学へ進学するつもりだったんです。でも監督に「実業団からオファーが来ている」と聞かされて、「えっ、私にですか!?」って衝撃を受けましたね。Vリーグは自分が行ける場所じゃないと思っていましたから、恐れ多くてなかなか決断ができませんでした。監督には「チャンスは今だろう。大学卒業のときにまたオファーが来るとは限らない。選択を間違えるな」って言われたんですけど、私は「いえ、私は大学のバレーボール部に行きます」ってずっと言ってたんです。

だから本当にぎりぎりまで決められなくて……。監督とは10回くらい話をしましたね。でもあるときに「逃げ道を作るな。実業団で厳しい世界を見て、もっと自分を磨いてこい」って言われて。それまでの自分はしんどいことから逃げ出しがちだったから、少し心が動きました。両親は「今まではお金を払ってバレーボールをしてきたけれど、JTマーヴェラスに入ったらお金をもらってバレーボールをすることになるんだから大変だよ」と。でも「娘が実業団でプレーしていたらうれしい」とも言ってくれて、最後は覚悟を決めました。結局、決めるまでに4カ月くらいかかりましたけどね(笑)。

ここでは甘いことを言っていたら通用しない

JTマーヴェラスに入って感じたのは「ここでは甘いことを言っていたら通用しない」ということ。一握りのチャンスをつかまないとコートに立てない世界ですから、厳しさを実感していますね。実際、逃げ道もないですし(笑)。高校までは家族に頼ったり、話を聞いてもらったりしていたけれど、今は一人で戦っていくしかないので、自分で問題を解決する力は身に付いたように思います。

今年(2017年)で入部3年目になりますが、いいコンディション、いいモチベーションに自分を持っていく方法がようやく少し分かり始めたかな。だから逃げ道は必要ないし、作りたいとも思わない。立ち向かっていこうと思えるようになっています。周りの人もみんな意識が高くて刺激になりますね。バレーボールに打ち込める環境ですし、何よりも自分の意思で積極的に取り組めていると感じています。

正セッターになることは最終的な目標ではないですね

今、JTマーヴェラスにはセッターが3人いて正セッターの座を争っていますが、私はまだ3番手ですね。この間の試合(※注:第59回近畿6人制バレーボール総合男子・女子選手権大会)でチャンスをもらったのに逃してしまったので、今はもう一度信頼を得るためにどうするかを考えなくちゃいけない。正セッターになるために必要なものはたくさんありますね。ただ何が必要かは自分でも理解できていて、やることも明確になっているので、あとは毎日積み重ねていくことですね。続けていれば、チャンスはまた巡ってくると思っています。

でも、JTマーヴェラスの正セッターになることは最終的な目標ではないですね。もっともっと上を目指しています。(“上”とは?)……いずれは、世界の最高峰とバレーボールがしたいんです。私は高校選抜も落ちたし、ジュニア代表にもシニア代表にも選ばれたことがないので、世界と対戦したことがありません。だからこそ、その世界を知りたい。いつかは日本を背負ってトスを上げ続けられるセッターになりたいんです。

私の人生、バレーボールに思い切り左右されてます

バレーボールの戦術って奥が深いんですよ。すっごく緻密で、ちょっと間違えたらすべてが狂ってしまう。“1点を取るにはこれとこれとこれが必要”っていうのを一瞬一瞬で決断していくことが大事なんです。

中でも、セッターの面白いところは“操れる”ところですね。ゲームメークができるというか、司令塔として他のプレーヤーを操りながら相手ブロックを欺ける、そういうところです。私が目指しているのは、アタッカーに光を当てられるセッターです。華やかではないけれど、人を生かすことがセッターというポジションの仕事だと思うんです。トスで相手をノーブロックにできたときは「よし、点を取ったぞ」という気持ちになります。打っている選手も気持ちいいと思いますけど、上げている側も気持ちいいんですよ。私のトスでスパイカーが点を取ってくれたらうれしいし、点を取ってみんなで円になるのもうれしい。1点1点がうれしいです。もちろん、勝ったときもうれしいんですけど、やっぱりボールがつながっているときが一番楽しいですね。

バレーボールは、自分にとってのすべて。ありきたりだけど、自分を成長させてくれるものです。新しい自分に出会わせてくれるけど、どん底にも突き落とすもの。でもそれも次のステップへ進むための道しるべになる。本当に体の一部のようで、もしバレーボールをやらなくなったら、自分が残らないんじゃないかとも思います。

私の人生、バレーボールに思い切り左右されてます。バレーボールが好きなんです。

※本記事は2017年9月時点のインタビューに基づいたものです。

JTマーヴェラス