JTマーヴェラス
スペシャル
SPECIAL

全員バレーでV・プレミアリーグ昇格を目指す――選手インタビュー

2015/07/10INTERVIEW

北海道芦別合宿における選手たちへのインタビューをお届けします。

井上琴絵選手(主将)

今シーズンは、“何が何でも勝つ”という思いでスタートしました。吉原監督の熱い気持ちが選手全員に伝わって意識が高くなり、求められているバレーボールを実現しようと選手全員が一生懸命練習に取り組んでいると思います。私たちが目指しているバレーボールの完成型にはまだまだ遠いですが、北海道芦別合宿に入ってから、少しずつではありますが一歩ずつ近づいているという手応えを感じています。選手同士の会話も増えていますし、スタッフを含めたチーム全体の連携も今まで以上に取れていると思います。合宿は短期間なので、できることは限られていますが、その中で1日1日を全力で取り組み、やるべきことをしっかりとやりたいです。そして、今シーズンこそはV・プレミアリーグに昇格できるように、練習に取り組みたいと思います。そのために、私は主将としてみんなをまとめなければいけません。もちろんプレッシャーもあるし、大きな責任でもありますが、吉原監督とコミュニケーションを取りながら、チームのことをしっかりと見て、選手たちに声をかけるように意識しています。そしてやはり、自分がプレーをして、その姿勢で想いを伝えていきたいと思います。

芥川愛加選手

吉原監督のもと新体制となり、やるべきことが明確にされているので、私はミドルブロッカーとして求められる部分を北海道芦別合宿で詰めていけるように取り組んでいます。合宿での練習は、基礎練習やトレーニングが多いですが、「2015/16V・チャレンジリーグ」に向けて、今の時期に体作りをしておかないといけないので、しっかりと取り組みつつ、技術面も上げていきたいです。選手1人1人に課題があり、「今、私はこれをしなければいけない」と、それぞれが一つ一つの練習メニューに対して何のために行っているのか意識しながら意欲的に練習できていると思います。また、チームとしてやらなければいけないことも明確にされているので、みんなが一つになって取り組めています。ここまでの限られた時間の中でも、日々成果を実感しています。残りの合宿でも、1日1日何かを習得して日々成長できればと思います。そして、昨シーズンは、1年間ケガなく試合に出場し続けることができたので、今シーズンもそこは継続してやっていきたいと思っています。

高橋昌美選手

今シーズン、JTマーヴェラスは、全員で攻めて全員で守るバレーボールスタイルを目指して練習しています。まだまだできていない部分も多いのですが、北海道芦別合宿に入ってから徐々に理想のバレーボールスタイルに近づいてきているなと感じています。それに、1人1人がやるべきことや責任というものを意識して練習に取り組めているので、実りある合宿になっています。私たちは、V・プレミアリーグ昇格を目標に、1日1日すべての練習に対して覚悟を持って取り組んでいますが、この合宿では、北海道芦別市の素晴らしい環境で練習できることに感謝して、目標を見失わないように無駄なく過ごしていこうと思います。また、私自身は、昨シーズンは腰を痛めて試合に出られない時期がありましたが、今シーズンは、筋肉も付いて改善されたからこそ、今こうして練習ができているので、これを続けていけるように頑張ろうと思います。

奥村麻依選手

北海道芦別合宿では、いろいろと鍛えてもらっています。チームとしては、全員で攻めて全員で守る高速バレーボールをしていこうと話していて、そうするために、1本1本の精度を高くするための練習を行っています。まだ、新体制になってから1カ月も経っていないんですけど、最初のころに比べると、精度が上がってきていると思います。それに、合宿中に個人個人の技術が伸びているなと感じています。私自身、多少ではありますが、昨シーズンよりもスパイクに重みが増したなと実感しています。あとは、スピードも上げていかないといけないので、そこが今の私の課題です。合宿期間中には、練習試合もあるので、実戦の場で個人的にもチーム的にもいいところを出せればと思います。この合宿では、毎年北海道芦別市の方々が支えてくれて、素晴らしい環境で練習に取り組めるので、すごく感謝しています。この合宿を含めて、昨シーズンよりもスキルアップしたJTマーヴェラスをお見せできるように頑張りたいと思います。

中村亜友美選手

今シーズンは選手たちの意識が変わったと思います。心の面が広く成長できていますし、選手全員の精神面が強くなれているのかなと。選手同士の意見交換など会話も増えましたし、バレーボールを楽しんで練習できています。吉原監督には、求められることも多くあり、やらなければいけないというプレッシャーも増えています。私たちはV・プレミアリーグ昇格を目標に日々練習に取り組んでいるので、個人とチームのバレーボールの技術、心の面の成長と、監督の求めているところに少しずつ近づけているのかなと思います。北海道芦別合宿では、ただ練習をやりきるのではなく、何かを得ることができれば、もっといいチームになれるし、強くなれると思います。私自身もチームに貢献できるように頑張りたいと思います。

金杉由香選手

北海道芦別合宿に入ってから、より一層チームが一つにまとまってきているのを感じています。今シーズンは吉原監督のもと、全員で一斉に攻撃して全員で守るという戦い方を目標に練習に取り組んでいます。チームとして、徐々にその戦い方ができてきているという手応えを感じているので、この戦い方が定着できるようにしていきたいと思います。私自身は、最初はそのようなプレーが私にできるのだろうかという不安もありました。しかし、練習を重ねていくうちに、このコースに打てば決まるなどといったことが徐々に分かるようになってきました。ただ、まだまだ確実性に欠ける面があるので、少しでも完璧に近づけるように残りの合宿での練習を無駄にすることなく取り組んでいきたいと思います。また、昨シーズンは新人選手として思い切りプレーさせてもらっていたんですけど、今シーズンは新人の選手も入ってきたので、辛いことも含めて新人としての気持ちを分かち合いながらチームを引っ張っていこうと思っています。

JTマーヴェラス
JTマーヴェラス