《日程&結果》

2016年度 将棋日本シリーズ 四国大会 テーブルマークこども大会

開催リポート

参加認定証
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
低学年部門の結果
奥田大地君
斎藤拓実君
(阿南市立中野島小学校3年)
(倉敷市立老松小学校3年)

77手(反則)にて奥田君の勝ち!

高学年部門の結果
清水知己君
平尾祐太朗君
(松山市立福音小学校4年)
(高松市立木太南小学校6年)

77手にて清水君の勝ち!

大会日程:

9月17日(土)

大会会場:

サンメッセ香川 大展示場

参加者:

468名(低学年:202名 高学年:266名)

リポート:

高松市のサンメッセ香川で行われた「将棋日本シリーズ 四国大会 テーブルマークこども大会」。絶好の秋晴れの大会当日、会場には468名が参加、同伴者を含めると計1,181名が近隣の各県から来場しました。
会場入口で来場者を迎えたのは、久保利明九段と真田彩子女流二段、井道千尋女流初段。こどもたちとの記念撮影に気さくに応じたり、笑顔で握手を交わしたりと、交流を深める姿が見られました。
開会式が終了すると、いよいよブロック対局がスタート。こどもたちは、トーナメント戦進出を目指して対局を行いました。緊張したこどもの姿を心配そうに見守る方や、真剣勝負に臨んでいるこどもの様子を笑顔で見守る方など、対局スペースの周囲には多くの同伴者の姿が見られました。また、大盤解説の久保九段が目隠しをして詰め将棋を行う「目隠し詰め将棋」など、各種イベントも大盛況でした。

同伴者の声:

「テレビゲームをさせたくないので、主人が将棋を教えました。この大会はいろいろな子と指せるので、いい刺激になりますし、いい経験になると思っています」

「普段は特に将棋をやっているわけではないのですが、この大会は毎年楽しみにしています。こどもも楽しんでいますし、親もプロの対局を生で見ることができますから、とてもいい催しだと思います」

「初めて参加しました。将棋は覚えてまだ半年くらいで、今は小学校の将棋クラブに入っています。この大会は、こどもが一生懸命やっているのを親が見ることができるのが良いですね」

「普段は将棋のゲームをしています。この大会を楽しみにしていて、毎年少しずつ強くなっているのがうれしいみたいです」

「大勢のこどもが参加していて圧倒されますね。先ほどトーナメント一回戦を勝ったみたいです」

「学校の将棋クラブに入っています。この大会はいろいろなこどもと対戦できるので楽しいみたいです」

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00〜18:00
休業日 : 土日祝日