《日程&結果》

2012年度 将棋日本シリーズ 東京大会 テーブルマークこども大会

参加認定証
大会日程:

11月18日(日)

大会会場:

東京ビッグサイト(東京都)

大会参加者:

3,196名(低学年:1,407名 高学年:1,789名)

リポート:

東京都江東区の東京ビッグサイトで行われた「将棋日本シリーズ 東京大会 テーブルマークこども大会」。大会当日は、前日の大雨が嘘のような好天。開会式のころには広い会場内は訪れた多数の参加者と同伴者で埋め尽くされ、まさに“壮観”といった幕開けとなりました。主催者、協賛者からのあいさつに始まり、大会ルールの説明などがあった後、太鼓の音とともにブロック対局がスタート。「お願いしま〜す!」と、こどもたちの元気のいい声が場内に響き渡りました。ブロック対局、そして代表者決定トーナメントの最中には、対局の様子を見守る同伴者のところへ対局結果の報告に駆けよるこどもたちの姿が多数見られました。「今度は6年生の強そうな男子が相手なんで負けるかも」と緊張した表情で告げる少女に、「正々堂々と戦えば負けたとしても格好よいから大丈夫だよ」と励ます父親。負けてうつむく孫らしき男の子に「去年よりいい成績だったじゃないか」と慰める祖父と祖母など、さまざまな光景が見られました。
同伴者の方々からは、「将棋を通じて学校外の友だちができたのがよかったです」「将棋を覚えてから、物事をよく考えるようになって礼儀も身についてきました。家で兄弟で将棋を指す時にも、『お願いします』とあいさつするようになったのにはびっくりです」「将棋を通じて、家族間のコミュニケーションが格段によくなりましたね。年齢の異なる相手ともきちんとお話ができるようになってきました」などの声が聞かれました。
また、今回の大会では、ブロック対局の終了時に、ギネス世界記録™認定式が行われました。これは「同時に一ヶ所で行われた将棋の対局数」の記録で、ギネスワールドレコーズ™のルールに則った、公式の記録挑戦です。ギネスの公式認定員が、ブロック対局第一局で対戦する参加者たちを丁寧にカウントし、見事にギネス世界記録™として認定。認定式終了後は、記録達成に参加したこどもたちと関係者代表たちの記念撮影も行われました。なお、ギネス世界記録™となった対局数は1,574対局です。

低学年部門の結果

新田康輔君
北村啓太郎君
(横浜市立牛久保小学校2年)
(江東区毛利小学校3年)

98手にて新田君の勝ち!

高学年部門の結果

入馬尚輝君
福田晴紀君
(千葉市立幕張小学校6年)
(調布市立調和小学校6年)

158手にて入馬君の勝ち!

※千日手指し直し局
Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00〜18:00
休業日 : 土日祝日