《日程&結果》

2012年度 将棋日本シリーズ 東海大会 テーブルマークこども大会

参加認定証
大会日程:

10月27日(土)

大会会場:

ポートメッセなごや(愛知県)

大会参加者:

1,457名(低学年:594名 高学年:863名)

リポート:

名古屋市港区のポートメッセなごやで行われた「将棋日本シリーズ 東海大会 テーブルマークこども大会」。大会当日は秋らしい爽やかな好天となり、会場に向かうあおなみ線の車内は、大会参加者の親子やこどもたちのグループで一杯。今回の東海大会は過去最高の参加申し込み数となったため、会場受付前には参加者・同伴者の長蛇の列ができました。そして、広い会場内も、開会式が始まる頃にはびっしりと人で埋め尽くされました。
開会式の後は、ブロック対局と代表者決定トーナメント戦を開催。会場では、兄の戦いぶりを心配そうに見つめる幼い妹や、対局が終わるたびに反省会をしている熱心な家族、「6年生で最後の参加になるからいい成績を残させてあげたい」といろいろな作戦をこどもに授けている父親、大差で負けて涙を流す孫娘を懸命に慰める祖母と母親など、さまざまな光景が見られました。
また、「ファミリー将棋コーナー」では将棋駒を使った「山くずし」を楽しむ母娘や、中学生の孫と対局をしてその強さに目を細めている祖父の姿などが見受けられました。「詰め将棋クイズコーナー」も相変わらず大盛況。「テーブルマークこども大会」決勝ステージと「JTプロ公式戦」で大盤解説を務める杉本七段が出題したやや難しい5手詰めの問題を、低学年部門の参加証を付けた女の子が見事に解くと、周りの観客から盛んな拍手が起こっていました。
同伴者の方々からは、「負かした子のことを気遣うようになったのがうれしい。人のことを思いやれる子になってくれたと思います」「将棋を指すようになってから、将棋だけではなく何でも先のことを考えて行動するようになった気がしますね」「兄弟で初めての参加ですが、楽しそうでよかったです。家でも二人で将棋を指して遊んでいるし、将棋を通じて友だちも増えました」などの声が聞かれました。

低学年部門の結果

伊藤 優君
中平大揮君
(大垣市立静里小学校3年)
(岐阜市立加納小学校3年)

101手にて伊藤君の勝ち!

高学年部門の結果

伊藤裕紀君
中西悠真君
(四日市市立三重西小学校5年)
(亀山市立井田川小学校5年)

95手にて伊藤君の勝ち!

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00〜18:00
休業日 : 土日祝日