将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

日程&結果

2017年度熊本大会

大会概要

大会日程 9月23日(土・祝)
会場 グランメッセ熊本 展示ホールC・D
参加者 512名(低学年:238名 高学年:274名)

開催リポート

すっかり秋めく空の下、「グランメッセ熊本」のテーブルマークこども大会には、昨年の応援大会を上回る512名が参加、同伴者を含め計1,303名が熊本県および九州各県から来場。

入口では解説の木村一基九段、聞き手の室谷由紀女流二段、読み上げの高浜愛子女流2級の3名が来場者を迎え、写真撮影に応じていました。

「将棋ってすごい」のコーナーでは、木村九段が目隠しをして詰将棋を解く「目隠し詰将棋」で会場を盛り上げました。

こどもたちは夢中で将棋を指し、年に一度のイベントを時間も忘れ楽しんでいる様子でした。

開催リポート

決勝戦の結果

【低学年部門】

清水 慎君(宮崎市立小戸小学校2年)

下大迫紀幸君(鹿児島市立中郡小学校3年)

48手にて清水君の勝ち!

【高学年部門】

市岡真悟君(国立大分大学教育学部附属小学校5年)

梶屋翔央君(福岡市立姪浜小学校5年)

77手にて市岡君の勝ち!

同伴者の皆さまに感想をお聞きしました!

昨年の宇土(熊本応援大会)に続いて2回目の参加です。将棋は妻がルールを教えて、今は水前寺の将棋教室に通っています。前回は途中で負けてしまいましたが、今年は3連勝で予選を抜けてくれました。

初めて参加しました。将棋は学童でやっています。最初は緊張していましたが、今は自分から自由対局をやっています。このような機会があると勉強になりますし、大変いい経験だと思います。

初参加です。学校からもらったチラシに羽生さんが対局すると書いてあったので「絶対行く!」と、参加することになりました。こどもが本当に楽しそうで来てよかったです。

2回目の参加です。昨年は負けてばっかりだったのですが、同い年の子と将棋ができて楽しかったようで、今年も参加したいと。今日は1勝できたみたいです。

将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会