将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

《日程&結果》

2013年度 将棋日本シリーズ 東北大会 JTプロ公式戦 二回戦第三局

開催日:9月14日(土)
会場:夢メッセみやぎ 展示ホールC

丸山忠久 九段

森内俊之 名人

将棋日本シリーズ 東北大会 JTプロ公式戦 二回戦第三局
  • 解説:島 朗 九段
  • 聞き手:鈴木環那 女流二段
  • 読み上げ:山口恵梨子 女流初段

99手にて丸山九段の勝ち!

※タイトル・段位は2013年9月17日現在。

勝者の丸山忠久九段は、10月12日(土)に大阪市で行われる「準決勝第二局 大阪大会」で久保利明JT杯覇者または広瀬章人七段(二回戦第四局勝利者)と対局!!

大盤解説者・島九段の講評

対局前の両者のコメントでは、森内名人は「丸山九段とは同じ年齢で対戦も多く、お互い手の内はよく知っています。特定の戦法のスペシャリストで研究が行き届いているので、予想外の手にどう対応するかが鍵です」。対する丸山九段は「森内名人は“鉄板流”と言われるほどで、スキがないという印象です。早めに自分のペースをつかみたいですね。多くのファンが来られますから、白熱した将棋をお見せしたいです」と意気込みを語った。振り駒で丸山九段の先手と決まる。
後手は△4四歩から矢倉模様への駒組みを目指すが、それに対し先手は腰掛け銀から右四間飛車で先攻する構え。後手の△3四金と押さえ込む狙いに対し、丸山九段が▲3六歩と反発して、前例のまったくない力戦模様の将棋となった。激しい攻め合いの中、中盤で▲5九金左△4五歩という渋い手順が現れたのは、トッププロならではと解説の島九段。森内名人も容易に決め手を与えず、あわやという局面もあったが、丸山九段が逃げ切って準決勝進出を決めた。なお、大盤解説の島九段の講評は以下の通り。
「序盤から丸山九段が積極的な姿勢を見せました。後手が32手目△2四歩と突いたのは2二の銀に働きを与えるためでしたが、丸山九段はそれを嫌って手抜きで▲4八飛と回りました。これは丸山九段が封じ手で▲3六歩を決断したところからの方針だったと思います。森内名人に序盤で何か勘違いがあったとのことですが、やや丸山九段がリードする中で、空中分解しそうな局面をうまくまとめて決定的な差を与えない、見事な指し回しを見せてくれました。中盤以降、非常に激戦となり、どちらに転んでもおかしくないような局面もありました。私が感心したのは、丸山九段の57手目▲5九金左と金を寄った手で、角切りを避けて実に渋い一着でした。それに対し、森内名人も△4五歩とじっと歩を突きました。この2手はさすがに最高峰の対局だという手で、激しいやり取りの中で、一回ためることで、コクが生まれました。終盤89手目▲2一角と打ったところでは、ようやく丸山九段の勝ちになったでしょうか。力戦模様の激しい戦いで両者とも最善手を探しながらの非常に難しい将棋でした」。    

勝利棋士 丸山忠久九段のコメント

序盤後手が△3四金と上がって押さえ込みに来たので、▲3六歩と反発することになりました。△2四歩に手抜いて▲4八飛としたのも、▲3六歩からの方針です。途中、少し良いかと思っていたのですが、△3六角と打たれてから徐々に難しくなったような気がしています。▲5九金左が良かった? いやあ、よく分かりません(笑)。
▲7一銀と打つところでは、第一感で▲3三歩としたかったんですが、速度的に間に合うかどうかよく分かりませんでした。終盤、▲1五角と打ったあたりも、△4一銀と打たれると悪いのかもしれません。昨年に続いての準決勝進出となりましたが、次戦も自分の将棋が指せるように頑張りたいですね。  

棋譜(Flash)

丸山忠久 九段

森内俊之 名人

(持ち時間各10分間)

【操作方法】

手を連続で進める手を連続で進める
手を連続で戻す手を連続で戻す
棋譜を反転棋譜を反転

1手進める1手進める
1手戻す1手戻す
手を連続で進める、戻すを停止手を連続で進める(戻す)を停止

Get Adobe FLASH PLAYER このサイトをご覧になるにはFlash Playerが必要です。Flash Playerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

棋譜(テキスト)

丸山忠久 九段

森内俊之 名人

(持ち時間各10分間)

    • 2六歩
    • 3四歩
    • 7六歩
    • 4四歩
    • 2五歩
    • 3三角
    • 4八銀
    • 8四歩
    • 7八銀
    • 2二銀
    • 4六歩
    • 5二金右
    • 4七銀
    • 4三金
    • 6八玉
    • 5四歩
    • 7九玉
    • 6二銀
    • 5六銀
    • 5三銀
    • 4八飛
    • 8五歩
    • 7七角
    • 3五歩
    • 3八飛
    • 3四金
    • 3六歩
    • 同 歩
    • 同 飛
    • 3五歩
    • 3八飛
    • 2四歩
    • 4八飛
    • 2五歩
    • 4五歩
    • 4二金
    • 4四歩
    • 同 銀
    • 3七桂
    • 4三歩
    • 4五銀
    • 2三銀
    • 2二歩
    • 1五角
    • 2一歩成
    • 3七角成
    • 4四銀
    • 同 歩
    • 2二と
    • 6五桂
    • 2三と
    • 7七桂成
    • 同 桂
    • 8六歩
    • 同 歩
    • 3六角
    • 5九金左
    • 4五歩
    • 7一銀
    • 8六飛
    • 8七歩
    • 7六飛
    • 6八桂
    • 7四飛
    • 8五銀
    • 7五飛
    • 7六歩
    • 8五飛
    • 同 桂
    • 5二玉
    • 6六桂
    • 4六歩
    • 8二飛
    • 4三玉
    • 3八飛
    • 同 馬
    • 同 金
    • 2九飛
    • 1五角
    • 4一金
    • 8一飛成
    • 2六銀
    • 同 角
    • 同 歩
    • 3九桂
    • 9二角
    • 同 龍
    • 同 香
    • 2一角
    • 4四玉
    • 5六桂
    • 5五玉
    • 4三角成
    • 4七歩成
    • 3四馬
    • 3八と
    • 3五馬
    • 3九飛成
    • 4六銀
    •  

消費時間=10分10分

まで99手で先手の勝ち

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日