《日程&結果》

2014年度 将棋日本シリーズ 中国大会 テーブルマークこども大会

参加認定証
大会日程:

7月19日(土)

大会会場:

岡山県総合グラウンド 桃太郎アリーナ(岡山県)

参加者:

534名(低学年:201名 高学年:333名)

リポート:

岡山市北区の岡山県総合グラウンドで行われた「将棋日本シリーズ 中国大会 テーブルマークこども大会」。当日の会場には、夏休みに入ったばかりの元気一杯のこどもたち・534名が来場。同伴者を含めると計1,303名が中国地方各県から訪れました。開場後は、会場入口にて大盤解説の木村一基八段と聞き手の甲斐智美女流王位・倉敷藤花、そして読み上げの伊藤明日香女流初段の3名が来場者をお出迎え。握手を交わしたり、記念撮影に笑顔で応じたりするシーンが見られました。また、対局テーブルの各席には本年度に実施している「1万ピースのモザイクアート」に使用するモザイクピースが設置。こどもたちは真剣な表情で「勝ちたい」「プロ棋士になりたい」などの大会にまつわるものから、「大工になりたい」「科学者」「料理人」といったものまで、自らの夢をピースに書き込んでいました。
開会式が終わると、いよいよブロック対局がスタート。対局スペースの周りには多くの同伴者の方々が集まり、こどもたちの対局の行方を見守ったり、対局の様子を写真に収めたりしていました。その他、会場では大盤解説の木村八段が解説する「詰め将棋クイズコーナー」や、女流プロ棋士や奨励会員による「指導対局コーナー」などのイベントも大盛況。ブロック対局後の自由対局では、対局数や勝利数によってもらえる「将棋駒型消しゴム」を集めようと、こどもたちが対局を思う存分に楽しんでいました。
同伴者の方々からは、「初めて参加しました。こどもは昨年から将棋教室に通っているのですが、『テーブルマークこども大会』のことはそちらで知りました。いやあ、こんなにたくさんの参加者がいるんですね」「今日は朝5時起きで来ました(笑)。『テーブルマークこども大会』はお祭りみたいなもので、こどもは毎年この大会を楽しみにしているみたいです」「『テーブルマークこども大会』のことは学校の掲示板に貼ってあったチラシで知りました。自分の実力がどれだけ通用するか楽しみだったみたいですが、かなり強そうなお子さんが多いのですね。いい経験になればと思っています」などの声が聞かれました。

低学年部門の結果

鷹取尚弥君
井上来渡君
(広島市立己斐東小学校1年)
(出雲市立荘原小学校2年)

86手にて鷹取君の勝ち!

高学年部門の結果

荒瀬啓介君
国広友基君
(倉敷市立帯江小学校5年)
(三次市立酒河小学校4年)

92手にて荒瀬君の勝ち!

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00〜18:00
休業日 : 土日祝日