《日程&結果》

2016年度 将棋日本シリーズ 北海道大会 テーブルマークこども大会

開催リポート

参加認定証
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
低学年部門の結果
石井亮多君
三好剛瑠君
(札幌市立日新小学校3年)
(札幌市立新琴似西小学校2年)

130手にて石井君の勝ち!

高学年部門の結果
行方大智君
渥美陽太君
(札幌市立西野第二小学校4年)
(苫小牧市立ウトナイ小学校4年)

83手にて行方君の勝ち!

大会日程:

9月3日(土)

大会会場:

札幌コンベンションセンター 大ホール

参加者:

参加者:467名(低学年:192名 高学年:275名)

リポート:

札幌市白石区の札幌コンベンションセンターで行われた「将棋日本シリーズ 北海道大会 テーブルマークこども大会」。9月最初の週末となる大会当日、会場には467名が参加、同伴者を含めると計1,184名が北海道の内外から来場しました。
会場入口で来場者を迎えるのは、村山慈明七段と室田伊緒女流二段、久津知子女流二段。こどもたちや同伴者との記念撮影に応えたり、言葉を交わしたりと交流を深めていました。
開会式が終了すると、いよいよブロック対局がスタート。対局エリアの周りには同伴者の方々が多数集まり、こどもの真剣勝負の様子をカメラに収めたり、こどもと作戦会議をしたりと、各所でいろいろな姿が見られました。
また、人気コーナーの「将棋ってすごい」では、大盤解説の村山七段が「目隠し詰め将棋」を行うなど、各種イベントも大盛況で、来場者は一日を通じて将棋を存分に楽しんでいました。

同伴者の声:

「今年で3回目の参加です。将棋は父親が教えて興味を持ったので、自ら将棋教室に通っています。大会の印象は試食とかがあるので、私たちも楽しいです」 

「4回目の参加です。将棋は児童会館でやっていて、久津先生にも年1回くらい指導してもらっています。毎年この時期はこの大会があるので、楽しみにしています。最近はこどもにやられ気味です」

「頭を使うことが大好きなので、毎年参加しています。こどもは面白いと言っています。休日としては、とてもいい過ごし方ですよね」

「今年で3回目の参加です。小学生になって普通の将棋をやるようになりました。昨年もトーナメント戦には進んだのですが、すぐに負けてしまいました。今年はもう少し勝てるといいのですけど」

「初参加です。学校では将棋をやる子がいないとかで、普段は私としかやっていません。大会ならたくさんの子と指せるので、ものすごく楽しみにしていました」

「学校からチラシをもらって、初めて参加しました。将棋を指すこどもがこんなにたくさんいることに驚きました。今日はプロの先生に指導対局をしてもらいました」

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00〜18:00
休業日 : 土日祝日