《日程&結果》

2016年度 将棋日本シリーズ 東京大会 テーブルマークこども大会

開催リポート

参加認定証
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
低学年部門の結果
遠田直季君
土方悠生君
(新宿区立東戸山小学校3年)
(港区立本村小学校3年)

74手にて遠田君の勝ち!

高学年部門の結果
尾辻 弾君
是枝直樹君
(江東区立第二大島小学校6年)
(川崎市立西有馬小学校5年)

110手にて 尾辻君の勝ち!

大会日程:

10月23日(日)

大会会場:

東京ビッグサイト 東5・6ホール

参加者:

2,601名(低学年:1,275名 高学年:1,326名)

リポート:

東京都江東区の東京ビッグサイトで行われた「将棋日本シリーズ 東京大会 テーブルマークこども大会」。会場には2,601名のこどもたちが集合、同伴者を含めると計6,080名が関東地方を中心に各県から来場しました。会場入口では、木村一基八段と鈴木環那女流二段、安食総子女流初段が多くの来場者と握手や言葉を交わしながら交流を深め、記念撮影に応じていました。開会式に続いて、いよいよブロック対局がスタート。対局スペースの周りには、こどもの熱戦の様子を撮影したり、勝負を終えて戻ってきたこどもにアドバイスをしたりする同伴者の姿が見られました。
また、ブロック対局終了後には「こどもたちの夢を絵馬にのせて“ドリームロード”」の完成セレモニーが行われ、公益社団法人日本将棋連盟会長の谷川浩司九段と、こども代表の4名が参加して「開通式」が行われました。

「テーブルマークこども大会」に参加したこどもたちと同伴者の方々にお話を聞きました!

  • 「初めて参加しました。トーナメント戦2回戦で負けてしまったけど、楽しかったです」[低学年の部・男子]
  • お父さまより
    この大会に来てみて、人の多さにびっくりしました。1回も勝てないのではないかと思っていましたが、トーナメント戦まで進むことができて、よく頑張りました。
  • 「3回目の参加です。去年はトーナメント戦2回戦、今年はトーナメント戦3回戦まで進めました。来年はトーナメント戦4回戦に進みたいです」[低学年の部・男子]
  • お母さまより
    日ごろは教室に通って将棋を指しています。この大会は参加者が多いので自由対局でもたくさんのこどもと将棋が指せるのがいいですね。
  • 「お母さんが対局を見てくれていて嬉しかったです。ブロック対局で1勝するのが目標だったけど、達成できました。来年はもっと勝ちたいな」[低学年の部・男子]
  • お母さまより
    緊張することが多いので、こうした大きな大会に出て力をつけてほしいです。4月から将棋を始めて、初めて出た大会で1勝できてよかったね。
  • 「いつもは小学校の将棋サークルで将棋を指しています。ブロック対局は2勝できました。来年はトーナメント戦に進みたいです」[低学年の部・女子]
  • お母さまより
    将棋を始めてから、筋道を立てて考える力がついたと思います。自由対局のときに負けが込んでしまって泣いて帰ってきたけれど、その後、意を決したようにまた対局に戻っていったので偉いなと思いました。
  • 「ブロック対局は1勝しかできずに悔しかったので、来年は勝ち越せるように頑張りたいです。この大会はいろいろなお友だちと対局ができるので楽しいです」[高学年の部・男子]
  • お父さまより
    たくさんのこどもの泣き笑いを見ることができるのがいいですね。(お子さまに向けて)よく頑張ったね。また来年も大会に参加しようね。
  • 「強い人とたくさん対局できるのでいい練習になります。去年はトーナメント戦に進めたけれど、今年はダメでした。来年は決勝まで行きたいです」[高学年の部・男子]
  • お父さまより
    参加は5回目です。この大会は日ごろテレビで見ている棋士を間近で見られるのがいいですね。
  • 「ブロック対局は2勝できました。大勢の参加者の中で将棋を指すので、集中力が鍛えられたような気がします。もっと集中力を身につけて、いい手が指せるようにしたいです」[高学年の部・男子]
  • お母さまより
    同じ将棋教室の友だちが参加していたので、初めて参加しました。(お子さまに向けて)頑張ったね。来年はトーナメント戦に進めるようにもっと練習しよう。
  • 「2回目の参加です。ブロック対局は2勝1敗でした。来年はトーナメント戦に進みたいです」[高学年の部・男子]
  • お母さまより
    この大会はいろいろな子と対局できるので、力試しになるかなと思います。(お子さまに向けて)今日は緊張していたみたいだったけど、よく頑張りました。お疲れさまでした。
  • 「日ごろはいろいろな大会に出たり、本で勉強したりしています。去年はトーナメント戦に進めたけれど、今年は進めませんでした。初段に昇格できるように頑張ります」[高学年の部・男子]
  • お母さまより
    今日は最初に四段のこどもと当たったり、地元では対局できないような強い子がいたりするので参加してよかったなと思います。この後の自由対局も頑張ってね。
  • 「ブロック対局は1勝しかできなかったけど、楽しく対局できました。対局以外にもプロ棋士の公式戦や詰め将棋クイズコーナーがあって楽しいです」[高学年の部・女子]
  • お父さまより
    対局以外にもいろんなことを学べるし、イベントもあるので気軽に参加できるのがいいですね。(お子さまに向けて)自分の対局は終わったけど、この後はプロ棋士の将棋を見て楽しみましょう。
Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00〜18:00
休業日 : 土日祝日