将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

《日程&結果》

2012年度 将棋日本シリーズ 東北大会 JTプロ公式戦 ニ回戦第四局

開催日:9月29日(土)
会場:夢メッセみやぎ 展示ホールC

深浦康市 九段

羽生善治 JT杯覇者

将棋日本シリーズ 東北大会 JTプロ公式戦 ニ回戦第四局
  • 解説:島 朗 九段
  • 聞き手:藤田 綾 女流初段
  • 読み上げ:中村桃子 女流1級

140手にて羽生JT杯覇者の勝ち!

※タイトル・段位は2012年10月9日現在。羽生JT杯覇者は王位・王座・棋聖のタイトル保持者です。

勝者の羽生善治JT杯覇者は、10月27日(土)に名古屋市で行われる「準決勝第二局 東海大会」で佐藤康光王将と対局!!

大盤解説者・島九段の講評

「テーブルマークこども大会」決勝ステージに続いて、特設ステージで行われた「JTプロ公式戦」二回戦第四局は、振り駒の結果、先手が深浦九段、後手が羽生JT杯覇者と決まった。先手となった深浦九段は、大きく息を吸って天井を見上げたのちに初手7六歩を指したが、いかにこの一局に気合いを込めているかをうかがわせるしぐさだった。この両者なら相居飛車かと思われたが、羽生JT杯覇者は飛車を振り、早々に角交換に出て、角交換型の振り飛車戦を挑む。対して深浦九段は居飛車穴熊。玉の囲いとしては穴熊対銀冠となった。両者が角を持ち駒としていることもあって、互いに隙を作らないような慎重な指し回し。だが序盤、中盤は先手が主導権を取って幾分リードした形で進行した。盤面の右サイドでの攻防でやや押され気味となったように見えた後手は、局面打開を図って穴熊に狙いを定めた端攻めを敢行。ここからシリーズ史上でも稀にみる熾烈な攻防が展開され、解説者もどちらがいいのか分からないという大激戦に。勝機と見た先手は猛然と後手玉を追い詰めるが、後手は絶妙の手順でその猛攻をかわし、わずかのところで逃げ切って勝利。大盤解説の島九段が「シリーズ史上に残る名局!」と絶賛した戦いを制して、羽生JT杯覇者が三連覇に向けて準決勝進出を決めた。なお、大盤解説の島九段の講評は以下の通り。
「シリーズ史上に残る名局だったと思う。これほど最後まで、詰むや詰まざるやで楽しめた将棋はそうないだろう。序盤は先手の深浦九段の的確な作戦が冴え、常に先行していた展開。逆にいえば、後手の羽生JT杯覇者はしばらくの間はじっと辛抱していたことになる。この勝負を観戦していたこどもたちは特に、いかに羽生JT杯覇者といえども圧勝の連続などにはならないということが分かっただろうというほどの辛抱だった。押され気味の局面の打開を図った端攻めや、下段の香(98手目・4一香)など、羽生将棋のエッセンスは随所に見受けられた勝負だが、深浦九段もその羽生JT杯覇者の繰り出す手に十分すぎるほど耐えていた。とにかく両者の我慢がすごかったといえる。後手の下段の香からの流れで羽生JT杯覇者が打った104手目4八銀は実に象徴的な手で、普通はこの局面でのここへの銀打ちは、『これでは駄目だろうな』と半ば諦めながらの手。先手が3九飛としたところで気持ちが切れてもおかしくないところだ。恐らく深浦九段もここに銀を打たせたところで『勝ちに近づいたな』と思ったはずだが、それがそうならず、乗り越えてしまうところが羽生将棋の強さといえる。深浦九段に悪手はなく、なぜ勝てなかったのかが不思議な一局だった。普通の相手だったら深浦九段の圧勝となっていたはずの将棋。終盤の両者が30秒将棋でここまで指せるとは、異常な世界といっても言い過ぎではないかもしれないが、これもこの両者の対局ならではだろう。とにかく大盤解説者も堪能した勝負で、最終盤の詰むや詰まざるやの局面は、時間をかけてじっくり検証してみたい。私の愛する東北で、このような名勝負がファンの前で展開されたことに、ありがたい気持ちで一杯になった」。

棋譜(Flash)

深浦康市 九段

羽生善治 JT杯覇者

(持ち時間各10分間)

【操作方法】

手を連続で進める手を連続で進める
手を連続で戻す手を連続で戻す
棋譜を反転棋譜を反転

1手進める1手進める
1手戻す1手戻す
手を連続で進める、戻すを停止手を連続で進める(戻す)を停止

Get Adobe FLASH PLAYER このサイトをご覧になるにはFlash Playerが必要です。Flash Playerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

棋譜(テキスト)

深浦康市 九段

羽生善治 JT杯覇者

(持ち時間各10分間)

    • 7六歩
    • 3四歩
    • 2六歩
    • 4二飛
    • 6八玉
    • 8八角成
    • 同 銀
    • 6二玉
    • 7八玉
    • 2二銀
    • 4八銀
    • 7二玉
    • 5八金右
    • 3三銀
    • 2五歩
    • 8二玉
    • 4六歩
    • 2二飛
    • 4七銀
    • 7二銀
    • 7七銀
    • 9四歩
    • 9六歩
    • 7四歩
    • 8八玉
    • 8四歩
    • 9八香
    • 7三桂
    • 6八金寄
    • 8三銀
    • 9九玉
    • 7二金
    • 5六銀
    • 3五歩
    • 8八銀
    • 5二金
    • 7八金上
    • 6二金左
    • 6六歩
    • 5二飛
    • 4七銀
    • 5四歩
    • 3六歩
    • 同 歩
    • 同 銀
    • 5五歩
    • 4七銀
    • 3二飛
    • 3六歩
    • 3一飛
    • 2四歩
    • 同 歩
    • 3七桂
    • 4四歩
    • 4五歩
    • 3五歩
    • 同 歩
    • 5六歩
    • 同 歩
    • 3九角
    • 3八飛
    • 6六角成
    • 6七金直
    • 6五馬
    • 3四歩
    • 4二銀
    • 2二角
    • 3四飛
    • 3五歩
    • 同 飛
    • 3六歩
    • 3四飛
    • 1一角成
    • 4五歩
    • 同 桂
    • 9五歩
    • 同 歩
    • 9七歩
    • 同 銀
    • 8五桂
    • 8八銀
    • 9七歩
    • 同 桂
    • 同桂成
    • 同 香
    • 8五桂
    • 8六歩
    • 9七桂成
    • 同 銀
    • 3三桂
    • 同桂成
    • 同 銀
    • 7七桂
    • 6四馬
    • 4六桂
    • 9六歩
    • 同 銀
    • 4一香
    • 6五歩
    • 4六香
    • 6四歩
    • 4七香成
    • 3九飛
    • 4八銀
    • 6三歩成
    • 同金直
    • 6四歩
    • 同 金
    • 8九飛
    • 5七成香
    • 6六金
    • 9七歩
    • 8五歩
    • 同 歩
    • 同 桂
    • 8四桂
    • 7三香
    • 9六桂
    • 7二香成
    • 同 玉
    • 7三桂成
    • 同 玉
    • 6五桂
    • 同 金
    • 6三金
    • 同 玉
    • 8三飛成
    • 7三桂
    • 8一角
    • 5二玉
    • 5三銀
    • 4三玉
    • 2一馬
    • 3二歩
    • 4四歩
    • 同 銀
    • 同銀不成
    • 同 飛
    • 7三龍
    • 5三歩

消費時間=10分10分

まで140手で後手の勝ち

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日