将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

《日程&結果》

2014年度 将棋日本シリーズ 大阪大会 JTプロ公式戦 準決勝第二局

開催日:10月26日(日)
会場:大阪市中央体育館 メインアリーナ

渡辺 明 二冠

丸山忠久 九段

将棋日本シリーズ 大阪大会 JTプロ公式戦 準決勝第二局
  • 解説:山崎隆之 八段
  • 聞き手:村田智穂 女流二段
  • 読み上げ:長谷川優貴 女流二段

87手にて渡辺二冠の勝ち!

※タイトル・段位は2014年10月27日現在。
※渡辺二冠は棋王・王将のタイトル保持者です。

勝者の渡辺二冠は、11月16日(日)に行われる「決勝戦 東京大会」で羽生名人と対局!!

大盤解説者・山崎八段の講評

前夜祭での両者のコメントでは、渡辺二冠は「『JTプロ公式戦』で大阪大会に来るのは初めてです。お客さまも多いですし、そういう場所で対局ができるのは棋士としてうれしいですね。丸山九段には前回の本シリーズで負けていますので、雪辱できるよう頑張ります」。対する丸山九段は「昨年出場した大阪大会では、相手が地元の久保JT杯覇者だったのですごい応援でした(笑)。渡辺二冠は手の見え方が違うというか、大局観がすごいという印象です。非常に多くの方に対局を見ていただけるので、いい将棋を指せるように頑張りたいですね」と意気込みを語った。振り駒は歩が3枚で渡辺二冠の先手と決まる。後手の丸山九段は得意の一手損角換わり戦法に誘導するも、渡辺二冠は▲3七銀〜▲2六銀と棒銀で応じ、その後は様子見の展開に。局面が動いたのは50手目の△6五桂。渡辺二冠は銀取りを放置して▲3五銀と攻め合いに出る。あとの▲3六桂に期待した手である。後手陣は桂を跳ねたことで7三の地点がキズとなり、実際、▲7三角が詰めろ飛車取りの厳しい手となった。渡辺二冠は3年ぶり2回目の決勝進出。相手は前回の決勝進出時と同じく羽生名人。注目の黄金カードになった。なお、大盤解説の山崎八段の講評は以下の通り。
「戦形は予想通り角換わりになりましたが、通常とは違う出だしでした。全体的には一手指した方が有利に見える接戦かと思ったのですが、感想戦を聞いた感じではちょっと違っていて、先手がわずかにリードして、それを守って押し切ったようでした。その辺りの両者の読みは一致していて、解説者はちょっと置いて行かれているようでしたね(笑)。後手が50手目で△6五桂と跳ねたとき、先手は手抜いて▲3五銀と出ました。普通は銀取りを放置しにくいのと、4六の銀がいなくなると自陣が薄くなるのでやりにくいのですが、渡辺二冠には成算があったのでしょうね。確かに銀を逃げても、かえって後手の攻めが続いて嫌な形なのです。丸山九段は苦戦を自認していたらしく、その後の△5七角は妖しい粘り方です。先手が2筋に龍を作ってから、75手目の▲2二歩が厳しい手でした。先手玉は飛車を渡しても詰みませんし、後手陣には△7三角のキズがあるのが痛いのです。渡辺二冠がスキのなさを存分に発揮して、寄せを決めた一局だったと思います」。  

勝利棋士 渡辺二冠のコメント

角換わりは予想通りですが、先手ですから攻めの形を作りたいのですよ。とはいっても、後手がどういう風に組み上げるかが分かりませんから、序盤は自然に指していました。後手の△4二玉がこちらの攻めに近づいた感じなので、▲3五歩と合わせて行きました。△6五桂に手抜いて▲3五銀と出ましたが、▲6六銀と逃げても飛車先を交換されて7六にキズが残りますからね。むしろ△7七桂成と銀を取られた方が▲同金でさっぱりします。こちらは▲3五銀から▲3六桂として、次の▲2四歩の合わせに期待ということです。▲3六桂と打ったあたりではこちらがよくなったはずだと思います。優勢を確信したのは、▲2四同桂に丸山九段が金を逃げなかったときです。金を取れるなら悪いはずはないと。75手目の▲2二歩が決め手? そうですね、こちらは飛車を渡しても詰まないので、攻めが続けばいいのです。右から追っていくと、△5一玉に▲7三角の王手飛車の筋がありますから、うまく寄せることができました。
これで決勝進出ですが、2回目の優勝のチャンスで、相手も前回と同じ羽生名人です。雪辱できるように頑張りたいと思います。

棋譜(Flash)

渡辺 明 二冠

丸山忠久 九段

(持ち時間各10分間)

【操作方法】

手を連続で進める手を連続で進める
手を連続で戻す手を連続で戻す
棋譜を反転棋譜を反転

1手進める1手進める
1手戻す1手戻す
手を連続で進める、戻すを停止手を連続で進める(戻す)を停止

Get Adobe FLASH PLAYER このサイトをご覧になるにはFlash Playerが必要です。Flash Playerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

棋譜(テキスト)

渡辺 明 二冠

丸山忠久 九段

(持ち時間各10分間)

    • 7六歩
    • 3四歩
    • 2六歩
    • 8八角成
    • 同 銀
    • 2二銀
    • 4八銀
    • 6二銀
    • 3六歩
    • 6四歩
    • 7七銀
    • 5二金右
    • 6八玉
    • 6三銀
    • 2五歩
    • 3三銀
    • 7八玉
    • 5四銀
    • 3七銀
    • 8四歩
    • 2六銀
    • 3二金
    • 3五歩
    • 4四歩
    • 3四歩
    • 同 銀
    • 3七銀
    • 4三銀左
    • 2四歩
    • 同 歩
    • 同 飛
    • 2三歩
    • 2八飛
    • 7四歩
    • 6八金
    • 8五歩
    • 5六歩
    • 4二玉
    • 4六銀
    • 3四歩
    • 9六歩
    • 9四歩
    • 5五歩
    • 6三銀
    • 3五歩
    • 7三桂
    • 3四歩
    • 7五歩
    • 同 歩
    • 6五桂
    • 3五銀
    • 7七桂成
    • 同 金
    • 5七角
    • 4六歩
    • 3一玉
    • 3六桂
    • 7五角成
    • 2四歩
    • 同 歩
    • 同 桂
    • 2二歩
    • 3二桂成
    • 同 銀
    • 2三歩
    • 同 歩
    • 2二歩
    • 6五桂
    • 2一歩成
    • 同 銀
    • 2三飛成
    • 7七桂成
    • 同 桂
    • 3二銀打
    • 2二歩
    • 同 銀
    • 3二龍
    • 同 玉
    • 2四桂
    • 4二玉
    • 7三角
    • 2八飛
    • 3八桂
    • 5四歩
    • 8二角成
    • 7六歩
    • 3三銀
    •  

消費時間=10分10分

まで87手で先手の勝ち

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日