《日程&結果》

2014年度 将棋日本シリーズ 福岡大会 テーブルマークこども大会

参加認定証
大会日程:

7月12日(土)

大会会場:

福岡国際センター(福岡県)

参加者:

533名(低学年:199名 高学年:334名)

リポート:

福岡市博多区の福岡国際センターで開催した「将棋日本シリーズ 福岡大会 テーブルマークこども大会」。
過去最大級といわれた台風8号が過ぎ去った当日は、533名のこどもたちが参加。同伴者を含めると、計1,254名が九州各県から来場しました。会場入口では、大盤解説の豊川孝弘七段、聞き手の山田久美女流三段、読み上げの村田智穂女流二段の3名が来場者をお出迎え。こどもたちとの記念写真の撮影や握手に笑顔で応えていました。
ブロック対局、トーナメント戦と熱気に溢れた対局が続き、いよいよ始まった決勝戦は両部門ともに大熱戦。低学年部門では双方が入玉する200手を超える対局、高学年部門も150手以上の激しい戦いとなり、会場を大いに沸かしました。
また場内では、本年度に実施している「1万ピースのモザイクアート」で使用するブロックピースも展示。こどもたちや同伴者が周囲に集まり、自分の夢を書いたピースを探したり、みんなの書いた夢を見たりといった姿が見られました。
同伴者の方々からは、「初参加です。2人ともこの4月から将棋教室に通い始めたばかりです(笑)。『テーブルマークこども大会』のような大きな大会は初めてなので最初は緊張気味でしたが、今は楽しそうに指しているみたいです」「『テーブルマークこども大会』のことは学校でもらったチラシで知って、初めて参加しました。とても雰囲気がよい大会で安心しました。勝負だからもっとピリピリしているのかと思っていたのですが、みんな楽しそうなのがいいですね」「昨年参加したときは、知らない子がたくさんいて最初は緊張したみたいですが、思ったよりもすぐに打ち解けるものですね。本人は楽しんでやっているようです」などの声が聞かれました。

低学年部門の結果

松本大輝君
松岡杜都君
(福岡市立千早小学校3年)
(筑紫野市立筑紫小学校2年)

217手にて松本君の勝ち!

高学年部門の結果

嶋村拓夢君
安藤優大君
(宇部市立見初小学校5年)
(久留米市立高良内小学校5年)

156手にて嶋村君の勝ち!

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00〜18:00
休業日 : 土日祝日