JTマーヴェラス

「2019-20 V.LEAGUE」開幕直前! 小幡真子主将インタビュー

2019/10/10INTERVIEW

負けない強さを持って、優勝を目指す 小幡真子主将

「2019-20 V.LEAGUE」開幕直前! 小幡真子主将のインタビューをお届けします。

――「2018-19 V.LEAGUE」を振り返って

一昨年の「2017/18V・プレミアリーグ」はファイナル6からファイナルに一気に進出することができた分、「2018-19 V.LEAGUE」はファイナル3を初めて経験できたことが収穫だったと思います。課題としては、シーズンを通して「この試合を絶対に取らなければならない」という場面で取り切れなかったことでした。その課題に直面したのがまさにファイナル3だったと思います。当然、選手はみんな悔しい気持ちを持っていると思いますし、その悔しさをバネに練習からしっかり取り組んできました。

――シーズン中、吉原知子監督が「好不調の波が多い」とおっしゃっていました。その課題についてどう受け止められていますか?

良い時はすごくいいんですが、悪くなってしまった時に歯止めが利かなくなってしまいました。そうした時に一人ひとりの「強さ」が大事になってくると思います。そのためにオフシーズンの練習から妥協を許さないように取り組み、プレーの質や個々の技術の向上に努めてきました。

――「2019-20 V.LEAGUE」ではカンファレンスの変更や開催期間の変更が出ましたが、どのような印象をお持ちですか?

まず、私自身の話になりますが、日本代表に選出されている関係でチームへの合流が遅れますし、そうした変化に対応するために、限られたチーム練習を1日も無駄にできないと思っています。またその中でチームがどうやって今シーズンを戦っていくのかを主将としてしっかり考えなければいけません。
リーグについては開催期間が短期間となりますので、カンファレンスで良い成績を残していても、交流戦で結果が残せなければ当然順位も危うくなります。そうした面では昨シーズン以上に一戦一戦が重要になってくると思います。

それと、試合時間が昼からの試合が多い印象があります。起床から試合までの準備時間が短い分、試合中に最高のパフォーマンスを発揮するために試合前の準備がより重要になってくるのではないでしょうか。そのためには普段の練習から想定し取り組んでいかなければいけないなと思います。

――昨シーズンから内定選手が4選手加入しましたが、主将としてアドバイスすることは?

出場の機会が巡ってきた時にまず自分のプレーの持ち味をしっかり発揮してほしいですね。また新人という立場でいろんな面で遠慮がちになってしまうかと思いますが、試合中のふるまいや社会人としての普段の行動でも自分らしさを出して、どういう人間かをアピールしていってほしいなと思います。

――4選手の中で同じリベロである深萱知代選手はどのような印象をお持ちですか?

ディグなどディフェンス面でうまい印象があります。逆に私が技術を盗まなければいけないなと思います(笑)。

――主将として1年経験して思ったこと、2年目に向けての意気込みを教えてください。

昨シーズンはファイナル3で負けた瞬間に自分自身の弱さが出てしまったと痛感し、反省しました。オフシーズンは主将として自分ができることやしなければいけないことをもう1回見直しています。具体的には技術の向上だったり、チームメート一人ひとりへの関わり方だったりするのですが、まずは「自分が強くなる=チームが強くなる」と思って、チームの誰よりも努力していかなければいけないと思います。

――今シーズンから副主将に目黒優佳選手が就任されました。

彼女は大学(日本体育大学)の後輩でもありますし、4年生の時に主将を務めていましたのでその経験を生かしてくれたら良いかなと思います。また個人としては在校期間が1年被っていますが、JTマーヴェラスに入部してからの彼女は当時の私が知らないような良さがプレー内外で出ていて、心身ともにたくましくなったなという印象です。
シーズンを通して、コート内外でさまざまな役割を求められると思いますが、2人で協力してチームをまとめ上げていきたいと思います。

――最後に「2019-20 V.LEAGUE」開幕に向けてファンの皆さまにメッセージをお願いします。

昨シーズンはファイナル3敗退という結果に終わり、選手全員が悔しい経験をしました。オフシーズンは選手一人ひとりが自信をもって試合に臨めるように覚悟をもって練習に取り組んできました。「2019-20 V.LEAGUE」ではJTマーヴェラスらしいハードワークでつないで粘っていくバレーボールができるように、誰かに期待するのではなく、私も含めて自分自身が自分自身に期待して自分を超えていきたいと思います。またプレー以外でも人間性をしっかり磨いていきたいと思います。

そして、今シーズンの目標はもちろん「2019-20 V.LEAGUE」で優勝することです。私たちは何年もずっと一緒にやってきているチームではありませんが、負けない強さを持っていきたいと思います。接戦でも競り勝って、相手チームに嫌な印象を与えられるように、目の前の1点、1セット、1試合に集中して戦っていきたいと思います。
そして、ファンの皆さまにぜひ会場に足を運んで、JTマーヴェラスを応援していただきたいです。

JTマーヴェラス
JTマーヴェラス