将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

《日程&結果》

2013年度 将棋日本シリーズ 中国大会 JTプロ公式戦 二回戦第四局

開催日:9月21日(土)
会場:広島サンプラザホール

久保利明 JT杯覇者

広瀬章人 七段

将棋日本シリーズ 中国大会 JTプロ公式戦 二回戦第四局
  • 解説:堀口弘治 七段
  • 聞き手:村田智穂 女流二段
  • 読み上げ:香川愛生 女流二段

107手にて久保JT杯覇者の勝ち!

※タイトル・段位は2013年9月24日現在。

勝者の久保利明JT杯覇者は、10月12日(土)に大阪市で行われる「準決勝第二局 大阪大会」で丸山忠久九段と対局!!

大盤解説者・堀口七段の講評

対局前の両者のコメントでは、久保JT杯覇者は「大勢のファンの前で将棋が指せるのは棋士冥利に尽きます。広瀬七段は若手の強豪ですが、まだ1回しか対戦していないので分からないことが多い。明日指すのを楽しみにしています」。対する広瀬七段は「久保JT杯覇者は、私が奨励会時代、記録を取ったりして参考にしていた棋士の一人です。専門的に言うと『さばき』がうまい。それに尽きます。公開対局はまだ慣れませんが、いい意味での緊張感があります」と意気込みを語った。振り駒は歩が3枚で久保JT杯覇者の先手と決まる。
久保JT杯覇者は得意のゴキゲン中飛車から▲7五の位も確保して、浮き飛車で軽く守る構え。お互いに穴熊に固く囲って、激しい戦いに備える。広瀬七段から△6四飛と変化して、飛車交換を境に局面は一気に終盤戦に突入。久保JT杯覇者は角を切って、後手陣の4枚穴熊を崩しにかかる。広瀬七段も攻め合いに活路を求めるが、久保JT杯覇者の攻めは的確に急所を突く。最後は広瀬玉を受けなしに追い込んで、準決勝進出を決めた。なお、大盤解説の掘口七段の講評は以下の通り。
「典型的なゴキゲン中飛車の戦いで、両者とも穴熊に囲う中、先手は▲7五歩の位を取る趣向を見せました。途中で後手が△6四飛と注文を付けてからは、お互いにけん制しながら金銀を繰り替える二次的な駒組み手順になりました。久保JT杯覇者が突いた▲4六歩がなかなかの手でした。後手は幸便に飛車交換を果たしたように見えて、角の位置が悪いのです。その角を狙いにされましたし、角が守りに利きにくいというのもあります。▲4四桂から後手陣の金銀をはがす攻めが効果的でした。△8九飛と打ち込むところでは△3五角と引いて、▲4四桂を消しておけばまだ難しかったかもしれません。▲5二歩の垂らしや、▲9六歩から▲9七角の手順など、久保JT杯覇者の『指させて指す』、将棋のつくりのうまさに感心しました。展開を予想しながらうまく局面をまとめたものです。激しい攻め合いとなりましたが、久保JT杯覇者のうまさが光った一局でした」。    

勝利棋士 久保利明JT杯覇者のコメント

序盤の▲7五歩は飛車を浮いて受ける形をつくるもので、後手番ではよくある形です。後手が△8五歩と決めてこなかったので、先手番ならさらに一手稼げるので採用しました。封じ手あたりでは難しいと感じていました。5八金と4八銀が逆でいい形ではなかったので、銀を上がったのが少し早かったかと。結局、いったん引いた銀がまた出て行くことになり、少し手損しましたが、銀はあれで働いたということだと思います。後手が△5四歩から△5三銀と来ることは分かってましたから、▲9六歩は▲9七角と出る手をつくるためです。▲5二歩の垂らしなども含め、うまく手が生きました。▲4二角成と角を切ったあたりで、手応えを感じました。△3二金と龍をはじくような手が先手で入らないと、受けは厳しい形ですから。
次は大阪で準決勝ですが、地元なので応援もあるでしょうし、頑張りたいですね。目の前の一局一局を大事に指したいです。  

棋譜(Flash)

久保利明 JT杯覇者

広瀬章人 七段

(持ち時間各10分間)

【操作方法】

手を連続で進める手を連続で進める
手を連続で戻す手を連続で戻す
棋譜を反転棋譜を反転

1手進める1手進める
1手戻す1手戻す
手を連続で進める、戻すを停止手を連続で進める(戻す)を停止

Get Adobe FLASH PLAYER このサイトをご覧になるにはFlash Playerが必要です。Flash Playerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

棋譜(テキスト)

久保利明 JT杯覇者

広瀬章人 七段

(持ち時間各10分間)

    • 5六歩
    • 8四歩
    • 7六歩
    • 3四歩
    • 5五歩
    • 6二銀
    • 5八飛
    • 4二玉
    • 4八玉
    • 3二玉
    • 3八玉
    • 5二金右
    • 2八玉
    • 3三角
    • 7五歩
    • 8五歩
    • 5六飛
    • 4四歩
    • 1八香
    • 2二玉
    • 1九玉
    • 1二香
    • 2八銀
    • 1一玉
    • 7六飛
    • 2二銀
    • 6八銀
    • 8四飛
    • 5七銀
    • 3一金
    • 3九金
    • 4二金寄
    • 4八銀
    • 6四飛
    • 5八金
    • 4五歩
    • 9六歩
    • 3二金寄
    • 5七銀
    • 5四歩
    • 5六銀
    • 5三銀
    • 4五銀
    • 5五角
    • 7七桂
    • 4二銀
    • 5二歩
    • 3三角
    • 9七角
    • 2四角
    • 5六銀
    • 8四飛
    • 6五銀
    • 5五歩
    • 4六歩
    • 4四飛
    • 7四歩
    • 4六飛
    • 同 飛
    • 同 角
    • 5一歩成
    • 同 銀
    • 6一飛
    • 4二銀
    • 8一飛成
    • 8九飛
    • 4四桂
    • 9九飛成
    • 3二桂成
    • 同 金
    • 4二角成
    • 同 金
    • 3一銀
    • 同 銀
    • 同 龍
    • 3三銀
    • 4三銀
    • 7五角
    • 4二銀成
    • 同 角
    • 9一龍
    • 3六桂
    • 3八金打
    • 4九銀
    • 4八金左
    • 3八銀成
    • 同金寄
    • 2八桂成
    • 同金上
    • 4九銀
    • 3九金打
    • 2二金
    • 4八香
    • 7五角
    • 2五桂
    • 4二銀
    • 4六香
    • 3八銀成
    • 同金上
    • 3九金
    • 3三銀
    • 同 銀
    • 同桂成
    • 同 金
    • 2二銀
    • 同 玉
    • 4二角
    •  

消費時間=10分10分

まで107手で先手の勝ち

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日