将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

《日程&結果》

2013年度 将棋日本シリーズ 熊本大会 JTプロ公式戦 一回戦第一局

開催日:6月15日(土)
会場:グランメッセ熊本 展示ホールD

山崎隆之 七段

佐藤康光 九段

将棋日本シリーズ 熊本大会 JTプロ公式戦 一回戦第一局
  • 解説:森下 卓 九段
  • 聞き手:山田久美 女流三段
  • 読み上げ:熊倉紫野 女流初段

78手にて佐藤九段の勝ち!

※タイトル・段位は2013年6月17日現在。

勝者の佐藤康光九段は、8月24日(土)に静岡市で行われる「二回戦第一局 静岡大会」でシード棋士の羽生善治三冠と対局!!

大盤解説者・森下九段の講評

振り駒はと金が3枚で、山崎七段の先手と決まる。独創的な将棋で知られる両者だけに、まずは戦型が注目されたが、後手の佐藤九段が角交換から得意のダイレクト向かい飛車に。山崎七段はあえて佐藤九段の誘いに乗って、角を打つ。駒の損得はないが、佐藤陣の守りの金を盤上から一枚はがしておく作戦だ。ただその金は、佐藤九段の持ち駒になるから、反発されるリスクも生じる。案の定、佐藤九段は△5四角と打って、飛車先を逆襲する攻撃に転じる。前例はなく、この「将棋日本シリ−ズ JTプロ公式戦」で用意した新手を披露した格好だ。後手陣の薄さを頼りに、攻め合いに活路を見出したい山崎七段は、4筋に飛車を回ってカウンター攻撃を狙うが、佐藤九段は攻めの手を緩めない。金を犠牲にして山崎七段の飛車を使わせないようにした佐藤九段がそのまま攻め倒し、二回戦進出を決めた。なお、大盤解説の森下九段の講評は以下の通り。
「後手番の佐藤九段がダイレクト向かい飛車にしたのは、主導権を握るためです。5四に角を据えて、自分から攻めていく姿勢を見せました。この角は新手ということですが、王位戦の挑戦者決定戦で行方八段と戦った一戦とやや似たようなところもあり、それをさらに押し進めたものではないでしょうか。いわゆる佐藤流ですね。なかなか佐藤流を真似する人はいないんですが(笑)。山崎七段も予想されていたようで、佐藤九段の攻めを迎え撃つという将棋になりました。佐藤九段の△7六飛に対し、▲7七歩と打ったのですが、▲7七銀と上がってみる方が良かったかもしれません。本譜は8八の銀が壁銀になって、最後にそれがたたりましたから。△4七金からは佐藤九段がはっきり優勢になりましたが、その前の手で▲4六飛と浮いていたらまだまだ長い将棋になったと思います。最後、佐藤九段は△7七飛と捨てて勝負を決めましたが、これはお客さんが見ている公開対局ならではの手です。普通の対局なら、こんな派手な手ではなく△6八馬と指すところかもしれません。佐藤九段が存分に“らしさ”を発揮した一局だったと思います」。        

勝利棋士 佐藤康光九段のコメント

開幕戦ということもあり、ちょっと緊張しましたが、いい内容の将棋が指せてホッとしています。まだまだ研究課題はありますが、△5四角と打つ手がやってみたかった手です。何か山崎七段は予想されていたようですが。△4七金と打ち込んで良くなりました。その前の△3八角に飛車が上に逃げていたら、まだまだ難しい展開になったと思います。次の二回戦第一局の相手は羽生三冠ですが、昨年の準決勝第二局で負けているので、ぜひその借りを返したいですね。      

棋譜(Flash)

山崎隆之 七段

佐藤康光 九段

(持ち時間各10分間)

【操作方法】

手を連続で進める手を連続で進める
手を連続で戻す手を連続で戻す
棋譜を反転棋譜を反転

1手進める1手進める
1手戻す1手戻す
手を連続で進める、戻すを停止手を連続で進める(戻す)を停止

Get Adobe FLASH PLAYER このサイトをご覧になるにはFlash Playerが必要です。Flash Playerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

棋譜(テキスト)

山崎隆之 七段

佐藤康光 九段

(持ち時間各10分間)

    • 2六歩
    • 3四歩
    • 7六歩
    • 8八角成
    • 同 銀
    • 3二銀
    • 4八銀
    • 3三銀
    • 6八玉
    • 2二飛
    • 6五角
    • 7四角
    • 4三角成
    • 4二金
    • 6一馬
    • 同 玉
    • 7五金
    • 7二玉
    • 7八玉
    • 2四歩
    • 5八金右
    • 3五歩
    • 7四金
    • 同 歩
    • 4六歩
    • 5四角
    • 4五歩
    • 2五歩
    • 同 歩
    • 4五角
    • 4七銀
    • 2七歩
    • 4八飛
    • 2五飛
    • 1六角
    • 2六飛
    • 3六銀
    • 5四角
    • 3五銀
    • 4七歩
    • 同 飛
    • 7六飛
    • 7七歩
    • 1六飛
    • 同 歩
    • 3八角
    • 4二飛成
    • 同 銀
    • 4八飛
    • 4七金
    • 同 金
    • 2九角成
    • 5二金
    • 2八歩成
    • 5六金
    • 4七歩
    • 6八飛
    • 4九飛
    • 5五金
    • 2七角成
    • 4二金
    • 4八歩成
    • 5二金
    • 4七馬
    • 7六歩
    • 3七馬左
    • 5六銀
    • 6九馬
    • 同 飛
    • 同飛成
    • 同 玉
    • 5八と
    • 7八玉
    • 5九馬
    • 8六歩
    • 7七飛
    • 同 桂
    • 6九馬

消費時間=10分10分

まで78手で後手の勝ち

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日