JTマーヴェラス

新体制で挑んだ初戦白星スタート

2015/11/11COLUMN

「2015/16V・チャレンジリーグⅠ」が開幕。今年6月から吉原知子監督が率いる新体制の下、V・プレミアリーグ復帰を誓い、チーム強化に取り組んできた。そして迎えたフォレストリーヴズ熊本との開幕戦。「開幕戦の緊張で堅さが見られた」と試合後のインタビューで吉原監督が話していた通り、3-0のストレートで勝利を納めたものの、試合展開の主導権をなかなか握ることができず、途中リードを許してしまう場面もあった。しかし、JTマーヴェラスに焦る様子はなかった。小幡真子は「試合中、チームの動きが良いときも悪いときも、お互いに状況を伝え合っていこうと。改善点があればすぐに確認・軌道修正していけるように、声を掛け合っていました」と語る。そしてこの1戦、苦しい状況でもその流れを打開する術やチーム力が垣間見えた。

第1セット、1点を先取したのは熊本だった。その直後に、中村亜友美とオヌマー・シッティラックのスパイク、芥川愛加のサーブなどで得点を重ねるも、JTマーヴェラスは主導権をなかなか握れずにいた。そして、5-4の場面から連続4失点。1回目のテクニカルタイムアウトを5-8と相手のリードで迎える。ベンチに戻った選手たちに、吉原監督はすかさず声をかけていった。このテクニカルタイムアウトを契機に流れが変わった。JTマーヴェラスは、金杉由香のスパイクでサイドアウトを奪って6-8とすると、中村の緩急をつけたサーブを起点に、金杉の強打や奥村麻依と田中美咲の2枚ブロックなどで連続6得点。12-8と逆転し、さらにリードを広げる。直後に1点を許すも、金杉のスパイクで1点を奪い返して13-9とすると、ここからJTマーヴェラスは怒涛の攻撃を見せる。サーバーに入った金杉は、相手の攻守のリズムを乱すサーブを放ち続け、奥村やオヌマーの1枚ブロックやスパイクなどを演出。確実に得点を重ねていき、連続5得点を挙げて18-9のダブルスコアとした。終盤、相手も粘りを見せ、一進一退の交戦が展開されたが、最後は中村がネット際の攻防を制し、相手コートにボールを押し込んで25-14。第1セットを先取した。

第2セットは、先制点を取ったJTマーヴェラスがわずかに先行する形で進んだ。試合が動いたのは6-5の場面から。金杉の強打でサイドアウトを奪って7-5とすると、サーバーに立った金杉が第1セットを彷彿とさせる強烈なサーブを放ち、チームに流れを呼び込む。オヌマーのフェイントや、奥村とオヌマーが2枚ブロックを演出するなど連続4得点。11-5とリードを広げると、その後相手に1点を許すも、今度は奥村のサーブを起点にオヌマーの相手コートを刺すような強打や田中(美)の相手のブロックラインを見極めたツーアタックなどでブレークを重ね、2回目のテクニカルタイムアウトを16-7で迎えた。以降も、途中出場の高橋昌美のサービスエースや芥川と金杉、芥川と中村の2枚ブロックなどで得点を加算。しかし、21-10の場面から自らのミスも出るなど連続4失点を喫してしまう。金杉は、「『ファイティングスピリッツ。最後まであきらめずに戦おう!』と吉原監督に言われていたので、それを胸に戦った。」と、このときの心境を振り返った。その言葉の通り、選手たちは攻めの姿勢を貫き、21-14とされたところから、金杉のスパイクでサイドアウトを奪い返し、続く中村のサーブが相手陣営を崩して連続2得点を挙げた。そうして24-15とセットポイントを握ると、最後は奥村のスパイクで25-15とし、第2セットも連取した。

第3セットもJTマーヴェラス主導で試合は進むと思われた。しかし、ここで熊本の粘り強さに手こずる。一進一退の交戦が続く中、ブレークを重ねて7-3とするも、直後にラリーの末に相手からのスパイクなどで連続2得点を許してしまう。7-5と2点差に詰め寄られて以降、終盤まで互いに譲らぬ接戦となった。そんな中、JTマーヴェラスは、オヌマーのフェイントや芥川と中村の2枚ブロックなどで得点を重ねていく。そして、先行を守り続けて迎えた22-21の場面、中村と金杉の強打で連続2得点を挙げて24-21。直後に1点を許すが、最後は奥村の的確に狙いを定めたスパイクで25-22。接戦の末に第3セットも奪い、ストレートで開幕戦を勝利で飾った。

吉原監督の下、新体制で取り組んできた“全員で守って、全員で攻めていくバレーボール”。第1セットでは堅さがあり、練習の成果を発揮することができていなかった。しかし、「チームが一体となって戦えた」と試合後に語ったオヌマーの言葉通り、この初戦では選手一人一人が攻守を担い、得点へとつなげていく展開が見られた。 「2015/16V・チャレンジリーグⅠ」での戦いを一戦も落とすことなく「2015/16V・チャレンジマッチ」に挑もうと奮起するJTマーヴェラス。第2戦以降も見応えのある試合展開を繰り広げてくれるだろう。

JTマーヴェラス
JTマーヴェラス