将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

日程&結果

2019年度東北大会

大会概要

大会日程 6月30日(日)
会場 夢メッセみやぎ 展示ホールA・B
参加者 550名(低学年:211名 高学年:339名)

フォトギャラリー

開催リポート

梅雨の雨が止まない中、「夢メッセみやぎ」のこども大会には550名が参加、同伴者を含め1,433名が東北各県から来場しました。

入口で来場者を迎えるのは、野月浩貴八段、山口恵梨子女流二段、安食総子女流初段の3名。来場者はこどもと記念写真の撮影に並んで入場していました。

ブロック対局がスタートすると、こどもたちは真剣な表情に。トーナメント戦進出を目指し、あちらこちらで熱戦が繰り広げられました。対局スペースの周囲には同伴者の方々が集まり、こどもたちの真剣勝負の行方を見守ったり、熱戦の様子を写真に収めたりするシーンが見られました。

決勝戦の結果

【低学年部門】

河津颯一郎君(仙台市立榴岡小学校3年)

髙橋遥輝君(天童市立天童南部小学校3年)

73手にて河津君の勝ち!

【高学年部門】

小澤龍之介君(釜石市立小佐野小学校6年)

藤澤佳正君(名取市立増田西小学校5年)

126手にて小澤君の勝ち!

同伴者の皆さまに感想をお聞きしました!

今回初めて参加しました。とても立派な会場ですね。将棋は2年くらい前に始め、兄弟二人にルールを教えました。知らない子と対戦できるので楽しそうです。普段見せないような真剣な表情をしていました。

3回目の参加です。将棋は5歳の頃「3月のライオン」を見て始めました。普通の大会は強い子しか出ませんが、この大会は強い子も将棋を始めたばかりの子も出られるのがいいですね。年に一度のお祭りみたいなものです。

3回目です。将棋はおじいちゃんに教わって友だちと指したり、将棋ゲームをしたりです。この大会は勝っても負けてもとにかく楽しいみたいですが、今日は3連敗したので、道場に行こうかなと言っています。

上の子は4回目、妹たちは2回目です。お兄ちゃんは今、決勝トーナメントの3回戦を戦っています。この大会は娘たちも参加できますし、プロ棋士とも会えますし、とてもいいイベントですね。

おすすめコンテンツ

将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会