将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

日程&結果

2018年度東海大会

大会概要

大会日程 10月21日(日)
会場 ポートメッセなごや 第3展示館
参加者 1,844名(低学年:874名 高学年:970名)

フォトギャラリー

開催リポート

秋晴れの中、「ポートメッセなごや 第3展示館」のこども大会には1,844名が参加、同伴者を含め4,497名が東海各県から来場しました。

入口で来場者を迎えたのは、杉本昌隆七段と室田伊緒女流二段、北尾まどか女流二段の3名。

開会式が終わると、いよいよブロック対局がスタート。こどもたちはトーナメント戦進出を目指し、計3回の対局を行いました。また、「将棋ってすごい」のコーナーでは、杉本七段が目隠しをして、詰将棋を解く「目隠し詰将棋」を行い会場を沸かせました。

決勝戦の結果

【低学年部門】

華房慶大君(名古屋市立なごや小学校3年)

大草歩睦君(名古屋市立自由ヶ丘小学校3年)

86手にて華房君の勝ち!

【高学年部門】

野村 櫂君(名古屋市立森孝西小学校5年)

前川海里君(四日市市立楠小学校5年)

97手にて野村君の勝ち!

同伴者の皆さまに感想をお聞きしました!

初めて参加しました。将棋は主人が1年くらい前に教えました。こどもは主人以外の相手とやるのは初めてなので固まっていました。いい経験になればと思っています。

初参加です。将棋は近所の集会所でお年寄りの方から教わって、大会のこともそこで知りました。大会に出るのも初めてなので、こどもはワクワクしています。

上の子も下の子も4回目になります。下の子はトーナメントに進みましたが、上の子はやられました。こどもたちはどの子が強いとか、そういうことも大体分かるようです。

初めて参加しました。将棋は半年前に覚えて、面白かったらしくて、自分から教室に通いたいと言いだして通っています。この大会はいろんな子と指せるからいいですね。

将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会