将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

《日程&結果》

2014年度 将棋日本シリーズ 信越・北陸大会 JTプロ公式戦 一回戦第四局

開催日:7月26日(土)
会場:朱鷺メッセ ウェーブマーケット(展示ホール)B

中村太地 六段

丸山忠久 九段

将棋日本シリーズ 信越・北陸大会 JTプロ公式戦 一回戦第四局
  • 解説:深浦康市 九段
  • 聞き手:中村桃子 女流初段
  • 読み上げ:野田澤彩乃 女流1級

114手にて丸山九段の勝ち!

※タイトル・段位は2014年7月28日現在。

勝者の丸山忠久九段は、9月27日(土)に行われる「二回戦第四局 四国大会」でシード棋士の森内俊之竜王と対局!!

大盤解説者・深浦九段の講評

前夜祭での両者のコメントでは、丸山九段は「中村六段はタイトル戦に2度も挑戦している若手のホープです。明日は普段通り自然体で対局に臨みたいと思います」。対する中村六段は「『将棋日本シリ−ズ JTプロ公式戦』への出場は、棋士になる前からの夢です。明日は大勢のファンの前で和服での公開対局ですので、頑張ります」と意気込みを語った。振り駒はと金3枚で中村六段の先手と決まる。
後手の丸山九段は一手損角換わりから、腰掛け銀戦法への注文をつけるが、中村六段は棒銀を見せて、序盤から類例のない緊迫した展開に。封じ手の局面では、角銀交換の駒得となった中村六段が優勢を築くが、そこからの丸山九段の指し回しがさすがだった。決め手を与えず、じわじわと駒損を回復し、ついには形勢逆転。最後は中村玉を完全に包囲して、二回戦進出を決めた。なお、大盤解説の深浦九段の講評は以下の通り。
「序盤、後手から角交換をしたのは、丸山九段の注文です。角換わり腰掛銀への誘導でしたが、中村六段はそれを拒否して棒銀を見せたので、局面は一気に緊迫しました。しかし、封じ手の局面では角銀交換で後手の駒損となりましたから、先手の中村六段が優勢になったのは間違いないでしょう。ただ、そこからの指し手が『さすが丸山九段』といえるのではないでしょうか。先手は飛車、角、金の凝り形を何とかしたいのですが、うまいように見えた▲5八歩を打ったために、飛車の利きが遮断されています。角を使おうと▲3八角と転回したときにも、ノータイムで△6五歩と突き捨てたのもうまいですね。角を逆に目標にしましたから。『将棋日本シリ−ズ JTプロ公式戦』優勝2回は伊達ではないです(笑)。先手は駒得して有利なはずなのですが、中村六段は感想戦で『角の使い方がうまくなかったかもしれません』と言っていたように、決め手が見つけきれない感じでした。最後は丸山九段がうまく逆転した印象ですが、初出場の中村六段もいい将棋を作りました。お互いが持てる力を出し合って、スリリングな見応えのある将棋だったと思います」。   

勝利棋士 丸山九段のコメント

序盤の作戦、△5五角と打つところまでは前に考えたことがあるのです。実際に指すのは初めてです。でもその後、暴走してしまい、封じ手の局面ではどうしようかと思いました(笑)。全然駒が足りないので、他に指しようもなかったのですが、△8八歩から駒を補充できる展開になったので、少し差が縮まったかと思いました。その前が悪すぎましたから。それでも、ずっとこちらが足りない感じでしたが、▲3八角に△6五歩、▲同角となったあたりで少しだけ難しくなったかなと。▲8四角と飛車を取らずに、▲5六玉と先に逃げられたらよく分かりませんでした。角2枚を持って、△8九角と打ったところで、好転の手応えを感じました。ツイてるとしかいえませんね。
もしかしたら、新潟では初めての勝利かもしれません(注・1999年の第20回大会で勝利している)。新潟は父方の実家がある縁起のよい場所でしたが、結果が残せてよかったです。この棋戦は強敵だらけですが、次も本局のツキを生かして頑張りたいですね。

棋譜(Flash)

中村太地 六段

丸山忠久 九段

(持ち時間各10分間)

【操作方法】

手を連続で進める手を連続で進める
手を連続で戻す手を連続で戻す
棋譜を反転棋譜を反転

1手進める1手進める
1手戻す1手戻す
手を連続で進める、戻すを停止手を連続で進める(戻す)を停止

Get Adobe FLASH PLAYER このサイトをご覧になるにはFlash Playerが必要です。Flash Playerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

棋譜(テキスト)

中村太地 六段

丸山忠久 九段

(持ち時間各10分間)

    • 7六歩
    • 3四歩
    • 2六歩
    • 8八角成
    • 同 銀
    • 2二銀
    • 2五歩
    • 3三銀
    • 4八銀
    • 6二銀
    • 3六歩
    • 6四歩
    • 7七銀
    • 5二金右
    • 6八玉
    • 6三銀
    • 3七銀
    • 5四銀
    • 7八玉
    • 8四歩
    • 2六銀
    • 4五銀
    • 3五歩
    • 5五角
    • 1八飛
    • 3六銀
    • 3八金
    • 3五歩
    • 同 銀
    • 3七歩
    • 2八金
    • 4七銀成
    • 5六歩
    • 7七角成
    • 同 玉
    • 8五歩
    • 3六角
    • 8六歩
    • 同 歩
    • 8八歩
    • 同 玉
    • 5七成銀
    • 7八金
    • 4七銀
    • 2七角
    • 5六銀不成
    • 7七玉
    • 8八歩
    • 5八歩
    • 6七成銀
    • 同 金
    • 同銀成
    • 同 玉
    • 8九歩成
    • 7五銀
    • 5四桂
    • 3七金
    • 3四歩
    • 4六銀
    • 6五金
    • 7一銀
    • 7二飛
    • 6六歩
    • 7五金
    • 同 歩
    • 7一飛
    • 5五銀
    • 7二飛
    • 3八角
    • 6五歩
    • 同 角
    • 8二飛
    • 2四歩
    • 同 歩
    • 2二歩
    • 6四歩
    • 同 銀
    • 8六飛
    • 7七角
    • 8四飛
    • 7四歩
    • 8六銀
    • 5九角
    • 7五銀打
    • 5五銀
    • 9九と
    • 2一歩成
    • 8七銀不成
    • 7三歩成
    • 同 桂
    • 9五角
    • 6五桂
    • 8四角
    • 同 銀
    • 5六玉
    • 8九角
    • 4七玉
    • 5六角打
    • 4八玉
    • 2九角成
    • 7一飛
    • 6一歩
    • 6四桂
    • 5六桂
    • 4九玉
    • 6七角成
    • 6五歩
    • 6六桂
    • 5二桂成
    • 同 金
    • 6三桂
    • 4二玉
    • 4七金打
    • 4八香

消費時間=10分10分

まで114手で後手の勝ち

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日