将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

日程&結果

2019年度東京大会

大会概要

大会日程 11月17日(日)
会場 幕張メッセ 国際展示場1〜3ホール
参加者 2,494名(低学年:1,271名 高学年:1,223名)

フォトギャラリー

開催リポート

秋晴れの中、千葉市「幕張メッセ」のこども大会には2,494名が参加、同伴者を含め5,876名が関東各県を中心に来場しました。
入口で来場者を迎えるのは、中村太地七段と鈴木環那女流二段、相川春香女流初段の3名。来場者はこどもと記念写真の撮影に並んで入場していました。

サプライズゲストで登場したプロ体操選手の内村航平選手がこどもたちにエールを送ったあと、いよいよブロック対局がスタート。2,000名を超えるこどもたちの大きな挨拶の声とともに、あちらこちらで熱戦が展開されました。真剣な表情で対局に取り組むこどもたちを、同伴者の方々が対局エリア外から熱い視線を送っていました。

決勝戦の結果

【低学年部門】

近藤啓介君(世田谷区立尾山台小学校3年)

祝井千空君(府中市立府中第二小学校1年)

119手にて近藤君の勝ち!

【高学年部門】

北原 優君(船橋市立前原小学校5年)

高井柊輔君(川口市立飯塚小学校6年)

109手にて北原君の勝ち!

同伴者の皆さまに感想をお聞きしました!

初めて参加しました。将棋は始めてまだ半年くらいです。以前テレビでこの大会の様子が紹介されたのを見ていたので出てみようかなと。あまりに本格的なのでびっくりしました。こどもは同じくらいの年の子とやれるので楽しそうです。

初参加です。インターネットで大会を知って応募しました。将棋は今年の2月くらいからです。こんなに将棋をやるこどもがいるんだなあと感心しています。こどもは最初は緊張していたんですが、一局指して勝ったら安心したのか二局目は負けてしまいました。

学校からのお知らせで知って、初めて参加しました。将棋は祖父から教わって、普段はアプリで遊んでいます。こどもは会場の雰囲気に圧倒されてました。連敗してますが、何だか楽しそうに指しています。

2回目の参加です。将棋は学校で地域のお年寄りの方がボランティアで教えてくれる教室があって、それで興味を持ったみたいです。この大会は去年出て楽しかったと言うので、またエントリーしました。

おすすめコンテンツ

将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会