《日程&結果》

2016年度 将棋日本シリーズ 東海大会 テーブルマークこども大会

開催リポート

参加認定証
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
低学年部門の結果
野村 櫂君
長澤 魁君
(名古屋市立森孝西小学校3年)
(瀬戸市立幡山西小学校3年)

90手にて野村君の勝ち!

高学年部門の結果
三浦光葵君
神谷拓摩君
(小牧市立米野小学校5年)
(半田市立乙川東小学校5年)

62手にて三浦君の勝ち!

大会日程:

10月2日(日)

大会会場:

ポートメッセなごや 第2展示館

参加者:

1,449名(低学年:659名 高学年:790名)

リポート:

名古屋市港区のポートメッセなごや 第2展示館で行われた「将棋日本シリーズ 東海大会 テーブルマークこども大会」。10月に入った曇天の中、会場には1,449名が参加、同伴者を含めると計3,666名が来場しました。会場入口では、藤井猛九段と室谷由紀女流二段、伊藤明日香女流初段が来場者をお出迎え。来場者は開会までの間、プロ棋士との写真撮影や作戦会議を行うなどして過ごしていました。
開会式が終了すると、ブロック対局がスタート。対局スペースの周りには、こどもたちの対局を見守る同伴者の方々が集まり、場内は熱気に包まれました。
また、会場では多くのイベントも実施。「将棋ってすごい」のコーナーでは、大盤解説の藤井九段が目隠しをして詰め将棋を解く「目隠し詰め将棋」が行われました。

同伴者の声:

「将棋は1年くらい前に私が教えました。自分も小学生の頃に地域の大会に出たことがあるのですが、今日は見ていてハラハラドキドキしています(笑)」

「大会のことは学校のチラシで知り観光がてら来てみました(笑)。こんなにたくさんのこどもたちと将棋をやる機会はないですから、将棋が好きになってくれたらいいなと思っています。こどもは最初緊張していましたが、1回勝って少しリラックスしたみたいです」

「初参加です。思ったよりもたくさんの人がいるのですね。上の子は緊張していますが、下の子は自由にやっているようです」

「将棋は3年前に児童館で教わって、その頃から出ています。今はおじいちゃんとやったり、お兄ちゃんと指したりしています。本人は周りの子と話したりして、楽しそうにやっています」

「将棋は友だちに教わりました。今年はトーナメントまで勝ち上がったのですが、今一回戦で負けちゃいました(笑)。この大会については、こんな世界があるのだなと興味深く感じています」

「将棋は保育園のときに友だちから教わったみたいです。こういう外の世界を知るというか、オープンな大会は教育上大変いいと思います」

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00〜18:00
休業日 : 土日祝日