将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

棋譜中継

7月30日(土)にツインメッセ静岡(静岡県)で開催する『将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会』静岡大会の模様を、リアルタイムで棋譜中継!

「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会」静岡大会 開催日 2016年7月30日(土)

将棋日本シリーズ JTプロ公式戦

佐藤康光 九段 vs 森内俊之 九段
  • 解説
    杉本昌隆 七段
  • 聞き手
    藤田 綾 女流初段
  • 読み上げ
    野田澤彩乃 女流1級

※タイトル・段位は2016年7月25日現在のものです。

対局のみどころはこちら

永世称号の両雄による、70回目のメモリアル対決

「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦」一回戦第四局静岡大会は、佐藤康光九段vs森内俊之九段戦。本シリーズには、佐藤(康)九段は21年連続22回目の出場、森内九段は22年連続22回目の出場。静岡大会での対局は、佐藤(康)九段は2013年度大会以来3年ぶり4回目、森内九段は2011年度大会以来5年ぶり4回目の登場となる。
佐藤(康)九段は1969年生まれ、京都府八幡市出身、田中魁秀九段門下。「花の57年組」と言われる1982年の奨励会入会同期には、羽生善治三冠、郷田真隆王将、そして森内九段がいる。タイトル獲得通算13期、永世棋聖の資格保持者。本シリーズは優勝2回、準優勝1回。趣味はゴルフ。
森内九段は1970年生まれ、神奈川県横浜市出身、勝浦修九段門下。タイトル獲得数は通算12期。永世名人の資格保持者。本シリーズは優勝1回、準優勝2回。趣味はチェス、バックギャモン、クイズ。
佐藤(康)九段は、「名人に定跡なし」を地で行く、独特の力強い指し回しが特徴で、戦型はオールラウンドにこなす。森内九段は重厚な棋風で、均衡した局面からわずかな利を求めていく将棋。強靭(きょうじん)な受けを得意とし、相手の攻めをしのいで勝ちに行く。
両者の対戦成績は過去69戦して佐藤(康)九段の38勝31敗。佐藤(康)九段が最近10局で8勝2敗として、均衡していた対戦成績を一気にリードした格好となっている。今回の対戦は2人の70局目となるが、これは同一カード記録20位タイの数字。(ちなみに、佐藤(康)九段が一番対戦しているのは、羽生三冠で157局。2番目は谷川浩司九段で71局。3番目が森内九段。一方の森内九段は、やはり羽生三冠が一番多く133局、2番目が佐藤(康)九段。)
本シリーズでは過去4回対戦があり、2勝2敗のイーブン。基本的には居飛車党の両者だが、最近10局の戦型を見ると、三間飛車、中飛車、向かい飛車、相振り飛車と、振り飛車の将棋が5局もある。従って、戦型予想は全く不可能。
イメージとしては、森内九段が有利なポジションを取るために、機敏に動いてきたところを、佐藤(康)九段がそれは許さじと、力ずくで反発するような展開が予想される。相手の手の内、性格を知り尽くした同期同士の戦い、激戦は必至である。

杉本七段の、参考になる丁寧な解説

大盤解説は、愛知県名古屋市出身の杉本昌隆七段。振り飛車党だったが、最近は居飛車もこなす。分かりやすい、丁寧な解説に定評がある。そして聞き手はテレビ対局番組の聞き手でもおなじみの藤田綾女流初段。今だから話せる、両対局者のいろいろなエピソードなどを期待したい。

(本文内数字は7月6日現在)

両棋士の詳しいプロフィールはこちら
佐藤康光 九段GO
森内俊之 九段GO
対局のみどころを閉じる
棋譜中継を見る

15:00開演予定

将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会

低学年部門・高学年部門の決勝戦を中継します。

低学年部門棋譜中継を見る

低学年部門・決勝戦
13:55開演予定

高学年部門棋譜中継を見る

高学年部門・決勝戦
14:25開演予定

【ご注意】
棋譜中継はリアルタイムでの速報コンテンツの特性上、配信内容に一時的に誤りが発生する可能性がございます。
あらかじめご了承のほど、よろしくお願いいたします。

過去の棋譜中継一覧はこちら

トーナメント表

※トーナメント表の日付をクリックすると、大会の詳細をご覧いただけます。

※タイトル・段位は2016年7月25日現在のものです。

※渡辺竜王は竜王・棋王のタイトル保持者です。羽生三冠は、王位・王座・棋聖のタイトル保持者です。

7月9日(土)に熊本で開催を予定しておりました一回戦第二局につきましては、被災地の状況に鑑み今年度の開催を見送ることとさせていただきました。 観戦を楽しみにされておられました皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

なお、一回戦第二局は、7月9日(土)、将棋会館(東京)にて実施いたしました。当日は会場の関係から「公開対局」ではございませんでしたが、棋譜中継は実施いたしました。

トーナメント表
一回戦第一局 東北大会 6月25日(土) 一回戦第二局 熊本大会(※)7月9日(土) 一回戦第三局 福岡大会 7月24日(日) 一回戦第四局 静岡大会 7月30日(土) 二回戦第一局 北海道大会9月3日(土) 二回戦第二局  信越・北陸大会 9月10日(土) 二回戦第三局 四国大会 9月17日(土) 二回戦第四局 中国大会 9月24日(土) 準決勝第一局 東海大会 10月2日(日) 準決勝第二局 大阪大会 10月8日(土) 決勝戦 東京大会 10月23日(日)

(*注)熊本大会は、熊本地震によって、開催地域が甚大な被害を受けたため、開催を見送ることとさせていただきました。
「JTプロ公式戦」一回戦第二局のみ、7/9(土)東京・将棋会館にて開催いたしました。(非公開・棋譜中継実施)

  • 棋士プロフィール 2016年度の出場棋士の詳細データとコメントをチェック!
  • メールマガジン 登録無料!将棋クイズやプレゼントなどお得で楽しい情報が満載!
  • 対局アーカイブス 「JTプロ公式戦」の過去の対局から秀局や名局を棋譜Flashで完全公開!
  • 詰め将棋ゲーム 毎週金曜日更新! 週替わりで更新される「詰め将棋問題」を解くことができるか!?
  • テーブルマークこども大会 「将棋日本シリーズテーブルマークこども大会」は将棋を指せる小学生以下なら誰でも参加できる国内最大規模の将棋大会です!
将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日