将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

日程&結果

2019年度熊本大会

大会概要

大会日程 9月7日(土)
会場 グランメッセ熊本 展示ホールC・D
参加者 369名(低学年:163名 高学年:206名)

フォトギャラリー

開催リポート

9月に入ったとは思えぬ暑さの中、「グランメッセ熊本」のこども大会には369名が参加、同伴者を含め909名が熊本県および九州各県から来場しました。
入口で来場者を迎えるのは、豊川孝弘七段、本田小百合女流三段、野田澤彩乃女流1級の3名。来場者はこどもと記念写真の撮影に並んで入場していました。

ブロック対局がスタートすると、真剣な面持ちに変わるこどもたち。トーナメント戦進出を目指し、あちらこちらで熱戦が繰り広げられました。対局スペースの周囲には同伴者の方々が集まり、こどもたちの真剣勝負の行方を見守ったり、熱戦の様子を写真に収めたりするシーンが見られました。

決勝戦の結果

【低学年部門】

嶋田旬吾君(熊本市立託麻原小学校3年)

岡﨑理久君(福岡市立当仁小学校3年)

91手にて嶋田君の勝ち!

【高学年部門】

田尻朝嗣君(熊本市立高平台小学校4年)

清水 慎君(宮崎市立小戸小学校4年)

81手にて田尻君の勝ち!

同伴者の皆さまに感想をお聞きしました!

初参加です。この大会のことは知っていたんですが、久しぶりに参加した囲碁将棋大会でチラシをもらいました。いつもは兄弟でやることが多いので、知らない子と指すのは緊張感もあって、いい刺激になると思っています。

2回目の参加です。昨年は福岡大会に出ました。中学生になった兄は年長から7回出ていました。将棋教室にも通っていますが、なかなか女の子同士でやる機会がなくて。この大会はいろんな子と指せるので楽しみにしています。

3回目です。誕生日プレゼントに自分から将棋のセットが欲しいと言って始めたんですが、普段は全然やっていません。この大会のお知らせが来ると「今年も出る」という繰り返しです。いろんな相手と指せるので、本人は楽しいみたいです。

昨年の熊本大会と今年は福岡大会に出て、熊本へ再チャレンジに来ました。将棋は藤井聡太七段を見て、興味を持ちました。普段は棋譜を並べたり、将棋ウォーズをやったりしています。今日も途中で強い子と当たってしまい、今やられてしまったみたいです。

おすすめコンテンツ

将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会