将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

こども大会の1日

こども大会の1日

テーブルマークこども大会とは?

『将棋で「ココロ」を育てたい。』をテーマとして、“指して学ぶ”「こども大会」と、“見て学ぶ”「プロ公式戦」が同日同会場で開催されます。
こどもから大人までまるごと一日楽しめるイベントが盛りだくさんです。ここでは、会場の様子をご紹介します。

大会要項&ルールをチェック

大会の1日

指して学ぶ! テーブルマークこども大会

誰とでも、何回でも指せる自由対局からの参加も可能です。希望される場合は、参加申込の際、「自由対局(11:55開始)からの参加を希望する」の『はい』にチェックを入れてください。

  • 但し、勝ち抜き形式のブロック対局とトーナメント戦へは参加できませんので、ご注意ください。
1.受付〜入場
プロ棋士がお出迎え!
朝、受付を終えて入場すると、大盤解説のプロ棋士や聞き手、読み上げの女流棋士たちが皆さまをお出迎えします。一緒に記念写真を撮ることもできます!
2.ルール宣誓
対局前にルール遵守を図ります!
『将棋で「ココロ」を育てたい。』という大会テーマに基づき、対局が始まる前に参加者全員で「ルール宣誓」を行います。
3.ブロック対局
みんなが3回戦います
最初に行われるのが、ブロック対局。高学年部門(小学4〜6年生)と低学年部門(未就学児・小学1〜3年生)に分かれて3局、対戦します。3勝したら、トーナメント戦に挑戦。負けても、自由対局でたくさん将棋が指せます。
※ブロック対局に参加せず、自由対局からの参加を希望される場合は、11:55までに会場へお越しください。(12:00まで受付)
4.自由対局
誰とでも、何回でも指せて楽しい
学年・年齢に関係なく、誰とでも何回でも対局できます。将棋を覚えたての子でも大丈夫。相手を見つけてどんどん指して、大会オリジナルの将棋駒型消しゴムをもらいましょう。対局数や、勝った対局数に応じて、いろいろな駒の消しゴムがもらえます。
5.トーナメント戦
目指すは決勝ステージ!
ブロック対局で3勝すると、高学年部門と低学年部門に分かれ、チェスクロックを使ってのトーナメント戦に進みます。決勝ステージ目指して頑張りましょう。
6.決勝ステージ
みんなの代表が登場!
各部門を勝ち進んだ2名がステージに上がり、大勢の観衆の前で緊張の決勝対局。羽織・袴姿に着替え、「JTプロ公式戦」と同じ盤と駒を使って対局します。大盤解説・読み上げ・記録もつきます。
決勝戦の棋譜をインターネット配信!

見て学ぶ! JTプロ公式戦

1.JTプロ公式戦
熱戦を目の前で
公益社団法人日本将棋連盟が正式に認め、勝敗がプロ棋士の生涯記録となる真剣勝負の公式戦です。プロ棋士の息づかいが直に伝わる熱戦を、公開対局ならではの臨場感でご覧いただけます。対局途中で次の一手を予想する「封じ手予想クイズ」もお楽しみください。
各大会の対局カードはこちら!
2.感想戦〜勝利棋士お見送り
憧れのプロ棋士と握手!
息詰まるギリギリの対局も結末を迎え、投了。出場両棋士は大盤の前に移動し、解説のプロ棋士、聞き手の女流棋士と共に感想戦。対局の流れや、勝負のポイントを振り返ります。最後は、勝利棋士が会場出口にて、観戦いただいた皆さま一人一人と握手をしてお見送りします。

会場イベントのご紹介

お楽しみ将棋コーナー

詰め将棋クイズコーナー

解説を務めるプロ棋士が、短手数の詰め将棋を出題。初心者の大人でもこどもでも楽しめます。同伴者の方も参加できるコーナーです。

指導対局コーナー

女流棋士や奨励会生から直接、将棋の手ほどきを受けられます。(当日会場での申込による抽選制で申込締切は10:55頃となります)

ファミリー将棋コーナー

同伴者の方や、小さなお子さまが将棋の盤と駒を使って自由に楽しめるスペースもご用意しています。

将棋ってすごい! コーナー

プロ棋士が「目隠し詰め将棋」などにチャレンジ! プロ棋士のすごさを楽しく実感することができます。

テーブルマークブース

おいしさ広がる!

本大会に協賛しているテーブルマーク株式会社が提供する特設ブース。正解者の中から抽選で素敵なプレゼントが当たる「テーブルマーククイズラリー」や、同社による試食サービスなどを実施しています。ぜひ、お立ち寄りください!

テーブルマークウェブサイトはこちら

保護者の皆さまの声

会場で同伴者の方にリアルな感想をお聞きしました。たくさんのお友だちと楽しく将棋を指しながら、礼儀作法や集中力、考える力などを身につけられるのがこの大会の魅力。対局以外のイベントも充実しています。ぜひ、ご家族でご参加ください。

参加者が多くたくさん将棋を指すことができるので、本人にとっては良い力試しになっています。

たくさんのこどもの泣き笑いが見ることができるのが良かったです。

勝っても負けても大きな声できちんと挨拶をして終わるところが素晴らしいですね。

昨年1勝もできず悔しい思いをしたようなので、教室や家で熱心に1年間練習していました。

将棋を始めてからすぐに夢中になって、ゲームをする時間が減りました。集中力や落ち着きも身についたように思います。

プロの対局を見て、「すごい、すごい」と言いながらも、自分ももっと練習しないと意気込んでいました。

対局以外にも詰め将棋クイズコーナーや試食ブースなど気軽に参加できるものがあるのがいいですね。

日ごろテレビで見ているプロ棋士を間近で見られたので、私もこどももうれしかったです。

近くの会場を探して参加しよう!

大会は全国11地区で開催!

大会への参加は無料ですが、事前のお申込が必要です。下記より参加申込フォームなどにてお申込ください。参加申込は、順次開始。皆さまのご参加をお待ちしています!

将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会