JTマーヴェラス
スペシャル
SPECIAL

錬成を試すとき――

2016/03/09COLUMN

『何が何でも絶対にV・プレミアリーグ昇格』――

吉原知子監督が2015年6月に就任し、「何が何でも絶対にV・プレミアリーグ昇格」を目標に掲げて、フィジカル・メンタル共に日々ハードワークに取り組んできたJTマーヴェラス。いよいよその成果を試す日がやってきた。対する相手は、「2015/16V・プレミアリーグ」8位の上尾メディックス。奇しくも、JTマーヴェラスが残留を果たすことができなかった2シーズン前の「V・チャレンジマッチ」と同じ相手となった。その相手を前に、JTマーヴェラスは「2015/16V・チャレンジマッチ」初戦をセットカウント3-0のストレートで、鮮やかに勝利を決めた。

第1セットからJTマーヴェラスは、個々が自身の役割を果たしながら、全員でボールを拾い攻めていく“全員バレー”を見せる。その姿は以前、奥村麻依が話していた「『V・チャレンジマッチ』では、ひたすらしつこくボールに食らい付いていく姿を見て欲しい」という言葉通りのチームプレーだった。例えば、中村亜友美は要所で緩急をつけたスパイクで得点を加算し、ウイングスパイカーとしての役割を果たしていく。それと同時に、相手サーバーに狙われる中、レセプションを担うレシーバーとしての役割も果たしていった。

「試合前に瑞稀(田中瑞稀選手)と、“私か瑞稀が相手サーバーから狙われるだろうね”って(笑)。でも、どっちが狙われたとしても、しっかりボールをつなげていこう、と話していました」

その言葉通り、6-5の場面では、田中(瑞)が相手サーブをしっかりとレシーブしてセッター・田中美咲に託す。そして、セッター・田中(美)は、そのボールを田中(瑞)へトスアップ。田中(瑞)はレフトサイドからしっかりとスパイクを決めた。さらにその後、田中(瑞)はサーバーに下がり、相手陣形を乱すサーブを放ち、奥村のブロックを演出。2点を加算したJTマーヴェラスは、8-5で1回目のテクニカルタイムアウトを迎える。そして、2回目のテクニカルタイムアウトも、中村のレシーブからセッター・田中(美)のトスを田中(瑞)がライトから決めて16点目を挙げ、16-13とリードして迎えた。セット終盤以降も“全員バレー”の勢いは衰えず、終始先攻したJTマーヴェラスが第1セットを25-21で先取する。

“絶対に負けられない”という思いを抱えながら第1セットを戦っているコート上の選手たち、そしてJTマーヴェラスのベンチには、リラックスしたムードが漂っていた。タイムアウト中の吉原監督の表情からも険しさは感じられず、時折笑みがこぼれることもあった。そのときの状況を吉原監督はこう語る。

「選手たちはもっと緊張するかと思っていたんですけど、意外とみんな冷静で。タイムアウト中、“今どこを修正しないといけないのか”を自分たちで気付いて話をしていたので、それを見て“大丈夫だな”と(笑)」 芥川愛加も「“リラックスしてやっていこう!”とみんなで声を掛け合ってプレーをしていました」と話した。

第2セットに入っても流れはJTマーヴェラスにあり、序盤から相手の攻守の隙を突く攻撃を展開していった。 例えば、10-7の場面。ラリーを通して相手陣形を徐々に崩していき、最後はライトサイドにいた中村に相手ブロッカーを引き付けたところで、セッター・田中(美)とのコンビネーションから芥川が速攻で決めて11-7。さらに、15-13の場面からは、芥川の速攻をはじめ、オヌマー・シッティラックのディグや田中(瑞)のスパイク、芥川と中村の2枚ブロックなどで“全員バレー”を粘り強く貫いた。するとJTマーヴェラスの強固なるディフェンスを前に相手が屈するなど、連続4得点を挙げて19-13。そして、1点を返された19-14の場面では、オヌマーや小幡真子のレシーブから、田中(美)のコート幅いっぱいに使った多彩なトスワークが芥川のブロード、田中(瑞)のレフトスパイク、中村のライトスパイクを演出するなど連続5得点。24-14と点差を10点に広げるなど、息の合った“全員バレー”を展開。直後に連続失点を喫するも、第2セットを25-16と9点差で連取した。

芥川はこう振り返る。「(V・チャレンジリーグを終えてから2週間)今シーズン、自分たちが積み上げてきたものに磨きをかけつつ、ミドルブロッカーとセッターとの間でミーティングをより一層重ねて準備をしてきたことが、結果につながったんだと思います」――と。そして中村も「今までやってきたことを精いっぱい練習しながら修正点を改善したり、チームで試合中の動きを再確認したりしてきました」と話した。

2セット連取で大きくアドバンテージをつかんだJTマーヴェラスだったが、第3セットは序盤から一進一退の攻防が続き、吉原監督やコーチからは「足が止まっているよ」と声が飛ぶ。試合は25点で決することなく、ジュースに及んだ。しかし、迎えた24-24の場面、小幡が幾度となくボールを拾い、前衛がブロックで相手の攻撃を止めるなど、ここでも “全員バレー”を展開。結果、JTマーヴェラスは相手のミスを誘いマッチポイントを奪取。その勢いのまま、最後は奥村のサーブで相手陣形を崩し、芥川とオヌマーの2枚ブロックで得点を挙げて26-24。ストレートで快勝した。

“全員バレー”に磨きをかけてきたJTマーヴェラスは、「2015/16V・チャレンジマッチ」初戦をセットカウント3-0で勝利し、3ポイントを獲得、得失点も15点の差をつけた。「2015/16V・チャレンジマッチ」2戦目で、JTマーヴェラスが1セットでも勝利すれば、V・プレミアリーグ昇格の権利が得られる状況に持ち込んだ。しかし、吉原監督も選手たちも口々に「まだ、何も決まったわけではない」、そう話す。
本当の“正念場”は次の1戦。

『何が何でも絶対にV・プレミアリーグ昇格』
今まで錬成してきた結果が、次で決まる――。

JTマーヴェラス
JTマーヴェラス