将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

《日程&結果》

2013年度 将棋日本シリーズ 四国大会 JTプロ公式戦 一回戦第四局

開催日:7月27日(土)
会場:サンメッセ香川 大展示場

広瀬章人 七段

藤井 猛 九段

将棋日本シリーズ 四国大会 JTプロ公式戦 一回戦第四局
  • 解説:鈴木大介 八段
  • 聞き手:中村真梨花 女流二段
  • 読み上げ:長谷川優貴 女流二段

95手にて広瀬七段の勝ち!

※タイトル・段位は2013年7月29日現在。

勝者の広瀬章人七段は、9月21日(土)に広島市で行われる「二回戦第四局 中国大会」でシード棋士の久保利明JT杯覇者と対局!!

大盤解説者・鈴木八段の講評

対局前の両者のコメントでは、藤井九段は「『JTプロ公式戦』で高松は10年ぶり2回目です。前回は高松での一回戦を勝った勢いで、優勝することができました。広瀬七段は若く、どんどん力を付けている。迫力ある熱戦を繰り広げたいですね」。対する広瀬七段は「高松は初めてです。藤井九段は人気と実力を兼ね備えている棋士で、尊敬する先輩の一人です。『JTプロ公式戦』は今回が3回目の出場なのですが、まだ一度も勝っていません。ぜひ高松で初勝利を挙げたいと思っておりますので、応援よろしくお願いいたします」と意気込みを語った。振り駒はと金が3枚で、広瀬七段の先手と決まる。
戦形は広瀬七段の居飛車に対し、藤井九段は△4四歩と角道を止めてのノーマル四間飛車を採用する。伝家の宝刀・藤井システムにより、先手の居飛車穴熊をけん制する方針だ。後手の△6五歩の仕掛けに対して、先手の広瀬七段は▲7七桂と変化して未知の戦いに突入した。「あと1分あれば……」藤井九段が感想戦で漏らした一言に全てが集約されているか。チャンスはあるものの、藤井九段わずかに優勢という局面から、細かいミスもあり、形勢は二転三転。最後は広瀬七段が終盤力を見せつけて、「JTプロ公式戦」初勝利を挙げた。なお、大盤解説の鈴木八段の講評は以下の通り。
「久々に藤井九段が得意の藤井システムを見せてくれました。序盤は藤井九段が押し気味の展開でしたが、封じ手で広瀬七段が▲7七桂と変化しました。藤井九段にそのあたりから微妙なズレがあったかもしれません。△6六歩と取り込まずに、じっと△6四銀と出ておけば、藤井システム大成功の図になっていたはずです。中盤に広瀬七段が▲3六角と打った手が終盤への構想力を見せた手でした。藤井九段にもチャンスはあったのですが、時間がなくて読み切れなかったのは残念でした。▲2五龍と回った手がきれいな決め手でしたね。その前のあたり、藤井九段の△6三歩が敗着で、▲8五龍を防いで△7四銀としていたら難しかったでしょう。最後は広瀬七段が得意の終盤力を生かす展開になりましたが、全体的には両者の持ち味が存分に発揮された熱戦だったと思います」。     

勝利棋士 広瀬章人七段のコメント

封じ手の局面では、普通に指していると一気に持っていかれるかと思い、▲7七桂と変化しました。その前の▲6八角あたりからの方針です。△6六歩と取り込まずに先に△6四銀とされると厳密には苦しいようですが、その場合はまた違う手を考えていました。途中の▲3六角は詰めろのような手で勘で打ちました。桂が入れば▲7四桂が厳しいですから。終盤、△6三歩のところで、△7四銀と桂を守られたら、実は大変だったと思います。△8九銀のときに、▲2五龍が決め手になればという予感があったのですが、うまく決まりました。
次は久保利明JT杯覇者との対戦ですが、まだ1局しか対局してない相手ですので楽しみです。高松は「JTプロ公式戦」初勝利の思い出の場所になりました(笑)。    

棋譜(Flash)

広瀬章人 七段

藤井 猛 九段

(持ち時間各10分間)

【操作方法】

手を連続で進める手を連続で進める
手を連続で戻す手を連続で戻す
棋譜を反転棋譜を反転

1手進める1手進める
1手戻す1手戻す
手を連続で進める、戻すを停止手を連続で進める(戻す)を停止

Get Adobe FLASH PLAYER このサイトをご覧になるにはFlash Playerが必要です。Flash Playerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

棋譜(テキスト)

広瀬章人 七段

藤井 猛 九段

(持ち時間各10分間)

    • 7六歩
    • 3四歩
    • 2六歩
    • 4四歩
    • 4八銀
    • 4二飛
    • 6八玉
    • 9四歩
    • 7八玉
    • 7二銀
    • 5六歩
    • 3三角
    • 2五歩
    • 5二金左
    • 5八金右
    • 6四歩
    • 7七角
    • 7四歩
    • 5七銀
    • 3二銀
    • 8八玉
    • 7三桂
    • 6六歩
    • 4五歩
    • 6七金
    • 6三銀
    • 7八金
    • 8四歩
    • 6八角
    • 6五歩
    • 7七桂
    • 4六歩
    • 同 歩
    • 6六歩
    • 同 銀
    • 6四銀
    • 2四歩
    • 同 歩
    • 4五歩
    • 7五歩
    • 6五歩
    • 7六歩
    • 6四歩
    • 7七歩成
    • 同 銀
    • 7六歩
    • 同 金
    • 7五歩
    • 同 金
    • 4五飛
    • 6三歩成
    • 同 金
    • 6四歩
    • 6二金引
    • 2四角
    • 同 角
    • 同 飛
    • 3三角
    • 3四飛
    • 7五飛
    • 7六歩
    • 6五飛
    • 6三歩成
    • 同 金
    • 6六歩
    • 6四飛
    • 同 飛
    • 同 金
    • 4三歩
    • 8五桂打
    • 4二銀
    • 6二玉
    • 3三銀不成
    • 2八飛
    • 3六角
    • 7七桂成
    • 同 玉
    • 8五桂
    • 6七玉
    • 3三銀
    • 8二飛
    • 7二歩
    • 8四飛成
    • 6三歩
    • 8五龍
    • 8九銀
    • 6八金
    • 2九飛成
    • 7四桂
    • 5二玉
    • 2五龍
    • 7九龍
    • 4四桂
    • 5一玉
    • 4二角
    •  

消費時間=10分10分

まで95手で先手の勝ち

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日