スペシャル
SPECIAL

抜群のチーム力で2位に浮上 決戦の第3Legへ――

2017/12/15COLUMN

第1Legを3位という好位置で終えたJTマーヴェラス。第1Legで見えた「脆さ」という課題を克服し、チーム全員で結束して臨んだ第2Legは2位へ浮上。「何がなんでも日本一」に向けて突き進むJTマーヴェラスの第2Legを振り返る。

少ない人数でも結束して第2Legは6勝1敗

前半戦と後半戦をつなぐ、勝負の第2Legを6勝1敗。試合を重ねるたびにチームとしての形が構築され始め、順位も2位。好不調の波が目立ち苦しんだ感のある第1Legと比べても、安定感も勝負強さも格段に増したように見えた。しかしそれはあくまで結果の話であると吉原知子監督は語り、勝利後のインタビューでも常に「課題」や「危機感」を口にし続けた。
「とにかく今いる選手で戦い切らなければならないということをコンディションの面から考えると決して簡単ではありません。人数が少ない分、一人ひとりの役割も増える。まずは相手がどうという前に、自分たちのことをしっかりやらなければいけません」

ベンチ入りは12名。通常ならば2名入れるリベロも1名。他チームに比べても圧倒的に少ない人数で残りの3カ月以上を戦い切る。言うまでもなく、決してたやすいことではない。
だが、そんな危機的状況がチームにまとまりを与えた、と言うのはセッターの田中美咲だ。

「夏場から少ない人数で練習を重ねて、誰が出ても同じようにチームとして戦える準備をしてきました。コートの選手は『出られない選手の分もしっかり頑張ろう』と責任を持って戦えているし、ベンチの選手も気づいたことをどんどん伝えてくれるので、チーム全員で戦えているという実感があります」

そして、その第2Legに入り、さらに存在感を増したのがウイングスパイカーの田中瑞稀だ。第1Legはコートの外から試合を見る機会が多かったが、その際もコート内に目を凝らし「自分が入ったらこうすればもっとうまく回るのではないか」と冷静に分析していた。第2Legに入りコートへ戻ってからはブランキツァ・ミハイロヴィッチ、金杉由香が入る攻撃的布陣の中でリベロの小幡真子と共にレセプションのほとんどを担うようになった。相手のマークは厳しくなり、自身が得意とする理想の形で打てることのほうが少なくなったが、それでも「自分としてもレセプションの技術を高めたいと思ってやってきたので負担は増えたように見えるかもしれないけれど、そういう意識はない」と言ってのけた。どれだけ相手のサーブでターゲットにされても崩れることなくパスを返し、攻撃に入る。まさに“攻守の軸”となった田中瑞稀の活躍を吉原監督も称えつつ、さらに大きな期待も寄せる。
「彼女がこれから進むステージを考えれば、絶対に拾えて打てる選手にならないと厳しいということは、きっと彼女が一番わかっているはずです。今、チームの中でこういう役割が巡って来たことも、1つレベルアップするチャンスだと思います。まだまだできる選手ですから。もっとやって欲しいし、もっとやってくれる」

それぞれが「与えられた役割を全うする」

バレーボールというチームスポーツにおいて、コートで戦う選手の働きが直接的に勝敗を左右するのは確かではあるが、それに加え重要なのがリザーブの選手の存在だ。
彼女らはいつ自分に出番が回ってくるかはわからない。1点を巡る緊迫した場面でベストサーブを打てるように、“ここ”というポイントでのブロックで貢献できるように、相手の強打を拾って自チームの攻撃につなげられるように。どんな状況でもチームに貢献できる準備をしながら、コートに立つ選手たちをバックアップする。決して大げさではなく、リザーブの選手がどれだけ良い働きができるか。それこそが勝敗を動かす大きなカギになると言っても過言ではないはずだ。

そのポジションで抜群の安定感を見せるのがチーム内ではベテランの域に達したリベロの井上琴絵だ。リベロとしての実力は折り紙付きだが、井上のもう一つの持ち味である、相手を翻弄するフローターサーブが今のJTマーヴェラスに必要とされていた。
サーブ以外では直接得点に結びつくわけではないポジションだからこそ、どんな場面でも崩れず完璧に目の前の仕事を果たす。それが今シーズンの井上に期待される役割であり、本人も熟知したうえでコートに立っている。
「昨シーズンも同じような役割を与えられていましたが、途中から入る難しさもあってなかなかチームに貢献することができませんでした。でも今シーズンは、サーブで攻めることができているし、自分がバックの3ローテに入るときは1本でも多く拾ってブレークにつなげたい。一人ひとりがやることさえできれば結果につながると思うし練習の時から準備をしてきたので、私も与えられた役割を全うしたいです」

勝負の第2Legから、決戦の第3Legへ

少ない戦力というハンデを乗り越えどこよりも強いチーム力を手に入れつつあるJTマーヴェラスは長い道のりを戦い続ける。ひたすら“自分”と戦いながら、たった一つの頂点だけを目指して――。

JTマーヴェラス