将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

日程&結果

2018年度北海道大会

大会概要

大会日程 9月29日(土)
会場 札幌コンベンションセンター 大ホール
参加者 432名(低学年:177名 高学年:255名)

フォトギャラリー

開催リポート

秋晴れの週末、「札幌コンベンションセンター」のこども大会には432名が参加、同伴者を含め987名が北海道の内外から来場しました。

入口で来場者を迎えるのは、島朗九段と甲斐智美女流五段、久津知子女流二段の3名。来場者はこどもと記念写真の撮影に並んで入場していました。

開会式が終了すると、ブロック対局がスタート。対局スペースの周囲にはこどもたちの真剣勝負の様子を写真に収める同伴者の姿が見られました。また、「将棋ってすごい」のコーナーでは、島九段が目隠しをして詰将棋を解く「目隠し詰将棋」が行われました。

決勝戦の結果

【低学年部門】

一戸颯太君(帯広市立柏小学校3年)

志摩隆平君(白老郡白老町立萩野小学校3年)

148手にて一戸君の勝ち!

【高学年部門】

石井亮多君(札幌市立日新小学校5年)

湯川琥太朗さん(札幌市立山鼻小学校6年)

140手にて石井君の勝ち!

同伴者の皆さまに感想をお聞きしました!

初めて参加しました。将棋を習っているところは大人ばかりですが、ここではこどもと指せるので二人ともとても喜んでいます。こんなにたくさんこどもが参加していて驚いています。

4回目の参加です。将棋はおじさんがインターネットでやっているのを見て興味を持ちました。普段はパッパッと指す子なのに、手が止まっているので苦戦してますね。あ、でも今、勝ったみたいです。

昨年に続いて2回目です。最初はどうぶつ将棋から始めました。前回はトーナメント戦の1回戦で負けてしまったので、今回はそれ以上の成績を上げるのが目標です。

学校からチラシをもらって初めて参加しました。将棋は年長のときにおじいちゃんから教わりました。選手宣誓とか良いですよね。こどもも楽しそうです。

将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会