《日程&結果》

2016年度 将棋日本シリーズ 静岡大会 テーブルマークこども大会

開催リポート

参加認定証
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
低学年部門の結果
大石裕貴君
政岡 優さん
(静岡市立大里西小学校3年)
(稲沢市立下津小学校1年)

89手にて大石君の勝ち!

高学年部門の結果
永井 大君
高島康太君
(浜松市立北浜東小学校6年)
(静岡市立南部小学校6年)

49手にて永井君の勝ち!

大会日程:

7月30日(土)

大会会場:

ツインメッセ静岡 北館大展示場

参加者:

609名(低学年:261名 高学年:348名)

リポート:

静岡市駿河区のツインメッセ静岡で行われた「将棋日本シリーズ 静岡大会 テーブルマークこども大会」。7月最後の週末となる大会当日、「テーブルマークこども大会」には609名のこどもたちが参加し、同伴者を含めると計1,578名が来場しました。
入口で来場者を迎えるのは、杉本昌隆七段と藤田綾女流初段、野田澤彩乃女流1級。こどもたちとの記念撮影や握手などに気さくに応じ、交流を深めていました。
その後、対局テーブルの席についたこどもたちは「こどもたちの夢を絵馬にのせて“ドリームロード”」に使用する特製の絵馬に思い思いの願いを書き込んでいました。そして開会式が終わると、いよいよブロック対局がスタート。こどもたちの大きなあいさつの声とともに、あちらこちらで熱戦が展開されました。周りには、対局を見守る同伴者が集まり、場内は熱気に包まれました。
また、人気コーナーの「将棋ってすごい」では杉本昌隆七段が目隠しをして、こども代表と戦う「目隠し将棋」が行われるなど、各種イベントも大盛況で、参加者は将棋を存分に楽しんでいました。

同伴者の声:

「こんなに大勢の人が参加しているなんて、すごいですね。塾の将棋大会には出たことがあるのですが、こんなに大きい大会は初めてです」 

「初めて参加しましたが、熱気がものすごいですね。将棋は父親が教えたら興味を持ったので、誕生日に将棋の本をプレゼントしました。最近は道場にも通うようになりました」

「大会に出てみたいというので、連れて来ました。将棋は幼稚園のときに教わったみたいです」

「学校からチラシをいただいて、初めて参加しました。こんなに小学生の将棋人口がいるとは思いもしませんでした。こどもは今日早速お友だちができたと言っていました」

「初めて参加しました。今年の春から将棋教室に通っています。いい刺激を受けて帰ってくれたらと思っています」

「年長のころから毎年出ています。将棋はおじいちゃんと指したりするくらいで、教室などには通っていません。この大会はこどもたちが生き生きとしているのがいいですよね」

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00〜18:00
休業日 : 土日祝日