将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

《日程&結果》

2016年度 将棋日本シリーズ 四国大会 JTプロ公式戦 二回戦第三局

開催日:9月17日(土)
会場:サンメッセ香川 大展示場

渡辺 明 竜王プロフィール

豊島将之 七段プロフィール

将棋日本シリーズ 四国大会 JTプロ公式戦
  • 解説:久保利明 九段
  • 聞き手:真田彩子 女流二段
  • 読み上げ:井道千尋 女流初段

114手にて豊島七段の勝ち!

※タイトル・段位は2016年9月21日現在のものです。

勝者の豊島七段は、10月8日(土)に大阪府大阪市で行われる「準決勝第二局 大阪大会」で三浦弘行JT杯覇者または佐藤康光九段(二回戦第四局勝利者)と対局!!

大盤解説者・久保九段の講評

前夜祭での両者のコメントでは、渡辺竜王が「高松市で対局を行うのは2010年度大会以来になりますが、今回はうどんのことについていろいろ調べてきてるんです(笑)。ただ最近は食べたら食べた分だけ太るようになって、20代のときと違ってきました。また自分より若い棋士がどんどん出てきて、豊島七段もそうですが、その意味でも年齢を痛感しています。高松市では年1回の公開対局ですから、皆さんに喜んでもらえるような将棋を指したいと思います」。対する豊島七段は「高松市には10年くらい前に一度来たことがあるのですが、対局で来たのは今回が初めてです。渡辺竜王はずっとトップ棋士として指されていて、ものすごく質の高い将棋を指しているという印象があります。JTプロ公式戦はすごい早指しですので、明日は集中して迷うことなく指せるよう頑張りたいと思います」と意気込みを語った。
振り駒は、歩が3枚で渡辺竜王の先手と決まる。
両者得意の角換わり腰掛け銀から、素早い進行でスルスルと進む。後手の豊島七段の先攻に対し、渡辺竜王も51手目▲4五銀(封じ手)で攻め合いを受けて立つ激しい展開に。先手の渾身の攻めに、後手が△4一玉から玉を早逃げしたのがうまい構想。序盤に△6三金と上がった手が生きる形になった。後手の攻めは単純ながら切れる心配がなく、最後は豊島七段が先手玉を即詰みに討ち取って、準決勝進出を決めた。なお、大盤解説の久保九段の講評は以下の通り。
「角換わり腰掛け銀になりましたが、両者予想していたのか、すごく早い進行でした。封じ手の局面では既に50手を超えていたのは、結構珍しいですよね。豊島七段が後手番ながら積極的に攻めの姿勢を見せたのに対し、渡辺竜王も攻め合いを目指しました。後手は△7五歩~△7六歩、先手も▲3五歩~▲3四歩とお互い急所の歩を取り込んで、一歩も引かない激しい戦いです。先手は▲2三歩で金を釣り上げて、▲3五桂と打つのが狙い筋でしたが、そのためには▲6五銀と桂を食いちぎらないといけません。これに対し、豊島七段の66手目△5五角が厳しい攻めになりました。角のラインは受けにくいんですよ。後手の攻めは単純ですが、迫力がありました。となると、もっと序盤に戻って、先手の攻め方に誤算があったのかもしれませんね。激しい攻め合いから、先手は待望の▲3五桂を打ちましたが、これに対し豊島七段は金を逃げずに、△7七歩成▲同金右から△7六歩と打ったのが強い手でした。▲2三桂成と金を取られて後手玉に一瞬詰めろがかかりますが、△4一玉と逃げ出されてみると、序盤に上がった6三の金が手厚くて、先手の攻めがつながらないんです。豊島七段が用意していた作戦だったと思いますが、その構想がうまくはまったと思います」。

勝利棋士 豊島七段のコメント

角換わり腰掛け銀はお互い予想通りというか、変化せずにシンプルに進みました。こちらの△6三金は、最近よくある手です。先手が先に▲8八玉と入城しましたから、こちらから先に行かないと、やられてしまいます。40手目△6五歩と仕掛けたのはそういう意味では仕方ないところですが、先手の▲6五同歩はあまりない手だと思います。
攻め合いになり、こちらは△5五角と打って勝負しましたが、これに対して▲7九玉とか▲9八玉とか逃げるのは、△4五銀と銀の方を取って、受けに回るつもりでした。先手の玉形が悪いですから、先手の攻めを受けきれれば、玉形の差で何とかなるという感じです。69手目▲3五桂に対しては、もちろん△2二金と金を逃げる手もあったんですが、本譜の順を選んで良かったと思います。(2年連続ベスト4について)自分では時間の短い棋戦は向いていないと思っていたのですが、結果を見るとそうでもないんでしょうか(笑)。まだ準決勝の相手は決まっていませんが、とにかく次の一局に全力を尽くしたいと思います。

棋譜

渡辺 明 竜王

豊島将之 七段

(持ち時間各10分間)

【操作方法】
  • >>10手進める
  • <<10手戻す
  • >1手進める
  • <1手戻す
  • 反転棋譜を反転

棋譜(テキスト)

渡辺 明 竜王

豊島将之 七段

(持ち時間各10分間)

    • 7六歩
    • 8四歩
    • 2六歩
    • 3二金
    • 7八金
    • 8五歩
    • 7七角
    • 3四歩
    • 8八銀
    • 7七角成
    • 同 銀
    • 4二銀
    • 3八銀
    • 7二銀
    • 4六歩
    • 6四歩
    • 4七銀
    • 6三銀
    • 6八玉
    • 4一玉
    • 3六歩
    • 3一玉
    • 5八金
    • 5四銀
    • 5六銀
    • 5二金
    • 9六歩
    • 9四歩
    • 3七桂
    • 7四歩
    • 1六歩
    • 1四歩
    • 7九玉
    • 7三桂
    • 2五歩
    • 3三銀
    • 6六歩
    • 6三金
    • 8八玉
    • 6五歩
    • 同 歩
    • 同 桂
    • 6六銀
    • 6四歩
    • 6八金右
    • 8六歩
    • 同 歩
    • 同 飛
    • 8七歩
    • 8二飛
    • 4五銀
    • 7五歩
    • 3五歩
    • 7六歩
    • 3四歩
    • 4二銀
    • 2四歩
    • 同 歩
    • 2三歩
    • 同 金
    • 2五歩
    • 同 歩
    • 同 桂
    • 2四歩
    • 6五銀
    • 5五角
    • 7七歩
    • 6五銀
    • 3五桂
    • 7七歩成
    • 同金右
    • 7六歩
    • 2三桂成
    • 4一玉
    • 3三歩成
    • 7七歩成
    • 同 桂
    • 7六歩
    • 3二成桂
    • 5一玉
    • 4二成桂
    • 6二玉
    • 5一角
    • 7二玉
    • 7三歩
    • 同 金
    • 6二銀
    • 7七歩成
    • 同 金
    • 6三金打
    • 7三銀不成
    • 同 金
    • 7四歩
    • 同 金
    • 5二成桂
    • 7六桂
    • 9八玉
    • 7七角成
    • 6二角成
    • 8三玉
    • 7八金
    • 8八金
    • 同 金
    • 同桂成
    • 同 飛
    • 同 馬
    • 同 玉
    • 4八飛
    • 7八歩
    • 7七銀
    • 同 玉
    • 7六銀
    • 同 玉
    • 7八飛成

消費時間=10分10分

まで114手で後手の勝ち

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日