JTマーヴェラス
スペシャル
SPECIAL

今リーグ4連勝と自分たちのバレーボール

2015/11/26COLUMN

2シーズンぶりのホームゲームでの試合。会場には、JTマーヴェラスを応援する多くのファンの声援が響き渡った。「2015/16V・チャレンジリーグⅠ」第1Leg、3連勝中のJTマーヴェラスだが、まだ自分たちのバレーボールができていないと言う。

「(試合前)自分たちのバレーボールをしっかりやろうと、監督やチームで話をしました」

奥村麻依はそう話していた。柏エンゼルクロスとの一戦もストレート勝利を得たが、吉原知子監督は試合後、「相手の粘りに苦しめられ、難しい試合となった」とも話した。

第1セット、相手に先制点を取られてリードを許すも、3-4の場面、奥村のスパイクでサイドアウトを奪うと、そこから田中瑞稀のサーブを起点にオヌマー・シッティラックのスパイクや1枚ブロック、そして奥村のスパイクなどで5点を積み上げて連続6得点。9-4とリードを広げる。その後もJTマーヴェラスは、芥川愛加とオヌマーのブロックポイントや、オヌマーの会場がどよめくほどの強烈なスパイク、そして、途中からコートに立った安藤典莉子のスパイクなどで得点を加算していき、25-17で第1セットを先取した。

続く第2セットでも、立ち上がり早々相手に2得点を奪われ、リードを許す。しかし、中村亜友美と田中(瑞)の連続スパイクで2-2の同点に追いつくと、以降も奥村と田中(瑞)のスパイクなどで得点を重ね、8-7で1回目のテクニカルタイムアウトを迎える。拮抗した展開となる中、「(相手に押されている場面でも)弱気になったらいけないと思い、攻めていきました」とそのときの心境を振り返ったセッター・田中美咲。その言葉の通り、田中(瑞)や中村のレシーブから返ったボールを、オヌマーや奥村、田中(瑞)、芥川へ託していく。アタッカー陣もセッター・田中(美)の攻めのトスワークに応え、JTマーヴェラスは得点を重ねていき、セット中盤には14-9と5点差をつけた。しかし直後に、相手の攻撃に押され連続5失点。14-14の同点に追いつかれてしまう。だが、チームの攻めの姿勢が失われることはなかった。オヌマーのスパイクでサイドアウトを取った15-14の場面から、オヌマーと交代でコートに入った金杉由香がサービスエースを決めるなど17-14。再び3点差をつけてリードを広げていく。流れを完全に手中にしたJTマーヴェラスは、終盤、相手に攻め入られ連続得点を許す場面もあったが、田中(瑞)や金杉、奥村、中村のスパイクなどで着実に得点を加算していき、25-20で第2セットも連取した。

「ハードワークを忘れずに、試合に臨みました」――

第3セットもJTマーヴェラスは攻めの姿勢を忘れなかった。相手にリードを許して3-5とされるも、田中(瑞)の強打でサイドアウトを奪った後、奥村のスパイクや中村のサービスエースなどで連続5得点を挙げて8-5。3点のリードを奪って1回目のテクニカルタイムアウトを迎えた。その後、サイドアウトを取り合う攻防戦になったが、相手に逆転を許すことはなく、15-12の場面からは、田中(瑞)のスパイクなどで連続3得点を挙げ、18-12とさらにその差を広げる。しかし、その直後に相手の勢いに流され連続4失点。18-16と2点差に詰め寄られると、その後は再びサイドアウトを取り合う展開に。そんな中、吉原知子監督は田中(美)に代えてセッター・山本美沙を投入。同じく、このセットで途中からコートに立っている同級生の橘井友香とともに山本はこの起用に応えて奮闘。山本のトスを田中(瑞)や橘井が着実に決めていき、23-19とリードを広げる。直後、連続3失点を喫するも、小幡のレシーブからセッター・山本は橘井にトスアップ。橘井は落ち着いてブロックアウトを決め24-22。最後は今リーグ初出場の位田愛と奥村の2枚ブロックで決勝点を挙げて、25-22。前週に引き続き柏との一戦もストレート勝利で結んだ。

「2015/16V・チャレンジリーグⅠ」第1Leg、4連勝中のJTマーヴェラス。だが、これまでの試合展開を振り返ると、相手チームの流れに押されてしまう場面があった。 奥村は、「連続失点してしまう部分があり、この点は修正していきたい」と話す。しかし、試合を重ねる度に、声を掛け合い、チーム全員が攻守を担ってプレーをする“全員バレー”が定着してきているのも事実だ。 成長と課題が交差するJTマーヴェラス。明日のホームゲームでは、どのような試合展開を見せるのだろうか。

JTマーヴェラス
JTマーヴェラス