将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

《日程&結果》

2013年度 将棋日本シリーズ 大阪大会 JTプロ公式戦 準決勝第二局

開催日:10月12日(土)
会場:大阪市中央体育館 メインアリーナ

丸山忠久 九段

久保利明 JT杯覇者

将棋日本シリーズ 大阪大会 JTプロ公式戦 準決勝第二局
  • 解説:井上慶太 九段
  • 聞き手:上田初美 女流三段
  • 読み上げ:伊藤明日香 女流初段

110手にて久保JT杯覇者の勝ち!

※タイトル・段位は2013年10月15日現在。

勝者の久保利明JT杯覇者は、11月10日(日)に江東区で行われる「決勝戦 東京大会」で羽生善治三冠と対局!!

大盤解説者・井上九段の講評

対局前の両者のコメントでは、久保JT杯覇者は「(準決勝が)同じ場所で同じ相手ということで、なかなかないことですが、相手がというよりは、自分の力を出し切ることに集中して頑張りたいですね」。対する丸山九段は「『JTプロ公式戦』は最近あまり勝っていないので、自分自身新鮮な気持ちで、(明日の対局を)楽しみにしています。多くのファンに楽しんでいただければと思います」と意気込みを語った。振り駒で丸山九段の先手と決まる。
後手の久保JT杯覇者は3筋の位を取ってから四間飛車に。腹の探り合いのような序盤から、先手の封じ手▲2四歩で局面は急に動き出す。先手の▲5六角を後手は全力で封じ込めにかかり、一転してゆっくりとした展開に。後手がと金で角を取ってリードしたかに思えたが、先手もと金を寄せてじわじわと久保陣に迫って離されない。途中、丸山九段に勝負手のチャンスもあったが、久保JT杯覇者が駒をうまく活用して、先手玉を受けなしに追い込んだ。これで久保JT杯覇者は2年連続で決勝進出。決勝戦の相手は昨年と同じく羽生三冠だ。なお、大盤解説の井上九段の講評は以下の通り。
「丸山九段の封じ手▲2四歩で、序盤から非常に動きの多い将棋になりました。先手が5六に打った角の動きを封じて、ちょっと久保JT杯覇者の方がまとまりやすい形になったと思います。丸山九段は攻めを強行する手順を見送ったのですが、対局後、行くべきだったかという感想がありました。中盤、と金で角を取って後手が断然優勢かと思われましたが、丸山九段もと金を活用して後手陣に迫り、意外と差が広がりません。丸山九段らしい崩れない強さというか、粘りのある手順で結構バランスが取れていたのですね。78手目△6六歩に本譜は▲同銀と取りましたが、▲2一とと飛車を取ると難しかったと思います。しかし、△4七歩成から△5六銀とぐいと出て、駒がさばける展開になっては久保JT杯覇者のペースといえるでしょうか。終盤も先に▲2九龍と引く手など難しい手はありましたが、△6八飛が決め手で久保JT杯覇者が勝利しました。両者の持ち味が存分に出た熱戦だったと思います」。   

勝利棋士 久保利明JT杯覇者のコメント

封じ手では丸山九段は▲2四歩と打ってくると思いました。それに対し、△8八角成から△2二歩と受けるのでは、端が受からないので△2二銀としました。勝負手です。あのあたりは▲5六角と継続した攻めを見せられて少し苦しいかなと感じていました。△4五歩と角筋を止めることができて、ゆったりとした流れになったので、左辺の金銀を使えるようになって、だいぶ楽になりました。と金で角を取って少し指せるようになりましたが、先手のと金がひたひたと寄ってきて、実は見た目ほど形勢は離れていない。難しいと感じていました。△6六歩と突いたあたりも、手抜いて▲2一となら、歩を取って△2五歩と押さえるか、△5六銀と出て勝負するか、どちらも非常に難しかったと思います。終盤でも先に▲2九龍と引かれる手など嫌な変化もありましたし。結果的にはうまく駒がさばけて、私らしい将棋にはなりましたが、全体としては接戦だったと思います。
これで昨年と同じく羽生三冠との決勝となりますが、しっかり準備して東京に行きたいですね。

棋譜(Flash)

丸山忠久 九段

久保利明 JT杯覇者

(持ち時間各10分間)

【操作方法】

手を連続で進める手を連続で進める
手を連続で戻す手を連続で戻す
棋譜を反転棋譜を反転

1手進める1手進める
1手戻す1手戻す
手を連続で進める、戻すを停止手を連続で進める(戻す)を停止

Get Adobe FLASH PLAYER このサイトをご覧になるにはFlash Playerが必要です。Flash Playerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

棋譜(テキスト)

丸山忠久 九段

久保利明 JT杯覇者

(持ち時間各10分間)

    • 2六歩
    • 3四歩
    • 7六歩
    • 3五歩
    • 6八玉
    • 4二飛
    • 7八玉
    • 6二玉
    • 4八銀
    • 7二玉
    • 9六歩
    • 9四歩
    • 1六歩
    • 8二玉
    • 4六歩
    • 4四歩
    • 2五歩
    • 7二銀
    • 2四歩
    • 同 歩
    • 同 飛
    • 3二金
    • 2六飛
    • 4五歩
    • 同 歩
    • 同 飛
    • 2四歩
    • 8八角成
    • 同 銀
    • 2二銀
    • 5六角
    • 4三飛
    • 5八金右
    • 5四歩
    • 1五歩
    • 4五歩
    • 7七銀
    • 6四歩
    • 6六銀
    • 3三桂
    • 1七桂
    • 4四飛
    • 2九飛
    • 5二角
    • 4六歩
    • 2五歩
    • 4五歩
    • 2四飛
    • 4七銀
    • 2三銀
    • 4六銀
    • 3四銀
    • 4七角
    • 4三金
    • 6八金寄
    • 5三金
    • 5六歩
    • 6五歩
    • 7七銀
    • 4五銀
    • 3五銀
    • 4六歩
    • 5八角
    • 2一飛
    • 4九飛
    • 3八歩
    • 2四歩
    • 2六歩
    • 2九飛
    • 3九歩成
    • 2六飛
    • 3八と
    • 2三歩成
    • 4八と
    • 2二と
    • 5八と
    • 同金上
    • 6六歩
    • 同 銀
    • 4一飛
    • 3二と
    • 4七歩成
    • 同 金
    • 5六銀
    • 4一と
    • 4七銀成
    • 2一飛成
    • 5八金
    • 7七金
    • 6五歩
    • 同 銀
    • 5七成銀
    • 5一と
    • 6八金
    • 8八玉
    • 7九角
    • 9八玉
    • 6七金
    • 7八飛
    • 同 金
    • 同 金
    • 6八飛
    • 7七金打
    • 9五歩
    • 2九龍
    • 9六歩
    • 7九龍
    • 6五飛成
    • 5二と
    • 9七銀

消費時間=10分10分

まで110手で後手の勝ち

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日