JTマーヴェラス
スペシャル
SPECIAL

ホームで見せた新たな強さ

2016/01/27COLUMN

「苦しい状況でも、『よし、いける!』という自信を持って戦う姿勢は、最初のころよりも強くなっている」

前日の仙台ベルフィーユ戦。一時は、試合の流れが相手に傾くも、選手同士で話し合い、自分たちで改善策を見出して勝利を手繰り寄せた選手たちを、吉原知子監督はそう評した。

そして、迎えた翌日の「2015/16V・チャレンジリーグⅠ」兵庫大会2日目。大野石油広島オイラーズとの一戦に、多くのファンが詰めかけた。大声援が選手たちの背中を後押しする中、この日も、選手たちは苦しい場面をものともしない強い気持ちを持って戦い抜き、勝利をつかむ。

「わくわくする反面、緊張もある」と、ホームゲームについて語った中村亜友美だが、第1セットのスタートから緊張感を楽しんでいるかのような、思い切りのいいプレーでチームをけん引した。相手のサーブを安定したサーブレシーブでセッター・田中美咲へ返すと、そのままレフトサイドに走り込んでスパイクを決め、チームに先制点をもたらす。JTマーヴェラスはその直後、相手に1点を献上するも、再び中村が連続でスパイクを決める。そしてコート上では、力強いガッツポーズを決める中村を中心に輪ができ上がり、チームの士気は一気に高まっていった。以降も、勢いもそのままに、相手に付け入る隙を与えぬ攻撃で、連続得点を挙げていくJTマーヴェラス。守ってはセンターに構える奥村麻依を中心に強固な壁を形成し、相手のスパイクをシャットアウトするなど、攻撃を許さず8-1で最初のテクニカルタイムアウトを迎えた。その後もJTマーヴェラスの勢いは止まらず、サイドとミドル、そして、バックと多彩な攻撃で相手のブロック陣を翻弄。着実に得点を重ねていき、2回目のテクニカルタイムアウトは16-6と点差を10点に広げて迎える。

「1点を決めたら2、3点取ったぐらいチームの雰囲気がよくなる」

そう語る中村の言葉の通り、勢いに乗るJTマーヴェラスは、その後も相手の追随を許さぬ試合運びをみせると、最後は金杉由香がバックアタックを決めて25-17。危なげなく第1セットを先取する。

勢いもそのままに、第2セットも連取するかに思われたが、1-4と先行を許すと、相手の背中を追いかける展開を余儀なくされる。そして、試合を振り返る中村の言葉は続く。

「雰囲気がいいときはいいが、若いチームのせいか、悪い流れのときはそれが続いてしまうことがある。その悪い流れを切って、いかに自分たちの良いバレーボールを出せるか。ともさん(吉原監督)に言われる前に、自分たちで改善しなければいけない」

コート上では、選手同士が声を掛け合い反撃のチャンスをうかがう。そして、第1セット同様に多彩な攻撃で得点を重ねていき、9-8と逆転。しかし、以降は拮抗した展開が続き、13-13の場面から連続失点を許し、13-16と再び相手にリードを許してしまう。それでも、意地と粘りを見せるJTマーヴェラスは、終盤に相手を捕まえると、20-19と再び逆転に成功。このまま、リードして第2セットを奪うかと思われた。しかし、直後に自らのミスで連続得点を献上し、20-21とされると、そのまま相手に逃げ切られてしまい、23-25。第2セットを落とし、セットカウントは1-1の同点となった。 しかし、第2セットは奪われたものの、選手たちはすぐに気持ちを切り替え、嫌な流れを払拭する。

「ミスから集中力を切らしてしまう場面があったが、『1本ずつ、1点ずつ集中してプレーしていこう』と話し合って、みんながそれを実行できていた」

奥村がそう語るように、第3セット開始前、選手たちは互いに声を掛け合って気持ちをリセットすると、自信に満ちた表情で再びコートに立つ。そして、相手の勢いに飲み込まれることなく、自分たちのリズムを取り戻し、相手を圧倒した。スタートから中村と田中瑞稀のサイド陣が勢いよくスパイクを決めるなど、6-2と先行すると、以降は、奥村と芥川愛加のセンター陣の攻撃も加えて得点を加算。12-7とじわじわと点差を広げていくと、ここで相手がタイムアウトを要求。しかし、JTマーヴェラスが試合の主導権を譲ることはなかった。タイムアウト明け後、互いに得点を奪い合う中で、JTマーヴェラスはブレークポイントを重ね、19-13と6点の差を付けて終盤に突入する。そして、そのまま相手の追随を許すことなく、最後は田中(瑞)がレフトスパイクを決めて25-19で第3セットを奪取した。

続く第4セットも、JTマーヴェラスの勢いは止まらない。中村がサイドから立て続けにスパイクを決めるなど、7-4と先行すると、「後半は、サイドの選手とブロックのタイミングを合わせてプレーできていた」と奥村が言うように、リーグ中断期間中に徹底して取り組んできたブロックで、奥村と中村が相手のスパイクをシャットアウト。8-4とダブルスコアで最初のテクニカルタイムアウトを迎える。タイムアウト明け後は、田中(瑞)がレフトからスパイクを決めるなど、13-8とリードを保って試合を展開する。その後、芥川のサーブを起点に連続5得点を奪うなど、セット終盤にさらに相手を突き放したJTマーヴェラス。最後は、安藤典莉子と芥川の高さのある2枚ブロックでマッチポイントを奪い25-17。一度は相手に傾きかけた流れを鮮やかに断ち切り、セットカウント3-1でホームゲーム2連勝を飾った。

2015/16シーズンスタート当初、吉原監督は、選手たちについて「気持ちが弱い」と言い切っていた。しかし、「まだまだ足りないけど」――と前置きした上で、「最初のころよりも強くなっている」と選手たちの気持ちの面での成長を感じ取っている。その、気持ちの面で自信を持って、戦う姿勢を強く持ち、さらに、自分たちで改善して勝利したこの試合では、JTマーヴェラスの新たな強さを見ることができた。今リーグ、JTマーヴェラスが見据えるのは、「2015/16チャレンジマッチ」での勝利。目標を達成するために、現状に満足することなく、残された時間でさらなるチーム強化を図っていく。早ければ次回の富山大会で「2015/16V・チャレンジマッチ」への出場が決まる。

JTマーヴェラス
JTマーヴェラス