《日程&結果》

2014年度 将棋日本シリーズ 静岡大会 テーブルマークこども大会

参加認定証
大会日程:

9月6日(土)

大会会場:

ツインメッセ静岡 北館大展示場(静岡県)

参加者:

511名(低学年:169名 高学年:342名)

リポート:

静岡市駿河区のツインメッセ静岡で行われた「将棋日本シリーズ 静岡大会 テーブルマークこども大会」。快晴に恵まれた当日の会場には、511名のこどもたちが参加。同伴者を含めると、計1,306名が来場しました。
開場後、入口で来場者を迎えたのは、大盤解説の広瀬章人八段、聞き手の本田小百合女流三段、読み上げの熊倉紫野女流初段の3名。こどもたちとの記念撮影に気さくに応じたり、笑顔で握手を交わしたりと、交流を深める姿が見られました。また、対局テーブルの各席には、本年度実施中の「1万ピースのモザイクアート」に使用するモザイクピースが置かれており、「英語の先生になる」「車屋さんになりたい」「恐竜はかせ」など、こどもたちは思い思いに自分の夢を書き込んでいました。
開会式が終了すると、いよいよブロック対局がスタート。こどもたちはトーナメント戦進出を目指し、計3回の対局を行いました。対局スペースの周囲には同伴者の方々が集まり、こどもたちの真剣勝負の行方を見守ったり、熱戦の様子を写真に収めるシーンが見られました。また、大盤解説の広瀬八段が解説する「詰め将棋クイズコーナー」や、女流プロ棋士や奨励会員による「指導対局コーナー」など、各種イベントも盛況。ブロック対局後の自由対局でも、こどもたちは会場で知り合ったお友だちと夢中になって対局を楽しんでいました。
同伴者の方々からは、「初めて参加しました。こんなに将棋をするこどもがいることにびっくりしています。将棋はおじいちゃんから教わって好きになったみたいです」「昨年は父親が連れてきたのですが、つい口出しをしたくなるからと今回は来ていません(笑)。私は初めて来たのですが、こどもたちがみんな真剣に将棋を指しているのを見て、なんかドキドキしています」「上の子は3回目、下の子は2回目の参加です。『テーブルマークこども大会』は、初対面の子に対局を申し込んだり、真剣に対局に取り組んだり、普段は見られないこどもの姿が見られて感動しています」などの声が聞かれました。

低学年部門の結果

諸岡知樹君
金澤正一郎君
(杉並区立高井戸小学校3年)
(岡崎市立細川小学校1年)

42手にて諸岡君の勝ち!

高学年部門の結果

髙橋晴仁君
西川シュリ君
(掛川市立西山口小学校6年)
(甲斐市立双葉東小学校4年)

119手にて髙橋君の勝ち!

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00〜18:00
休業日 : 土日祝日